相互リンク先の更新情報!

【妹】実験:実の妹とキスしてみる【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


ある夏の日のこと。俺は高2で妹は高1だった。

もちろん実の兄妹だが、そろってネジが緩めなのは読んだら分かると思う。







前の日、俺は独りで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」第1作のビデオを観た。

簡単に言うと、昔にタイムスリップして両親の恋のキューピッドになる話なんだが、

その中で主人公が若き日の母親からモーションをかけられるシーンがある。



で、将来の息子とは知らず無理やりキスした母親が言うんだな。



「なんか変な感じ。弟とキスしてるみたい」



主人公は引きつった顔で「はは、そうだろうね…」なんて答えるわけだが、

それを観ながら思った。家族と家族以外でキスの味って変わるんか?






俺は無類のキス好き。というか、キスすると異様に興奮する。

彼女とエッチするときは、服着たままキスするだけでフル勃起するから超便利だ。

ハメながらキスしたら快感が倍増する感じで、いきなり早漏マンに変身する。

挿入中に彼女がキスしてくるのは「もうすぐイキそうだから、一緒に…」の合図。

まあ、分かりやすいと言えば分かりやすい性癖だよな。



そんな俺でも、キスの相手が親兄弟だと違うんだろうか?



うちはバリバリ日本人だぜ!な家庭で、お休みのキスとか欧米な習慣はない。

まあ、アメリカンなファミリーも、お休みのキスは頬にチュッとするだけか。

ともあれ親兄弟とキスなんて考えたことなかったが、実際のところどうなんだ?



気になると止まらなくなる性格の俺。これは調べてみる必要があると考えた。

とはいえ親子ほど年の離れた…てか実の親なんだが、カーチャンは遠慮したい。

必然的に実験の相手は妹の香織に決まった。







「なあ香織、キスしてみよっか?」

「兄ちゃんと? やだよ、なんかキモいし…」



ルーティン作業中に話を持ちかけると、妹はごく常識的な反応を示した。

まあ、普通そう答えるよな。いや、俺は決してキモい外見じゃないぞ。



別に兄妹仲は悪くない。四六時中一緒にいるわけじゃないし普通に喧嘩もするが、

友達には「妹と年3回くらいしか口を聞かない」と公言する奴もいるし。

それを考えたら、うちはまだ仲睦まじい方じゃね?と勝手に思ってたんだけどな。



「何だよー、俺のこと嫌いなのか?」

「嫌いとかじゃないけどさ、兄妹でって変じゃない?」

「だから〜、ホントに変かどうか試してみるんじゃんかよ」

「へっ??意味不明なんですケド?」



くそっ、どこまでも兄に似て頭の悪い奴。そこで映画のことを話してみた。

妹は「バック・トゥ〜」を観てなかったが、話を聞いて興味を持ったようだ。

この辺、兄妹で頭の程度だけじゃなく感性も似てるんだな。



話のついでに兄妹でちょっとしたキス談義。

香織には同級生の彼氏がいるが、その彼氏とキスするのは好きらしい。



キスすると性的に興奮するのも兄譲り。これは初めて聞いた。

「ボーッとして脳が痺れる感じ」。うんうん、その感覚、兄ちゃんには分かるぞ。

ただ、彼氏の方があまりキスに熱心じゃなくて、前から不満だったそうだ。



なっ? こんな話もできる兄妹って仲睦まじいと思わない?

…というのはさておき、香織もキス好きなら話は早い。



「というわけでさ、試してみない?」

「うーん、まあ、ちょっとくらいなら…いいかな」



香織は少し迷った様子も見せたが、好奇心に勝てず乗ってきた。

たぶん兄妹揃って、マルチとかにだまされるタイプなんだろう。







たまたま2人がいたのは自宅の子供部屋。あくまでも学術的探求が目的だ。

別にもったい付ける必要もないんで、さっさとキスの体勢に入る。



「目、瞑った方がいい?」

「ん? どっちでもいーんじゃね?」



いくら妹でも至近距離で見つめ合ったら照れる…かと思ったら、そうでもない。

香織は自分で「Karaのニコラ似」と主張するが、俺に言わせれば外見は人並み。

というか、Karaってよく知らないし。どっちにしろ俺のタイプじゃない。

ちなみに俺、妹系よりオネーサマ系が好みで、彼女も大学生だったりする。



やっぱり肉親だからか、キス前の見つめ合いは期待したほどドキドキしなかった。

少しガッカリしながら香織と唇を合わせてみる。最初は軽めのやつだ。



ん〜、全然普通。というか、これじゃ唇同士をくっつけてるだけじゃん。



キス中、香織は目を閉じてたが、顔を離すときょとんとした表情で俺を見返した。

もう一度トライ。今度は押し付けるように、ちょっとヤらしい感じを出してみる。



ん〜、やっぱり普通。彼女とキスするような高揚感がない。



「なあ香織、ちょっと舌出してみろよ」

「舌? う〜ん、別にいいけどさぁ…」



ディープというかフレンチというか、ともかく舌を挿し込んでかき回してみた。

妹もキス好きだけあって慣れてるのか、上手に舌を絡めてくる。

混ざり合う2人の唾液。唇も舌もフィット感は悪くない…はずなんだけどなぁ。



「もっとこう、ちゃんと彼氏にするようにやってみろよ」

「やってるよ〜。てか彼氏にも、ここまで一生懸命しないってば」



俺も意地になって、彼女とエッチするとき用の本気モードでキスしてみた。

いつもの俺だと、これだけで2発は射精できそうなくらい濃厚なやつだ。

香織も頑張って応えてるらしい。そのまま5分くらい兄妹で舌を絡めてみる。



「う〜ん、なんか違うよなー」

「やっぱり? あたしもそう思った」



顔を離して見つめ合う。香織はいつもと同じ表情。可愛くないとは言わんが、

頬が赤らんでるわけでも、瞳がウルウルしてるわけでもない。それは俺も同じ。



女の子が「変なカンジ」と言うと、軽く性的に興奮してることが多いんだが、

香織とのキスは違和感があるって意味で「変な感じ」がする。

彼女とのキスも別にレモン味がするわけじゃないが、脳内物質が出るというか、

なんかこう、もっと理性が麻痺するような不思議な魔力があるんだけどなー。



「やっぱりさー、兄妹だと違うんだよ、兄ちゃん」

「なるほど、スピルバーグ監督は正しかったんだなw」



期待してたわけじゃないだろうが、香織も残念そうな表情に見えなくもない。

ちなみに、スピルバーグは「バック・トゥ〜」シリーズの制作総指揮だとかで、

監督は別の人…と、あとで映画フリークの友達に教えてもらった。知るかよw







妹相手に実験中、ふと思い出した。親子兄弟で恋愛関係にならないのは、

遺伝子だかDNAだかが本能レベルで拒否するからって聞いたことあるぞ。



そういや前に読んだ推理小説で、唾液からDNAを採取する場面もあった。

ということは、唾液にはDNAがたっぷり含まれてるんだよな。

どんだけキスして唾液を交換しても、相手が肉親だとDNAが反応しないのか。

だから彼女とするときみたいに興奮しないのかも…。うん、きっとそうだ!



おおっ、我ながらナイスな推理じゃん!

こないだの中間テストで理科が赤点で、親に説教された俺とは思えない!

惰性でキスを続けながらそんなことを考えてると、不意に香織が声をかけてきた。



「兄ちゃん、もうそろそろさ…」

「あ、ごめん。唇ふやけちゃったか?」

「そうじゃなくて…そろそろイキそう…」



我に返った俺は、慌てて香織の小さな尻を抱え、ピストンのスピードを上げた。

俺の勃起を咥え込んだ温かくて柔らかな膣から、止めどなく愛液が溢れる。



「兄ちゃん、もうダメ。イク! イッちゃううぅ〜〜!!」

「俺もイクぞ。香織、香織いぃぃ〜〜!!」



次の瞬間、勃起の先端から噴き出した生温かい粘液が、香織の膣内に広がった。


告白体験談関連タグ

||||

【妹】実験:実の妹とキスしてみる【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ