相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】パーティーで・・・【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


雄一と優香との出会いは強烈だった。



大学の午後の授業が休講になったある日、ゼミ仲間の悪友、啓太と茶店で一服していると、啓太が声をひそめていった。



「雄一、今からちょっとしたパーティーがあるんだけど、行くか?」



ニヤリと口の端をゆがめて笑う。彼らの間でパーティーと言えば、

女がらみに決まっている。それも、最後まで、のパーティーだ。



「どんな娘が来るんだ? デブ・ブスはご免だぜ。向こうも二人か?」



「へっへっへ。そいつは行ってのお楽しみってことで。」



「なんだよ、怪しいな。」






「心配するなって! 鼻血もんだぜ、今日は。じゃ、テルするから、ちょい待ち。」



啓太は携帯でどこかに電話をかけると、あとはただにやにや笑ってばかりで、何も教えてくれない。

?マークをいくつも浮かべる雄一だったが、啓太の様子から、かなり期待できそうだと感じ、黙って待つことにした。

ほどなく、啓太に急き立てられるようにして店を出て大通りに向かった。

10分ほど待つと、啓太が手を振るのを合図に、二人の前にちょっとしたリムジンが停車した。



「これ、に乗るのか?」



「そ。早く乗った乗った」



二人が乗ると、運転手は行く先も聞かずに車を出した。



「どうやらかなりハイソなお嬢さんらしいな、今日のお相手は」



「そういうこと。あーもう我慢できね!」



啓太はもうソワソワして落ち着かない。いったいどんなパーティーなのだろうか。



半時ほど走って、豪奢なマンションの前で車は止まった。

渋谷区松涛の一角。入り口にはパスワード式のロックがあったが、啓太はさっさとナンバーを打ちこんで、

マンションに入っていく。雄一もあとに続いた。



「前にも来たことあるんだな?」



「ああ、今日で二度目。」



「なあ、いったいどんな、、、」



「いいから、部屋に行けばわかるから、な」



啓太はもう説明する気はなさそうだった。鼻息がすでに荒い。

雄一も、なんだか興奮し始めていた。

最上階のペントハウスが目指す部屋だった。見渡すと、その階にはドアはそこひとつしかない。

そのフロア全体で一部屋なのだ。

表札もない。ブザーもついていないようだ。



啓太が、一定のリズムでドアをノックした。

ほどなく、ドアが開いて、若い男が顔を出した。

雄一たちと同じ、大学生くらいだろうか。

トランクス一枚の、裸だった。



「よう、新入りさんかい? もうずいぶん楽しんじゃってるぜ。」



「何人くらい来てます?」



「君たちで、七人だ。」



雄一と啓太は中に入り、カギをかけた。



「俺は昌義、大学四年だ。」



「俺、啓太っていいます。こっちは雄一、二人とも二年です。」



「ま、楽しもうぜ。彼女、もうドロドロ」



ニヤッと笑って一番奥の部屋へ消えた。



「雄一、こっちだ、シャワー室」



脱衣所で服を脱ぎ、大浴場のようなシャワー室で身体を洗った。

服を着ようとする雄一に、啓太が言った。



「裸でいいんだ、裸で。んーパンツくらいははいたほうがいいか。」



先客の脱ぎ捨てた服が、そのまま残されている。

もう雄一にも事態が飲み込めた。と同時に、むくむくとブリーフが盛り上がり始めた。

啓太もパンパンになっている。二人で、昌義が消えたドアの前に立った。



「よくこんな良い集まりをみつけたな、啓太」



「ああ、でもまだお前の想像は甘いと思うぜ」



啓太は意味ありげに笑ってドアを開け、雄太に先に入るように

目配せした。雄一はつまずきそうになった。入るといきなり低いベッドなのだ。

15畳ほどの部屋のほぼ全てが、ベッドで占められている。いや、部屋自体がもう広大なベッドなのだった。

そしてベッドの中央では、、、

三つの穴を同時に塞がれて悶える少女の姿があった。

17〜8歳くらいだろうか。

四つん這いで背後から突かれるたびに、こぼれそうな大きな乳房がゆさゆさと揺れる。

細く締まったウエストをつかみ、むっちりと肉のついた尻の割れ目に激しく突き入れているのは、

さっきの昌義だった。



「名前は知らないんだ、教えてくれないんでね。でも、みんなは優香って呼んでる。

確かにちょっと似てるよな」



啓太が耳打ちしてきた。

いや、優香より、もっとかわいいと、雄一は思った。

後ろで束ねたセミロングの黒髪が、腰の律動に合わせて揺れている。

部屋にはあと、二人の若い男がいた。すでに楽しんだ後なのか、

壁際で寝そべり、優香が犯されるのをにやにや見ている。

その時、昌義が小さくうめいて腰を深く突き入れた。

優香の直腸に射精したのだ。

しばらく余韻を楽しんで、昌義はペニスを引き抜いた。

優香の開いた肛門から、どろりと精液が垂れるのが見えた。

昌義が啓太に合図を送った。



「雄一、お先に」



啓太は傍らの棚からローションのボトルを取り、パンツを脱いで勃起したペニスにたっぷり塗りつけた。

そして優香の背後に膝をつき、先端をアヌスにあてがうと、一気に根元まで突っ込み、ずぼずぼ犯し始めた。



「んんーむ」



優香が歓びの声をあげた。



と、口に入れていた男がペニスを引き抜き、優香の顔に射精した。



どぷっ、びちゃぷ!



優香は口を開け、顔と口で飛び散るザーメンを受けた。

男は優香にペニスをきれいにしてもらうと、満足そうにその場を離れた。

啓太は腰を振りながら、雄一にあごをしゃくった。

雄一ははちきれそうになっているペニスを撫でながら、優香の前へと回った。



雄一はブリーフを下ろした。カチカチのペニスがビン、とそそり勃つ。

四つん這いで啓太に尻を犯されている優香の前に立った。

たっぷりと肉のついた優香のお尻の中に、啓太のペニスがずぶずぶめり込んでいるのが見える。

うつむき喘ぐ優香の顔から、ねっとりとザーメンが滴り落ちた。

雄一はさらにモノを硬くした。

膝をつき、優香の前に勃起したペニスをさらした。

アナルの快感に喘ぎながら、優香は薄く目を開けて雄一を見た。



「、、大きい。」



うっとりとそう言うと、まだザーメンの滴る口で雄一の先端を咥えた。



「うっ」



雄一はうめき、優香の頭に手を添え、さらに深く咥えるよう促した。



じゅぶじゅぶじゅぶっ。



ザーメンと唾液でヌルヌルの口内に、ペニスが埋まってゆく。

優香は喉を開き、雄一を深く受け入れた。

ほどなく、雄一の25cmのモノは、根元まで優香の口に含まれてしまった。

そして、根元から先端までのディープスロートが始まった。



ぬぶ、ぬちゅ、ぐちゅぐちゅ。



ぐぽぐぽ、ずちゅっ。



尻と口が犯される湿った音が室内に満ちた。時折、優香の喘ぎ声が混じる。

他の男たちはペニスをしごきながら、様子を眺めている。



じゅぶ、ぐちゅちゅ、ぬちゅ、、、。



優香は唇から喉奥までを使った。口にたっぷり唾液を溜め、雄一の大きなペニスを根元までずぶずぶと飲み込む。



「くは、あっ」



雄一は堪らずに優香の頭をつかみ、激しく口に突っ込んだ。

優香も動きを合わせ、頭を振りたててペニスをしゃぶる。

向かいでは優香の尻をわしづかみにして、啓太がずぼずぼとアナルに突っ込んでいる。

別の男が我慢できなくなったのか、四つん這いの優香の下に潜り込み、空いていた前の割れ目に挿入し、

激しく突き上げ始めた。



「もぶうっ、んんぶー!」



雄一に喉を塞がれた優香が、くぐもった叫びをあげる。三つの穴を激しく突かれて、優香は歓喜に身をくねらせた。。

と、優香の頭の動きが止まった。雄一は優香の頭を揺すろうとしたが、優香はイヤイヤをした。

そして、片手を雄一の尻にまわし、ぐっと引き寄せ、喉の最深部までペニスを飲み込んだ。

優香が潤んだ瞳で雄一を見上げた。そして、雄一のモノを喉奥に咥えこんだまま、ぬるりと舌を出して睾丸をねぶり始めたのだ!



「うっ」



雄一は思わず優香の髪をつかんでうめいた。

優香は喉の奥でくちゅくちゅと亀頭をこすり、舌で睾丸を可愛がった。

雄一の全てが、優香の唇と舌と喉で愛されていた。

ペニスがカチカチに硬化し睾丸がしぼりあげられ、、、。

もう、限界だった。



「おっ、、はううっ!」



雄一は優香の頭を引き寄せ腰を突き出し、ひときわ深く喉に突っ込んだ。



どぷっ、、びゅうぷ!



びくびくと雄一の腰が痙攣した。



びゅぶっ、びゅっびゅっ!



優香の喉に、雄一のほとばしりがドクドクと注がれてゆく。

優香はまだ睾丸をねぶりながらも、喉を鳴らしてザーメンを飲んだ。

啓太と下の男の動きが速くなった。二人で優香の腰と尻をつかんで、全力でピストンしている。

優香の喘ぎが激しくなる。雄一が射精を終えてぬるりとペニスを引き抜くのと、

残りの二人が達するのはほぼ同時だった。



「おあっ、おおお」



「出る、お俺もイク!」



どびゅっ、どぷ!



どくどくっ、ぶちゅうっ!



直腸と膣にほとばしる熱いザーメンの感触に、優香はこの日三度目の絶頂を迎えた。



「あふうっ、あっ、ひいっ!」



びく、びくくっ!



身体を反らし、痙攣した。巨大なおっぱいがゆさゆさと揺れる。乳首がカチカチに勃起している。

雄一はおっぱいをつかみ、もみくちゃにした。



「いや、ああ、はああう!」



優香は雄一にしがみつき、息も絶え絶えに喘いだ。

啓太ともう一人の男が最後の一滴を優香に注ぎ込み、ペニスを抜くと、優香はぐったりとベッドにくず折れた。

雄一は回りこんで、優香の尻と割れ目を眺めた。



「あっ、あん」



優香は声をあげ、小刻みに痙攣を繰り返した。



びゅぷっ、ぶちゅ。



痙攣のたびに膣とお尻からザーメンが溢れ出す。

雄一は手を伸ばし、優香のむっちりとした尻をつかみ、引き起こしてまた四つん這いにさせた。

そして、尻の肉を開いて肛門を大きく露出させた。

優香は嫌がらなかった。

優香のお尻の中に射精するという新たな欲望で、雄一のペニスはもう、カチカチに回復していた。


告白体験談関連タグ

||||||||||

【フェラチオ】パーティーで・・・【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月12日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ