相互リンク先の更新情報!

【痴漢】電車で輪姦【告白体験談】

カテゴリー:痴漢告白体験談
tag:


 28歳のOLです。毎日埼玉から東京に通勤しているんですが、毎日、痴漢に会って困っていました。

 痴漢されだしたのは、一年位前で。その頃は、軽くお尻に触られる程度だったので、腰を引いたりとか位で、ほっておいたのです。いつも同じ人で、50位の小太りで、頭の前の白髪が印象的で覚えてしまいました。

 一カ月くらいすると、前のほうも触りだしてきて、なぜか赤羽を過ぎるとスカートをまくりだして、下着の上から触りだしていました。手を払ってもしつこくて、恥ずかしくて声を出せないことをいいことに、下着の中まで手を突っ込んできて。嫌がって腰を動かすと、その人の股間にお尻があたって、こすれるみたいで、だんだんと硬くなってくるのが分かるんです。それが気持ち悪くてじっとしているのますますいたずらをするようになってきました。

 そうすると、ほかのお客さんの何人かが気が付いて、同じようの触りだしたんです。半年も経つと、5,6人に囲まれて、お尻と胸と前の方とかを同時にまさぐられるようになっていました。とても恥ずかしかったのに、体が反応してしまって、何日も経つと、みんなに私の弱いところを覚えられてしまい、いつも胸とあそこの敏感なところを重点的に攻められて。私、声を出さないようにするのが精一杯で、手を振り払おうにも、私の二つの手で、十以上の手を押さえるのは到底無理でした。

 今年に入ってからは、パンティーを脱がされてから、スカートが腰までめくれる位に足を持ち上げられて。何人かは私の下に座り込んで、私のあそこをずっと。いつも着ているブラウスはボタンを全てはずされて、ブラは上にずらされたまま、乳首は両方とも、ずっと男たちの舌で転がされていました。

 その頃は、一人ずつあそこに指を入れてかき回しながら、私がいくまで許してはくれませんでした。多いときで、8人くらいの人に一回ずついかされて、立っているのもやっとで。最初にいかされたときの男たちの勝ち誇った顔は今でも忘れられません。

 そのうち、何人かが、おもちゃを持ってきて。そうすると、いくのがはやくなって、恵比寿に着くまでの時間が余ったのか、お尻をいたずらされるようになって。最初は入り口を指で突っつかれるだけだったんですけど、それに体が反応してしまって。いつの間にか、そこもおもちゃの対象にされて。胸を両方なぶられながら、座っている男にはクリトリスをしゃぶられて、中には太いおもちゃと、お尻には細めのおもちゃで。いつの頃からか、お尻でいく体にされてしまい、しかも電車の中で。

 でも、最近の一ヶ月は、とうとう。男たちの固くなったあれで、前と後ろ同時に攻められて。最初はおもちゃで何度もいかされてから、何人かの男たちがズボンを下げて、私のあそこに、かわるがわる、また何度もいかされて。最後は、みんなの精子を口で処理させられていました。



 でも、実は、人事異動で今月から別の路線で通勤することになり、あの男たちともさよならです。心配していた生理も昨日きました。


告白体験談関連タグ

|||||

【痴漢】電車で輪姦【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月5日 | 告白体験談カテゴリー:痴漢告白体験談

このページの先頭へ