相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】姉ちゃんあっさりしすぎ!!ギャル姉編【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


<>110えっちな21禁さんsageNew!04/06/2814:24ID:k6C5vCq+<>

俺の姉貴は結構なギャルだった。

今は普通のOLのふりをしてるが、まだギャル気分が抜けてないところがある。

中学、高校と超ミニでいつもパンツが見えていた。

両親も俺もパンツが見えてるよと注意はするのだが、全然おかまいなしだった。

そんな感じだったので、姉貴のパンツを見ても全く興奮することは無かった。

短大に行っても肌の色が白くなっただけで服装に変化は無かった。

そんな姉貴がOLになり、お姉系の格好をするようになって1年くらい経ったある日、

全く見かけなくなった姉貴のパンチラを見てしまった。

階段を昇る姉貴のタイトスカートの後ろスリットからほんの少しだけ

チラッと水色のパンツが見えた。今まで俺が見たのはヒョウ柄とかゼブラ柄、

黒とか赤とか派手なのだけだったので、意外なほど普通のパンツにビックリした。

でも、初めて姉貴のパンチラに興奮した。



見慣れてるはずの姉貴のパンツに不覚にも興奮した俺は




その日から姉貴をおかずにするようになった。

服装が変わったせいでなかなかパンチラは拝めなかったが

洗濯機に置いてあるパンツや、スカートから見える太股に興奮して部屋で抜いてた。

そんなある日、両親が法事で田舎に行き、姉貴と二人きりになった日があった。

普段は料理をしない姉貴が、ミニでTシャツにエプロンとゆう刺激的な格好で

料理をしている。最近では滅多に見なくなった姉貴のミニです。

昔は全く興奮しなかったのに、いつのまにか大興奮の最高のおかずです。

こんなチャンスはなかなか無いので携帯の動画で一生懸命逆さ撮りしました。

何作ってんの?うまいの?などと言いながら必死で姉貴のスカートの中を撮りました。

当分おかずに困らないようにそれはもう必死でした。



でも必死ってゆうのは良くないです。

ばれました。あっさり・・・。ショボーンです。凹みました。

でも最初かなりビックリしてたのにあんまり怒らないんです。

不思議そうな顔で俺を見て、「パンツなんかいつも見てるのに

わざわざ撮るか?なんに使うつもりだよ」と言うのです。

必死な俺は今までの経緯を話しました。

前は興奮しなかったこと、最近になっておかずにしてること、

悪用するつもりで撮影したんじゃないこと。

それを聞いた姉貴は「そういえば最近ミニはいてないね。

ミニはかなくなってから興奮するって変なの〜」と笑いました。

「見たいんだったら言えば見せてあげるのに。バカだね〜」なんて言いながら

「ほれほれ〜」とスカートをヒラヒラさせます。



はっきり言って爆発寸前です。このチャンスを絶対に逃せません。

勇気を振り絞っておかずになってと頼みました。

あっさりオッケーでした。姉ちゃんあっさりしすぎ!!です。

結局その日はいろいろあってフェラまでしてもらいました。



支援していただいたみたいなので、フェラまでの経緯を詳しく書きますね。

お願いしたあと、俺の部屋に行って姉貴のパンツを見ながらぶっこきました。

すぐ発射するともったいないので、なるべく長持ちするようにがんばりました。

姉貴は結構のりのりでいろんなポーズをとってくれます。

四つん這いとか、少しパンツを食い込ませたりとか・・。

結局最後は、初めて見るM字開脚に大興奮して姉貴に発射してしまいました。

姉貴は初めて男の射精を見たらしく、「こんなに飛ぶんだ〜」とビックリしてました。

結構興味があったのか、いった直後なのに俺のチンポを触りだして、

「結構でかいね。」「やっぱ若いほうがいきおいってあるのかな〜」等と言ってましたが、

射精直後の敏感なチンポを触られて、くすぐったくなった俺が体をよじると

「どうしたの?」と聞いてきました。



姉貴に状況を伝えると「そっか〜、じゃあ一回出したらもう終わりなんだ・・・」

「でも、変じゃない?今までの彼氏とか普通に2回とかしてたよ。あんただけ?」

と聞くのです。「それはHだからだよ。手だと濡れてないから刺激が強すぎるんだよ」

と一生懸命説明すると、「じゃあ、濡れてればいいの?」とハッピーな質問が・・・。

もちろんその後は姉貴のフェラ技をたっぷり披露されました。

飲むのは好きじゃないみたいでティッシュに吐き出してましたが、

それでも姉貴の口に出す時の快感はなんとも言えないものでした。

一応童貞じゃなかったし、フェラの経験もあったけど比べものになりませんでした。

姉貴の柔らかい唇の感触はマジで天国でした。でも、結局その日はそれで終了でした。

こんなことしといて変かもしれないですけど、

そのときは姉貴に恋愛感情とかも無かったし、すっきりしちゃってたので

Hをしようとは全く思わなかったんです。



つまんなかったと思いますけど、ほんとのことなんで勘弁してください。

とりあえず今日はここまでにしときます。

また暇な時にでも書き込むかもしれないです。



続編:姉ちゃんあっさりしすぎ!!ギャル姉編<続編>


告白体験談関連タグ

|||||||

【近親相姦】姉ちゃんあっさりしすぎ!!ギャル姉編【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月13日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ