相互リンク先の更新情報!

【職場】片想いの宮田くん2【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


「足元、気をつけて…」

「うぅ…、横にならして…」

「あっ…、宮田くんたら〜…、それ、私のベットだよ…。

…いいけどお〜」

「悪い…。」

「しかたないなあ…、いいですよ〜。

休んでいってくださ〜い。」

宮田くんは時々こうして、私のベットに寝てしまうことがあります。

間違えてベットに寝て欲しくて、ベットに近すぎるソファーの位置は変えない…。

彼の香りが私のベットに残るのが嬉しいから…。飲み過ぎた日のお酒に弱い宮田くんは、

横になってしばらくすると、いつも深い眠りにつくんです。

寝顔を眺めるのも楽しいけれど、そろそろ…いいかなあ?ほっぺた、ツン…ツン…ツンもう…、大丈夫みたい…。

宮田くんの規則正しい呼吸の音が乱れない…。

酔いすぎた日の宮田くんは、しばらく全然起きないんだよ。宮田くん…凄く会いたかった…

チュウ。宮田くん…、私、友達のフリをして、




お酒飲ませて泥酔させて…、

眠った貴方のほっぺたに、こっそりいつもこうやってキスしてるの…。体だって、触ってるの…。胸も、触ってる…おなかも、触ってる…胸に顔をうずめた日もある…おでこにも、キスする日もある…ペニスは、なんだか悪い気がして、触ったことがないけど…

触りたい…って、いつも思ってるごめんなさい、宮田くん。

あぁ、だけど、私のこと、どう思っているのか…知りたい。会えない時間がいつもより長すぎたからかもしれない…。

私は、もう1度ほっぺたにキスをして…、

唇にあたる宮田くんのほっぺたが気持ちよくて…、

そうしてキスをしながら、ついに、

宮田くんのズボンの上から…、ペニスを揉んでしまったの…。ズボンの上からじゃどう触っていいか分からなくて、

ペニスや睾丸全体を、手のひらで包み込むように

もみ…もみあぁ…、宮田くんにも、ペニスがついてるんだな…って実感して、「あ!」

ペニス…。

宮田くんのペニスと…睾丸まで触っちゃった…と、

急に恥ずかしくなって、手を引いてしまいました…「あぁ…宮田くん…、好き…」

と、宮田くんが起きるまで、ペニスへは我慢したけど、

何度かほっぺたにキスをしてこの日は終わり…。

宮田くんが帰ったあとは、モンモンとした想いを抱えたまま…、

宮田くんの香りに包まれたベットに横になる日々が続いています。

いつかちゃんと恋人になれたら、貴方とセックスしたい…宮田くんごめんなさい…。

次の泥酔も楽しみです…。


告白体験談関連タグ

||||

【職場】片想いの宮田くん2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月13日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ