相互リンク先の更新情報!

【友達】姪の頼み【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


62姪の頼み削除依頼

投稿者:ひ—君 2009/09/11 11:36:50(m8JUY6yR)

投稿削除



姪の瑠奈が久しぶりに泊りにきました。JSの頃は良く来てましたがJC1に

なってからは部活やら年頃やらで泊りに来なくなってました。

やり残しの夏休みの宿題でも手伝わされるのかと思ったら

「ひ—君、内緒でおチンチンみせて欲しいんだけど?」と訳の解らない事を

言いだしました。夏休明けに友達たちと話してたら何人か経験した子達がいた

らしく

「瑠奈はお子様だから・・・」とバカにされたので「チンチンくらい見た事ある」

と言ったけど信用されなかったので証拠写メを撮りたいのだって。

言う事ややる事は子供っぽいけど内容は大人なだし断ったら他の人に平気で

頼みかねないので表向きは仕方なくを装ってOKしてあげました。

「瑠奈、男のチンチンって事は勃起してるチンチンだからな」と言ったら




「あっ?!」と今、気づいたようでした。

去年の夏までは良く泊りに来てて一緒に風呂に入ってて悪戯しあってたのですが

「恥ずかしくなった」と言って一緒に風呂に入ってくれなくなったのでした。

「瑠奈と入るの久しぶりだね」と瑠奈と風呂に入りましたが瑠奈は以前の様な

見事な脱ぎっぷりでは無くて生意気にもタオルで隠してました。

タオルを取り上げるとツルペタだった瑠奈の身体もオッパイが小さいけど

ツンと上を向いてたし毛も少し黒くなりかけてました。

「おー女の子らしく成長してるじゃん、背は伸びてなさそうだけど」とから

かったら

「うるさい」と蹴られました。

「瑠奈、洗い方覚えてる??」と訊いたら真っ赤になって頷いたので俺は

椅子に座って瑠奈にソープでいうボディ洗いをしてもらいました。

「オッパイの先を軽く当てるようにやってみて」とやらせたら気持ち良かった。

「瑠奈、お待ちかねのチンチンだよ」と言ったら

「まってないもん・・・」と小さな声でブツブツ言いながら洗ってくれました。

シャワーで泡を流してくれた瑠奈に

「チンチン綺麗になった?」と訊いたら

「おチンチン綺麗になりまっした」と言ってフェラしてくれました。

以前風呂に入っててお互いの身体を洗いっこして綺麗になったらソコをキス

したり舐めたりするっていうルールだったのを瑠奈も覚えてくれてたようです。

「上手くなったね、誰かで練習してるの?」と訊いたら

「変なコト言うと止めるよ」と怒ってました。

瑠奈を洗ってあげてワレメを舐めてあげたら前よりも感じるようで瑠奈も

成長してるんだなーと感動しました。ソレを言ったら

「ひ—君が変な事ばっか瑠奈に教えるから」とオナニーしてるのを認めました。

風呂から出て瑠奈と布団の上で裸でノンビリしてました。

瑠奈は手持無沙汰な感じでチンチンをズッと弄ってました。

「瑠奈さー俺とエッチしない?」と訊いてみました

「ええー?!なんで??」と、まあ驚くよね普通は。叔父に言われたんだし。

「瑠奈のコト前から好きだったし俺とじゃイヤ??」

「でも瑠奈チビだしJC1だし・・・」とパ二食ってて可愛かった。

「友達も経験してるんでしょ?瑠奈だって大丈夫だよ」と抱きしめました。

「俺のコト嫌い?」

「嫌いじゃないけど・・・生理もまだだし」とブツブツいってましたが

「瑠奈が他の男にヤラれるなんて絶対にイヤだ」と言ってキスしました。

唇を話してから

「いいよね」と確認したらバカみたいに何度も頷いてました。

再び、キスしました。今度は舌を入れました。瑠奈に口をあけさせてツバを

…省略されました。全部表示する

姪の瑠奈が久しぶりに泊りにきました。JSの頃は良く来てましたがJC1に

なってからは部活やら年頃やらで泊りに来なくなってました。

やり残しの夏休みの宿題でも手伝わされるのかと思ったら

「ひ—君、内緒でおチンチンみせて欲しいんだけど?」と訳の解らない事を

言いだしました。夏休明けに友達たちと話してたら何人か経験した子達がいた

らしく

「瑠奈はお子様だから・・・」とバカにされたので「チンチンくらい見た事ある」

と言ったけど信用されなかったので証拠写メを撮りたいのだって。

言う事ややる事は子供っぽいけど内容は大人なだし断ったら他の人に平気で

頼みかねないので表向きは仕方なくを装ってOKしてあげました。

「瑠奈、男のチンチンって事は勃起してるチンチンだからな」と言ったら

「あっ?!」と今、気づいたようでした。

去年の夏までは良く泊りに来てて一緒に風呂に入ってて悪戯しあってたのですが

「恥ずかしくなった」と言って一緒に風呂に入ってくれなくなったのでした。

「瑠奈と入るの久しぶりだね」と瑠奈と風呂に入りましたが瑠奈は以前の様な

見事な脱ぎっぷりでは無くて生意気にもタオルで隠してました。

タオルを取り上げるとツルペタだった瑠奈の身体もオッパイが小さいけど

ツンと上を向いてたし毛も少し黒くなりかけてました。

「おー女の子らしく成長してるじゃん、背は伸びてなさそうだけど」とから

かったら

「うるさい」と蹴られました。

「瑠奈、洗い方覚えてる??」と訊いたら真っ赤になって頷いたので俺は

椅子に座って瑠奈にソープでいうボディ洗いをしてもらいました。

「オッパイの先を軽く当てるようにやってみて」とやらせたら気持ち良かった。

「瑠奈、お待ちかねのチンチンだよ」と言ったら

「まってないもん・・・」と小さな声でブツブツ言いながら洗ってくれました。

シャワーで泡を流してくれた瑠奈に

「チンチン綺麗になった?」と訊いたら

「おチンチン綺麗になりまっした」と言ってフェラしてくれました。

以前風呂に入っててお互いの身体を洗いっこして綺麗になったらソコをキス

したり舐めたりするっていうルールだったのを瑠奈も覚えてくれてたようです。

「上手くなったね、誰かで練習してるの?」と訊いたら

「変なコト言うと止めるよ」と怒ってました。

瑠奈を洗ってあげてワレメを舐めてあげたら前よりも感じるようで瑠奈も

成長してるんだなーと感動しました。ソレを言ったら

「ひ—君が変な事ばっか瑠奈に教えるから」とオナニーしてるのを認めました。

風呂から出て瑠奈と布団の上で裸でノンビリしてました。

瑠奈は手持無沙汰な感じでチンチンをズッと弄ってました。

「瑠奈さー俺とエッチしない?」と訊いてみました

「ええー?!なんで??」と、まあ驚くよね普通は。叔父に言われたんだし。

「瑠奈のコト前から好きだったし俺とじゃイヤ??」

「でも瑠奈チビだしJC1だし・・・」とパ二食ってて可愛かった。

「友達も経験してるんでしょ?瑠奈だって大丈夫だよ」と抱きしめました。

「俺のコト嫌い?」

「嫌いじゃないけど・・・生理もまだだし」とブツブツいってましたが

「瑠奈が他の男にヤラれるなんて絶対にイヤだ」と言ってキスしました。

唇を話してから

「いいよね」と確認したらバカみたいに何度も頷いてました。

再び、キスしました。今度は舌を入れました。瑠奈に口をあけさせてツバを

垂らして飲ませたりもしました。前にもしてるので瑠奈も普通に飲んでくれます。

毛は少し濃くなり始めてるワレメでしたがワレメの奥は去年よりは少し複雑化

してましたがマダマダ、シンプルでコレに入れられるのか思ったら我慢汁が

溢れて来てました。フェラしようとした瑠奈が

「なんか、おチンチンヌルヌルしてるよ?」と訊くので

「チンチンも濡れるんだよ。瑠奈のスケベマンコみたいに」と言ったら

「ひ—君が変な事ばっかするあからだ、ばか」と膨れました。

瑠奈のワレメも準備OKのようなので、いよいよ合体です。

瑠奈はスポーツ少女だし前は指とかも入れてたので処女膜は無いと思うので

マンコさえ馴染めば出来るはずなのでユックリと押し込みます。

「瑠奈、力抜かないといたいだけだよ」と言いますが力を抜く余裕はなさそう

です。

半分位しか入らないようなので暫くジッとして瑠奈の頭とか撫でてました。

瑠奈も少しは落ち着いたようなので

「少し動いてもイイ??」と訊いたら引きつった笑顔で頷いてました。目も真っ

赤に充血してました。

流石に凄い締め付けと言うか膣力で押し出そうとしてくるので大きくは動かせ

ません。

でも大好きな瑠奈の処女を頂いた嬉しさは肉体の快感以上で早くも射精感がき

ましたので

長引かせて瑠奈を痛がれせるのも可哀想なので射精感の高ぶるまま瑠奈の

マンコに思いっきり射精しました。

次の日は日曜だっけど瑠奈は部活があったのですが、マダ写メを撮って無かったし

写メ撮ったついでに朝から一発してしまったので瑠奈は部活をサボることに

なってしまった。

「瑠奈、前みたいに泊りにこいよ」と言ったら頷いてました。

「瑠奈に生理がくるまでにイッパイ中出ししたいからさ」と言ったら殴られた。

「生理来たら瑠奈とはしないの?」と訊くので

「生理来たら発射は全て瑠奈の口に出すから飲んでね」

と言ったら凄く嫌そうな顔をされました。

学校で友達に写メをみせたらしくメールが来て

「友達が写メ欲しいって言うんだけどあげていい??」と来たのでNGとしま

したけで

JC1達が俺のチンチン見てると思うと少し興奮しました。感想を訊いたら

「ムケてるじゃん、大人チンチンだって言ってよ」と言ってたそうです。


告白体験談関連タグ

||||||||||

【友達】姪の頼み【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ