相互リンク先の更新情報!

【妹】鬼餅の由来【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


昔々、あるところに仲の良い兄妹がおりました。

賢く美しい妹は請われて遠くの村へ嫁いでいき、未婚の兄は両親と暮らしていました。

 

ある日妹は、こんな恐ろしい噂を耳にします。

故郷の村に鬼が住みつき、夜な夜な人を殺して食べてしまうと。

そしてその正体が、どうやら自分の兄らしいのです。

なんと兄は両親や村人を殺して食べ、鬼に変貌してしまったという話でした。

 

確かめに行ったところ家に両親はおらず、兄が1人でグツグツと、鍋で何かを煮ていました。

 

「おお妹よ、よく来たな。肉でも食え」

 

血走った眼はうつろで、見た目もまともな人間ではなくなりつつありました。

そして鍋からはみ出すように覗いていた具材は、人の手足でした。

 




(ああ、噂は本当だった。兄は狂ってしまった。なんと恐ろしい)

 

あわてて逃げ帰ろうとした妹を、鬼が引きとめます。

 

「逃げるのは許さん。お前も食ええええ」

 

なんとか隙をついて逃げたものの、兄を怒らせてしまいました。

その内私を食べにやってくるだろう。

退治しなければならない。鬼となってしまった兄はもう兄ではない。

 

妹は一計を案じて準備をし、自分を追ってきた兄を迎え撃つことにしました。

 

「お兄さん、先日の非礼のお詫びにおいしいお餅をたくさん用意しました。海でも眺めながらいっしょに食べましょう」

 

そう言って巧みに崖の上へ誘い出し、兄に差し出したのは、鉄釘や石塊を包んだ餅です。

当然歯が立たず、無理に食べた兄は口も腹も傷めてしまいました。

妹は、普通のおいしい餅を兄の前で食べて見せます。

 

「妹よ、お前はこんな硬い餅を平気で食えるのか」

 

「あら、柔らかくておいしいのに。お兄さんは歯が弱いのね」

 

鬼の自分でも食えない硬い餅をペロリと平らげる妹が、不意に恐ろしくなった兄ですが、あることに気付きました。

 

妹は着物の裾をはだけさせたまま、脚をひらいて座っていました。

着物の下は何も着けていません。

そこには縦にパックリと開いた唇のようなものがありました。

 

「妹よ、お前には口が二つあるのか?」

 

「ふふ、上の口は、お餅を食べる口。下の口は……鬼を食べる口じゃあああ!」

 

まさに鬼の形相でその部分を兄の顔に近づけた時、恐ろしさに後ずさりした兄は、そのまま崖下へと転げ落ちて死んでしまいました。

 

こうして鬼はいなくなり、村に平和が訪れたというお話。

 

(沖縄の昔話:鬼餅の由来より)


告白体験談関連タグ

|

【妹】鬼餅の由来【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月5日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ