相互リンク先の更新情報!

【看護婦】エロ看護婦に誘われて【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


去年22歳の夏。

合コンに誘われ、相手が25歳のナース軍団だと知り

友人Fを「神だ!仏だ!」と崇め奉って参加した5vs5の合コン。



こんな感じで着席。A〜Eがナース。

A.B.C.D.E

■■■テーブル■■■

F.G.H.I.J



俺はJ。

目の前にE。

隣がD。



好みはDの祐子さん25歳。

篠原涼子みたいな感じで姉御な雰囲気。




患者の悪口とかこんな患者が居るんだよ!とか

一通り笑った後に、Aのボス格のナース(ここでは婦長と書こう)が

「席替え!」とか騒ぎ出した。どうやらお目当てがIとかHなんだろう。



C.B.E.A.D

■■■テーブル■■■

H.I.G.F.J



こんな感じで席替え。

おぉ!また同じ席で今度は祐子さんのまん前じゃん!ナイス婦長!

趣味はイヤリングやネックレスを自分で作る事。

車は昔の緑のシビック。彼氏無し(合コンするときは皆そう言うよな)

家は看護婦寮で一人部屋。映画とか好き。プレステも好き。

バーベキューとかアウトドアも好き(話題あわせ上手い…)



宴もたけなわでして、婦長が必死でFを口説いてます。

積極的な口説きだがFは嫌がってのが顔に態度に出まくりで痛い。

後半に入ると再び婦長の席替えコールとなります。

今度はごちゃ混ぜ





 省  略 D.J

■■■テーブル■■■

F.A  省  略



つまり隣同士になれた訳だ。

婦長の策略なのは言うまでも無いわけだがw

隣に座る祐子さんの横顔もイイ!耳たぶが・・・触りたい。

スカートから出てるふともも。ここで寝たい!

胸…大きくないけど埋もれたい、パフパフしたい!

ウェーブかかった髪、匂い嗅ぎたい、指ですいてあげたい。指又に挟みたい。

かなりの興奮度UP。一緒にプレステ作戦決行!



「あの、プレステはソフトなにやってるんですか?」

「う〜んとね、デビル・メイ・クライって知ってる?」

渋いね祐子さん。あんたダンテ好きなの?

「うん、知ってますよ!」

「途中がね〜どーしてもクリア出来ないのよぉ〜」



婦長「ちょっと!あんた達なにマニアックな話ししてんのよ!」

祐子「え〜っいいじゃ〜ん、攻略法教えてもらうんだから〜」

言い方がかわいい!こりゃ2人でコントローラー握るしかない。

俺のコントローラーも当然ながら…期待したい。



しばらく攻略話。アホみたい。皆酔ってる。

そろそろお開き近くになった。

すると祐子さんはイキナリ小さい声で言う

「今日さ、寮来ない?」

「えっ?いいんですか?寮ってヤバくないの?」

「大丈夫、1階だし、裏口開けとくから」

「う〜ん、ヤバそうだなぁ〜」

ココは行きたいけど行けない風味をかもし出さないと。



「大丈夫だよ、これ携帯番号ね」

箸を入れる袋に書いてそっと渡した。婦長が目ざとい

婦長「あぁ〜今携帯交換したでしょう!ダメだかんね〜」

祐子「いいじゃん〜別にね〜○○君」

う〜もう1回俺の名前呼んでくれ!テカテカグロスの唇がたまらんっす!



俺=優樹(あだ名というか皆の呼び方は「ゆう」女みたいな名前なんだけどね…)

祐子「ゆう君に攻略法教えて貰うんだからぁ〜」

俺を攻略してくれ!なんなら攻略方法教えようか?

奥義裏筋舐めでアイテムの白ジャムが出るよ!



婦長「ふ〜ん、祐子来た時から優君お気に入りだったもんねぇ〜」

祐子「やだ、言わない約束じゃん」

おー!ほっぺた赤い祐子さんもイイ!

もしかして気に入られてたのか?うれしいぞ!

こんなブサメンにも天使が!マッピー並に跳ねたい気分。(古いね



主催者のFが「二次会行かない?」というと

婦長はFが行けば行くといい、祐子さんは俺が行けば行くという。

後のメンバーはお帰り遊ばされました。

しかしFの怒りが収まらないトイレで「俺が狙ってたんだぞ祐子ちゃんは!」

「いいじゃねぇか!婦長がいるだろ!婦長が!」

「だって怖いんだもん。」

「なんで?いい人っぽいじゃん?」

「さっき…帰りはホテル行こうよ〜とか言うんだよ」

「・・・」



二次会でも飲みすぎな祐子さん。帰る頃には超陽気です。

寮の大体の場所は解っていたのでそのままタクシー。

途中Fからメール「助けて下さい!誰か、助けてください!」

返信 「ベッドの真ん中で叫んでください。」

F 「おぃ!まじでヤバイぞ!」

返信 「俺のホークが吼えるぜ!とか俺のマグナムがとか前に言ってなかった?」

F 「イヤ。それとこれとは別!いまホークじゃなくてヒヨコになってる、マジやばい!」

返信 「んじゃ、ホテルホークダウンという事でwさいなら」

F 「薄情者!裏切者!ドリアン投げてやる!」 意味わかんねぇよ。



寮につき取り合えずさよなら。

10分後電話で「庭の垣根の間の所にドアあるでしょ?」

「うん」

「そこから入って目の前のベランダ見て」



祐子さんがベランダで手を振ってる。

がさごそすると女子寮に侵入した下着泥棒とか思われちゃうので

慎重に、慎重に、股間はとっくに伸張。



いい!この匂い!

この匂いだよ!芳香剤では出せない匂い!

ベッド。TV。他タンス。小物入れ。広くは無いけどまとまってる。

「さぁてと、祐子さん、プレステやりましょう!」

「ちょっと待ってて、着替えてくるから」



トイレでがさごそ。出てきた祐子さんは赤い短パンとTシャツというなんとも

バディライン強調に服。じーっと凝視。「あっ!変な目でみてるぅ〜」

といわれ始めて自分がエロエロの目で見てたのに気がつく。

「いや、いえ、さぁプレステ、プレステっと!」惚けまくって。



カチッ…ん?なんで電気消すんですか祐子さん?

ん?祐子さん?あれ?どこ?

後から抱きついて来るのはだれ?

「うっふ〜ん、優君はさぁなんでココに来たの?」

酒臭いがなんか祐子さん完全にエロモード?



「え〜っと、プレステしに来ました」

「ほんとぉ〜な〜んか私には違う事しに来たと思うんだけどなぁ〜」

「違う事って?」

年下をいい事に思いっきりおとぼけ&甘えまくり。

「こういう事よ」

いきなりかよ。いきなりキスなの?それも濃厚なベロベロチュー。

淫乱ケテーイ!そのままぐいぐい押されて床に。

マウントポジションの祐子さん。

「ほら、やっぱりそうだw」

「えっ?祐子さん重いよ〜」酒入ってるから力加減が出来ないのか?

赤いTシャツをまくるとノーブラ。乳輪ぷっくらのロケット乳。



ベッド横の読書灯って結構明るいんだね。だんだんと目が慣れてくる。

顔に胸を押し付けてくる、う〜ん気持ちいい。柔らかい。ぽむぽむぷりん。

乳首に吸い付くと、エロ声が聞こえ始める「あぁ、いいよ優君いい!」

なんか我慢出来ない病なのは俺じゃなくて祐子さんの方みたい。

圧倒される俺。ナサケナス。

すぐにズボンとシャツを脱がされパンツだけに。もっこりした所を凝視する祐子さん。

自分は短パンなんてとっくに脱ぎ捨ててる。

祐子さんのパンツは白いレース地で毛が透けて見える。だけどその下

あたってる部分はもっと透けてる。技ありどころじゃねぇ、マンすじ一本。



横から手を入れられる。あったかい手。我慢汁を潤滑油に指又で亀頭をこするようにしごく。

これは気持ちよすぎる、祐子さんの手の中でビクビク跳ね回る。ヤバイ。

「優君のって仮性かなぁ〜?w」まじショック。ばれてる。

よこから引きずり出されてマジマジと見られる。超屈辱。

「大丈夫!み〜んな気にしすぎだよ!」 なんか救われた?



手を伸ばすし祐子さんの股下をまさぐる。

もうレースがぐっしょり。こっちも横からずらしてクリを探し当てる。

デカ!クリちゃん大きくないか?そして触った時の反応も凄い。

仰け反る感じ。「ひゃ、き、きもちいい」。

しばらく、しごきしごかれしていると再び祐子さんがマウントへ。



自分でパンツをずらして騎乗位態勢。

「ふふっ 先っちょでコスっていい?」

というと、亀頭をクリと入口辺りにあてがい満遍なくこすり始めた。

思わず声が出ちゃう。「祐子さんすごいねそれ!きもいいよ!」

先っちょコスリが止まったと思うと

「んぅ〜と、優君の食べちゃうぞ!」といいいきなりズブリ。



「んっ」っと苦しそうな声と顔。激萌え。

こんとき、えっ生かよ!と思ったんだが主導権握られてるのでなんとも言えず。

上下に腰を動かしたかと思えば、今度は前後。

特に前後はクリも一緒にこすれるのか一段と声も締まりもイイ。

「優君上がいい?」

と聞かれ、そのまま態勢入れ替え。

覆いかぶさると、また違う角度から見る祐子さんはエロモード全開。

耳は赤くなり、身体が熱く火照ってる。

正常位で挿入し、耳元で「祐子さん!祐子さん!」と連発。

念願の耳たぶをアマ噛み出来て満足度満点。うなじとかわきの下とか

俺のフェチ心を満たしてゆく。



「優君いいよ!すっごいきもちい!奥に来て!」

両脚を掴んで深く挿入。穴からぶちゅるっと汁が出る。

でも俺もう限界。フェチどころじゃない。チンポ限界。

「祐子さん、いきそう」そう告げる。



「いいよ!いいよ!」

ん?中はやばいっしょ?

「祐子さん、何処に出す?」早く!早く!やばいって!

「中以外なら何処でもいいよ!」

そう言われるとイタズラしたくなる俺。

「じゃぁ中ね」

「えっ?ちょっと、優君ダメだって!」この顔がまたイイ!

がっちり腰をかかえ逃げられない様にし突付きあげる。

嘘でも実際問題マジで中出ししてしまいそうだ。



「いいよ、祐子さん!中で出すよ!祐子さんの中気持ちいいよ!」

「あ〜んダメダメぇ〜、ダメよ優君!」

「だって、ぎゅうぎゅう締めるんだもん抜けないよ〜」

「あっ抜いて〜抜いて出してよ意地悪しないでよ〜」 エロい!

首を右左にふって嫌がる姿がとってもエロい。



そしてマジで中出しになってしまうので引き抜く。

土手にチンコを乗せた瞬間、ドプッ!

おっへその先、胸の下あたりまで飛んでる、飛距離すげぇ

PGAツアー使用率NO.1!って感じ。

「あったか〜い」祐子さんはそういうと胸の下の精液を指でぬるぬるしてる。



「もう、意地悪なんだからぁ〜」と頭を軽くコツン。あぁこういう風景イイ!

「中で出したら気持ちいいけどね〜今はダメだよ〜今度ね」

今度ね…今度ね…今度ね…今度ね…頭の中に反芻しまくりんぐ!

また次回があるのか?あるんだよな?いずれその日がくるんだよな?

っーか、俺騙されまくりんぐ?それともいい様に性のはけ口に使われまくりんぐ?



小さいユニットバスで一緒にシャワー浴びて、洗いっこしてバスタオルも借りる。

においを吸い込んでみる、きっもち〜の洗剤と同じようにひっくり返りそうに

なるくらいの女の子のいい匂い。これだよ、俺の閉じ込めたい匂いは!

さて看護婦さんといえば白衣の天使。そこでエロ目全開でナース服を着てくれ!と

お願いする事に。

「あの〜祐子さん、ナース服見せてくださいよ〜」

「え〜何時も仕事で使ってるのやだなぁ〜」

「そう?だめ?」

「1回だけね」 ガッツポーズ、ナイス!早く見たい!



「向こう向いててよ〜」 はいはい!背中に目があればなぁ

「いいっすか?」

「まだ!」カサカサ、おー!ストッキングもナースキャップも!

「いいよ〜」でご対面。



いい!良すぎる!

白いストッキングにナース服。キャップ。後で結わいた髪。

「キャップはね、今は廃止だけどね、サービスねw」

すいません。飛びつきました。

「ちょっと優君ダメだよぉ〜」

この白いナース服の下からずり上げる快感。

白いストッキングに収まった白いパンツ。

キャップの下のゆわいた髪を解く瞬間。我慢汁が…



下からずり上げる。

「祐子さんごめん、俺…」

白いストッキングを股間の部分からビリビリ破く。

「あぁ〜もぉ〜新品なのにぃ〜」とは言うが抵抗は無しw

しっとりと濡れてる股間。ナースがこんないやらしい格好でと想像しただけでも

フェチな俺はもうビンビン。

パンツをずらし始めてみる祐子さんのそこ。

収まってる感じで陰毛は少なめパンツ食い込ませると綺麗な一本すじ。

色はそれなり?でもクリでか。集チュー口撃。



「ちょっと優君?聞いてる?すごいHなんだからぁ〜」

プレステどころじゃねぇやぁい!

じゅるじゅるに舐めほぐす。舌入れるとなんとも暖かい。

「ダメ、恥ずかしいよぉ〜」

さっきまで自分が誘ってきたくせに、ってか酔いが醒めたのかな?

「祐子さん凄い溢れてるよ」



指入れにチェンジ。両手で攻める。

クリ中心の左手、中中心の右手。時々胸を触るがナース服の前がなかなかはだけない。

襟元がら手を入れてモミモミ。ビクビク反応する身体。

「あぁ、優君いっちゃうよ、恥ずかしいよ〜」 クリまわりハイスピード。

「あ、あ、あ、」断続的な声。

「ダメ、あ、あ、ダメ、いく、いっちゃう」



やっぱりクリが弱いのかクリ周りは凄い反応。

ちょっと手を緩めていく寸前でストップ。

挿入態勢で再びハイスピード。

「意地悪ぅ〜」

「祐子さん、ここすごいよ、お尻まで垂れてる」

祐子さんにぜらしたパンツを抑えさせ、こすりまわす。

クリ周りにプラスして亀頭も穴にあてがい上下にこする。



「イヤ、すごい、いくよ、優君いく、恥ずかしいよ」

逝くタイミングと同時に挿入をもくろむ俺。

「あぁ、ダメ、あ、あ、ダメぇ、イクいっちゃう!」

と同時に挿入。

すげー締まる。中でぎゅうぎゅうしてる。

なんでチンコ入ってきてるのかワカラナイ祐子さん。



逝ってる間中ず〜っと入れられてる。

「それダメぇ〜入れるのダメぇ〜」穴の脇から再びぶちゅるとエロ汁。

動き出す俺。

「あぁ動いちゃイヤ、またいっちゃうよぉ〜」

だめだ、フェチの俺には

【ナース服のままチンポ入れられて喘いでる女】というシチュは射精寸前の状況だ。



目でナース服を着ている祐子さんを堪能する。脳裏に焼き付けると言っても過言じゃない。

挿入しながらクリを再びこする。

「もうダメ、優君きもちよすぎだよぉ」



しばらくピストンで疲れてきた。酒が効いてる。

「祐子さん俺、もうダメ」

「いきそう?」

「いいよ!」

でも今回は中に出すぞいたづらはやめだ。



ナース服を汚したい、そんなフェチ心。

引き抜き捲り上げたナース服とストッキングの境界線へ発射。

「あ〜ん汚れてるぅ〜」

俺、もうハァハァ言ってるだけのキモオタと化す。



どろりと垂れる精液はナース服の裏地から表地または破られたストッキングの

腰辺りにタップリとかかってる。

「優君やらし〜ね〜、でも私も興奮したよ!」

「ごめんなさい、汚しちゃってw」

「いいよ、代わりはまだいっぱいあるからw」



再び着替えのシャワー。

この後朝方までベッドで2人で寝るが朝になってしまい

脱出不能になる。ヤバス!

で祐子さんは次の日昼12時から夜12時まで仕事。

お約束事。

1.寮から出ない!

2.夜は電気消して気がつかれない様に

3.TVの音は小さく、部屋でも物音立てない

4.私の部屋を漁らない

5.おなか空いたらお菓子位しかないけどそれを食べる。

6.煙草吸わない

7.誰か来ても出ない

8.私が帰るまで一切の事を守る。



でも…我慢できん!暑いんだよ部屋が!

なんとかうちわ&窓ちょい開けだが

昼間は超ビクビク。看護婦寮に潜んでる男なんてばれたら絶対警察行き。

ちょっと部屋漁る。パンツとか…白が基本、レース系多し。

彼氏居たっぽい。手紙はけーん!お別れの手紙?途中で見るのやめ!

タンス奥、大人のおもちゃはけーん!おぉ!クリバイブ!スイッチON!

ヴヴヴヴヴヴヴ。うん、いい振動!



だめだ。抑えられねぇこの衝動。

自分の股間に…ぐぅ!すげー振動。

やばい意思に反して出てしまうなコレ。

タンスのパンティにぶっかけ。でもばれるのイヤなので一枚のみ。ヘタレ。

で疲れた。飽きた。もういいや。



暑さのピークもすぎ、夜。暗い。見えない。

仕方ないベッドで寝る。1時頃祐子さん帰る。まじ天使!

コンビニ弁当うれし!ちょっと飲む。カーテン厳重。

お約束守ったお礼に、膝枕で耳掃除。しあわせ満開、やわらかい。

いろいろ話すが眠たくなったきた。段々と祐子さんのいろいろな所が

解ってきた。やっぱりさっきの手紙は彼氏のお別れ手紙だったらしい。



でも強烈キスで寝かせてくれない。

今回も騎乗位での強引な挿入。

「祐子さん、俺もう…」相変わらず早い…

「ふふぅ、じゃぁ念願のをしてあげようかなぁ〜」

「えっ?」

というと祐子さんはもっと早く腰をこすりつけ始めた。



「あぁいいよ、奥まで、優君の奥まで来てるよ!」

「祐子さん、すごいよ、ぎゅうぎゅうだよ」

「優君昨日より太くなってるよ!」

お世辞でもうれしい、単純だな。

両手で乳首クリクリするともだえる祐子さん。



「出そう?」

「うん、やばいかも」

「ふふん、大きく膨らんでるよねw」

「祐子さん離れてよ、まじで出そう」

そんな事もお構いなしにいっそうのスピード増し。



「お願い祐子さん、離れて!」

「あ〜気持ちいよ優君、中で膨らんでるよ」

「あぁ、あ、あ!出る!」

不覚にも暴発。中で飛び散ってしまった。根元をぎゅうぎゅう締め付けられ

搾り取られるように中で飛び跳ねるチンポ。

「あぁごめん祐子さん、中で出ちゃった…」

まだ入れたままゆっくりと動く祐子さん。



「いいのよ〜今日は。念願だったんでしょ?w」

「うん…だけど、大丈夫なの?」

「だって私は看護婦だもん、その辺はちゃ〜んと大丈夫!」

「ならいいけど…」

「ふふ、心配症なのね、かわいい」

あんまりかわいいと言われるのも嬉しくは無いね。



「さぁシャワー行こうよ〜」

その後、この日は3回も中出し。ナース服での中出しが一番気持ちよかった。

ちょっと嫌がってもらったりしながらレイプ風にしたり。

壁に手をつかせて後から立ちバックしたり。

夏が終るまでデートしたりHしたりとそれなりに付き合ってたけど

祐子さんが年末に違う病院に行くと言い出しちょっと離れてしまった。

だけど、今度は寮じゃなく一人暮らしなので心配なし。



会う回数も減ってしまったけれど

それなりにいい出会いだったんじゃないかと自分だけで納得してます。



因みに「F」ですが

婦長とのカラミは相当きつかったらしくEDになったとか騒いでましたが

今はしっかり婦長隣で命令されまくってました。

婦長へナース服でしたい!とリクエストしたところ、完全拒否で

仕舞いには自分が着たというつわものF。



読んでくれて

ありがとう御座いました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

【看護婦】エロ看護婦に誘われて【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月4日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ