相互リンク先の更新情報!

【出会い系】ラブホ行く前提で出会い系で出会った女と会った結果wwwww【告白体験談】

カテゴリー:出会い系での告白体験談
tag:


<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/10(水) 21:27:07.66 ID:k96upCnV0<>

スペック



30

潮吹きが出来る俺

21

大学生

フツメンだと思いたい 2人で決めた予定としては

軽く飲む→ラブホ

だった。

が、軽く飲むでお開きとなってしまった女は目がクリクリしてて背が低くて可愛かった。

待ち合わせでは難なく会う事が出来、待ち合わせ場所から手をつないで飲み屋まで行ったそこでカクテルを二人で注文し、食べ物も注文するとき

女「私、サラダだけでいいや」

きっと、口が臭くなるのを防ぐためだと俺は思った

この時は割と和やかだった俺の学生生活や、今後のことなどをなかなか2人で笑いながら話していた




そこで女がビックリすることを言い出した

女「私、既婚なんだ。・・・プロフにもちゃんと書いてたよ。書き換えたりしてないよ」

とか言い出した。俺は既婚なんて絶対に書いてなかったと思うんだが・・・・

今となっては確かめようが無いまでも、俺は遊びのつもりだったし相手に彼氏がいようと旦那がいようと関係なかった

そこで女はひとつ俺に質問してきた

「俺クンは、でどういう人を捜してんの?やっぱ彼女とか?」女に旦那がいることを聞いて、この女も俺と同じ目的だったと悟りこう答えた

「いや、正直彼女なんて当分いらないかなあ。いろいろめんどいし」

正直この発言が、今回最大にして決定的な失態だった俺の彼女いらない宣言を聞いた女は明らかに残念そうな顔をした。

そして女は言った

「私は、彼氏探してるんだ・・・」もう最悪だった。俺も「・・・・ぁ」としか言えなかった

そして続けざまに女はこんなことを言い出した

「私、旦那と別れようと思ってて...その再婚相手探してるんだけどね」この時俺の視界はグルグルグルグル廻った

俺の心情としては

「あれ?俺21だよね?この人は再婚相手を探してるんだよね?なんで俺に会ったの?は?は?は?」

だった明らかに席の雰囲気は険悪になってた

そこで俺は意図的に話を別の話題にそらした。

その後、15分くらい談笑してそろそろ店を出ようかとなり

俺が会計を済ませ店を後にしたこの店は6階なんだがエレベータで下に降りたんだが

エレベータの中俺は言った

「ねーねー、ちゅうしていい?」

恥ずかしい話だがこの時俺はこれからラブホに行くものだとばかり思っていたそういって俺は自分の顔を女の顔に近づけたんだが

女は両手を自分の顔の前にやり

「あああの、私、ははじめて会った人とそういうことしたこと無くって...」俺は頭の中真っ白になった。

俺の心情としては

「ん?この人はいったい何言ってるんだろう?これかららb・・・・そういうことか」

俺は女がラブホに行かないつもりだと悟ったこの店を出た後、俺と女の間の距離はスゲー開いてたし

その間を大量の人が通るしでもう泣きそうだったそして、女は言った

「私寄るとこあるし、宮田君は駅あっちでしょ?」はいっおしまい。チャンチャン<>79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/10(水) 22:06:49.83 ID:k96upCnV0<>

これが約束のメールです

<>88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/10(水) 22:09:43.03 ID:gpVxV+MeO<>

>>79

ちゅうとか、しか書いてないじゃん

ラブホなんて一言もないわエロボケ <>99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/10(水) 22:12:22.56 ID:az4vtueA0<>

ちwゅwうwとwかwでwきwるw系wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww<>103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/10(水) 22:13:54.87 ID:pUHW8xoX0<>

新宿が一番詳しいかな

で、和民wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

<>110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/10(水) 22:16:45.93 ID:S5ETpCi/0<>

和民くそわろたwwwwwwwww

俺ならこの時点でブッチだわwww


告白体験談関連タグ

|

【出会い系】ラブホ行く前提で出会い系で出会った女と会った結果wwwww【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月7日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

このページの先頭へ