相互リンク先の更新情報!

【芸能人】夜のエキシビジョン【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


浅田真央といえば、15歳にしてシニアの大会で優勝し、バンクーバー五輪での活躍が期待されている、

フィギュアスケート選手として知られている。

その真央ちゃんは試合のあと、普段着に着替え、宿泊所に戻る。

試合で履いていたタイツは、激しい動きでドロドロボロボロになるから、使い捨てで、ゴミとして出される。

俺はいつもそれが狙いだ。

捨てられているタイツの、できるだけ汚れてる奴を10数本ほど、

こっそりさらって家に持ち帰る。

そして、深夜、俺一人のエキシビジョンが始まる。

俺は汚れたタイツのみ身に付け、部屋中にかっさらってきたタイツをばら撒き、

ウォーッと叫びながら、タイツの海の中を転げ回る。

汚れたタイツは、雌の臭いがムンムン強烈で、俺の性感を刺激する。

マラは、もうすでに痛いほど勃起している。

タイツの股間部分に顔を埋める。臭ぇ。

汗臭、アンモニア臭や、股ぐら独特の酸っぱい臭を、胸一杯に吸い込む。溜まんねえ。

臭ぇぜ、ワッショイ! 雌豚ワッショイ!と叫びながら、タイツごとマラを扱く。




もちろん、真央ちゃんのタイツを主食に選ぶ。

そのタイツには、大人になりかけの女の子の独特の臭いが、ツーンと臭って臭って堪らない。

思いきり嗅ぎながら、真央ちゃん臭ぇぜ!俺が行かせてやるぜ!と絶叫し、

マラをいっそう激しく扱く。

他のタイツは、ミイラのように頭や身体に巻き付け、

真央ちゃんのタイツを口に銜えながら、ウオッ!ウオッ!と唸りながらマラを扱きまくる。

そろそろ限界だ。

俺はタイツからマラを引き出し、真央ちゃんのタイツに、思いっきり種付けする。

どうだ!気持良いか!俺も良いぜ!と叫びながら発射し続ける。

本当に真央ちゃんを犯してる気分で、ムチャクチャ気持ち良い。

真央ちゃんのタイツは、俺の雄汁でベトベトに汚される。

真央ちゃん、お前はもう俺のもんだぜ!

俺のエキシビジョンが済んだあと、他のタイツとまとめて、ビニール袋に入れ押し入れにしまい込む。

またいつか、大会で真央ちゃんのタイツを手に入れるまで、オカズに使う。

押し入れにはそんなビニール袋がいくつも仕舞ってあるんだぜ。


告白体験談関連タグ

|

【芸能人】夜のエキシビジョン【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ