相互リンク先の更新情報!

【看護婦】パンツのシミ【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


これは私が喉をこわして病院にいったときの話です。



私は高校時代バンドのボーカルをやっていたので

喉を大切にしていました。

でも風邪をひきはじめには必ず喉にくるんです。

高校2年の春、季節の変わり目に私は風邪をひき 

近くの小さな病院にいきました。



丁度診療時間終わりぎりぎり

(もしかしたら時間すぎてたかも)で、

いつもより病院内は静かでした。



診察室にはいると看護婦さんが1人いて

 お医者さんは帰ってしまったとのことです。






町の小さな病院だし、診療時間内にいっても

終わりのほうだとすでに閉まっていることも

あったくらいの病院でしたからしかたないと思いました。



看護婦さんに風邪をひき喉が痛いことを伝えると、

ライトと小さい鏡を使って喉の奥をみてもらいました。



看護婦さんは

「一応聴診器あてますから上の服だけ脱いでもらえます?」

といいました。私は上の服だけ脱ぎ

ちょっと恥ずかしい気持ちがあったので

ブラジャーを腕を組むようにして隠しました。



すると「女同士なんだから大丈夫よ」といって私のブラジャーを喉の位置までたくしあげたのです。 いきなりだったのでびっくりしましたが

優しい声に安心してそのたくしあげられたブラジャーをおさえました。

看護婦さんは聴診器をゆっくり胸に近づけました。

ひんやり冷たい感触に自分の乳首が立ってしまったことを

感じました。

診察器を滑らせるように動かずたび、私の立ってしまった乳首を

つつくように動きます。最後に乳首の上に診察器を優しく当てられ

円を書くようにスーっと動かされた時は

背筋がぞくぞくしました。





次に看護婦さんは背中にも診察器を当てるからそこに横になって

といいました。

学校での健康診断で診察器されるときは 椅子に座ったまま

背中もみてもらうので不思議でしたが

看護婦さんに言われた通りにしました。



ベットに横になると、白いビニール製のベットで少しひんやりして

いました。

うつぶせ状態で寝て、腕を枕かわりにしました。

看護婦さんはまた診察器で私の背中の音をききました。



すると私の背中をみて、あせもがあることに気付きました。



私は小さいころからあせもができやすい体質で

医者にまでいくほどひどくはありませんでしたが

悩んでいました。



看護婦さんは「あせもがあるねぇ〜 かゆい?・・・」といいながら

私の背中を優しくなでました。

私は 小さいころからあせもができやすいことを伝え、特に1番できやすかった

ヒザ裏の相談をしました。



「じゃぁちょっとジーンズ脱いでくれる?

ついでだからパウダー塗ってあげるよ。」



そう言われ私は迷わずジーンズを脱ぎ、下着だけになりました。

うつぶせの状態のままヒザ裏にパウダーを塗ってもらいました。

パウダーを塗るパフの毛が足を行ったりきたりするのが

とても気持ちよくて 時々体が動いてしまいましたが何とか我慢しました。



すると「じゃぁ上向きに寝てくれる?」と言われました。



今度は何をされるのだろう・・ 私はこのときもうエッチな期待しか

してなかったと思います。

私は上向きになり、看護婦さんの顔を見上げました。

するとニコっと笑い、私の胸をもみ始めました。



「あの・・・なにするんですか?」

私が質問すると

「胸にしこりがないか検査するね」

と言われました。



看護婦さんの優しい手が、胸を優しくなで上げ、時には乳首を

つままれました。乳房の周りを人差し指で円を書くように

グルグルまわした後 乳首をギュっとつまんではまた優しく

胸全体をマッサージしてくれます。

しばらくして

「うん!しこりはないから大丈夫だよ。」と言われました。

看護婦さんは私の顔をみて またにこりとしました。

「顔 赤いけど大丈夫?はずかしかった?」

そう聞かれて私の顔はますます赤くなったことを感じました。

なにも答えられずにいた私は恥ずかしくて顔を隠したいくらいでした。

するとさっきまで胸をもんでいた看護婦さんの手が

私のパンツの上にきていました。



私ははずかしさのあまり、思わず看護婦さんの手のある場所を

首を持ち上げてみてしまいました。

看護婦さんはまたにこりと笑って

「感じちゃったんだね。」って私の丁度クリトリスのある場所を

人差し指でキュっと押されました。



びっくりして私は自分の手でパンツの上から股を隠し

ガード?するような体制をとりました。

すると看護婦さんは私の手を握り、私の人差し指をもち

またクリトリスの上をキュっと押しました。

「ほら、ここでしょ? ここにあるよね?」

そういいながら 強く握った私の人差し指でグイグイクリトリスを

押します。



ついに私は我慢できなくなり、コクリとうなずきました。



看護婦さんは私の握ったままの人差し指を縦に動かしたり

横に動かしたりしました。



「自分でこうやってやってるんでしょ?言ってごらんなさい」

 

なんだかすべてを知られてるような気がして少し怖くもありました。

私は「はい・・・」としか答えられませんでした。



「正直な子ね」 看護婦さんはそういいまた

ニコリと笑いました。



「最初は私がマッサージしてあげるね」看護婦さんは

私のクリトリスを円を書くように優しくなで上げました。

パンツの上から何回も何回も。

時には爪の先で穴のある位置からクリの場所まで

スーっとなでました。

そのたびに私は たまらなくなり吐息がもれてしまいました。

ものすごく気持ちがよく あと少しでイってしまいそうになった時

看護婦さんの手が止まりました。



もっとやってほしい。そう思う私をよそ目に

看護婦さんは

「ちょっとまっててね。」と言い残し 他の部屋にいってしまいました。



一人ぼっちになってしまった私はこの切なさと満足したいと思う気持ちで

悶々と看護婦さんの帰りをまっていました。

2、3分待ちましたが帰ってきません。



私はさっきまで感じていた自分が急に恥ずかしくなり

ベットから起き上がり、ベットの上で体育座りをして看護婦さんの

帰りを待ちました。







5分後看護婦さんが戻ってきました。手には手鏡をもっています。

「ごめんね。待ったでしょ。これ探してきたの。」

看護婦さんはそういい、体育座りの私の足をゆっくり左右に開きました。

すると その手鏡を私の大切なものの近くに持っていき、

私のパンツを映し出しました。

「ほら。みて。パンツをみて・・。」

鏡には私の灰色の下着が映っています。

よくみると その下着の丁度真ん中に灰色が何かで濡れ、

変色し、黒っぽい色を出していました。



「見える?Eさん(私の名前)シミ作っちゃったね?」

看護婦さんはそういい私の顔をじっくりみました。

また私の顔が赤くなるのを感じました。



「ほら。パンツにシミつくちゃったね。こうやると気持ちいいんだもんね」

そういってまた私の下着をこすりあげます。



「こんなに濡れちゃうとパンツ気持ち悪いでしょ?」

なんだか幼稚園児みたいな扱いをされますます恥ずかしくなりました。



「パンツ脱ぎたい?」

早くイキたかった私は我慢できず

自分からパンツを脱ぎました。もしかしたら

看護婦さんにもっと見て欲しかったのかもしれません。



パンツを脱いだ私の股を看護婦さんはさらに左右に広げました。



「ほら、ここから汁がでちゃうんだよ。」

私の股にさらに鏡を近づけ 私によく見えるようにしました。



「ここがさっきEちゃんが押されて気持ちよかったところだよ。」

看護婦さんの細くて白い指がクリトリスを指します。



私がコクリとうなずくと、看護婦さんは私の顔をじっくりみながら

クリをツンっとはじきました。

私の吐息を聞き、もう1度看護婦さんはツンと優しくはじきました。



そんなことをされると、もう1度触って欲しい、また弾いてほしい。

もっと淫らな言葉を言われたいと望んでしまいます。



でもそれ以上看護婦さんは何もしてくれません。

ただ私の顔をじっとみて、私によく見えるように

濡れたあそこを鏡で映し出すだけです。



たまらなくなった私は看護婦さんに

「触って欲しいです・・・」とお願いしてしまいました。



これで開放される。イケルんだ。そう思って看護婦さんの顔をみました。



すると看護婦さんはニコリと笑って、

「自分でやってごらん。」

そういいました。

私は自分が言った言葉がどんなに恥ずかしい言葉だったか思い知らされました。

困る顔をしながら我慢の限界だった私は

自分の手をゆっくりと自分の1番大切な部分にもっていこうとしました。



ところが看護婦さんにその手を押さえられてしまいました。

「自分の手でやっちゃだめよ。

 そこに先生の机があるからあの角にこすりつけてごらん。」



もう気持ちは絶頂寸前でした。理性も失っていたと思います。



ゆっくり先生の使っている机に近づき、机の角に股をあてました。

ゆっくり、ゆっくり動かします。

すでにあそこの汁があふれ出してしまった私は

机の角にこすりつけるたび、自分の愛液のネトネトした感触と

机のヒンヤリした感触に快感へと導かれました。

私はその机に一心不乱にクリトリスを押さえつけ、縦へ・横へと

体ごとこすりつけました。



気付くと後ろで看護婦さんの声がしました。

「もうそろそろイッちゃいそうでしょ?あんまり早く

動かしちゃだめよ。もう少し我慢したほうが気持ちよくなるから。」



そう言われ看護婦さんに腰をつかまれ机からひき離されました。

机から股が離れる瞬間、白い液状の糸がすーっと糸をひきました。





看護婦さんは私をベットに連れて行き、その上で四つんばいにさせました。



「次はこれでこすろうね」

そういって渡されたのは 1番最初に喉の奥を見るたびに

使った細い鉄状の先に小さな鏡がついたものです。



我慢の限界をこえていた私はその細めの棒を横にして一生懸命に

クリトリスをこすりあげました。自分でもだしたことのないほどの

淫らな声をあげ、快感に酔いしれました。

細くて冷たい棒がクリトリスをこすりあげるたび、なんとも言えない

快感が私の体をかけめぐります。

上へ・・・

下へ・・・

上へ・・・

下へ・・・



時には横に動かし、鏡の部分をクリに押し付け

円を書くように回し続けました。



看護婦さんは私のそんな淫らな行為を見ながら

小さなライトを持ってきました。

四つんばいの私のあそこをライトで照らしよく見えるようにしました。



きっと看護婦さんも興奮していたと思います。

でもそれ以上に私の興奮はピークでした。

看護婦さんにもっと見られたい。

見て欲しい。

私の淫らな姿をその目に焼き付けて欲しい・・・・





そう思っているうち

看護婦さんから上向きになって体育すわりになるよう支持がありました。

最後は私のあそこを自分で見ながら逝きなさいとのことでした。

大切な部分をライトに照らされ、自分で必死に大きく膨らんだクリを虐めている姿を

鏡でみせられるのはものすごい恥ずかしいことでした。



細い棒が自分のあそこを上下に動きます。

私の息使いとともに棒の動きも早くなりました。

私はたまらず

「看護婦さん、イってもいいですか?」

そんな言葉を口走っていました。



看護婦さんはニコリと笑い、

「いきますって大きな声でいうのよ。」そういいました。



棒の動きがドンドン早くなります。

「あぁ・・・はぁっ・・あっ アッ・・・・イクッ・・・逝きます・・・・」



私は最後には足をぴんと伸ばし、力を入れて逝ってしまいました」



今までないような快感でした。

ものすごい絶頂は何秒間にも続いたことでしょう。

もう私はこんな体験二度とできないと思います。



今日もこのことを思い出して自分で虐めてしまいました。

これを読んで 今 自分で自分を虐め初めている人が

いるならもっとじっくり時間をかけて

逝くのを我慢してもらいたいと思います。


告白体験談関連タグ

||

【看護婦】パンツのシミ【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月6日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ