相互リンク先の更新情報!

【M男・痴女】知的障害を持った男の子に【告白体験談】

カテゴリー:M男・痴女の告白体験談
tag:


少し前に歯医者に行ったときのことです。

その歯医者はいつもわりと混んでいたというか、

同じビルに目医者他の診療所、医院が入っていたり、立地が良かったりと便利で

人気のある歯医者でした。

いつも会社の帰りに行くのですが、都合で土曜日に行った日があったんです。

土曜は午前しか受付がないこと、また付近の会社もお休みが多いからか

いつも混んでる待合室は空いていました。

診察中の人1人、待合室には女性1人、私。



暫くすると男性が一人入ってきました。

ハンズフリー携帯?みたいなもので喋ってるのかなと思ったんですけど

どうやらずっと一人でブツブツ喋ってるようで

受付の対応から察すると、治療に通っている知的障害者の方のようでした。

外見は…なんというか、中学生か30歳位のどちらともつかない服装(このニュアンスわかりますかね?)で、

お世辞にもお洒落な感じではなく、




喋ってる内容も「阪神ニューヨーク!」「阪神ニューヨークです…」と意味不明。

でも顔をみるとやはり中高生くらいだったのかな。

何かラジオのDJみたいな感じで喋ってました…

待合室をうろうろしたり、本立ての本を抜いたりさしたり、

待合室から出たり入ったり、落ち着かない感じでしたが

私は最新号の雑誌を読みふけっててあまり気にしませんでした。

診察中の人が出てきて会計を済まし帰ると、待合室の女性が診察室に入りました。

そこの歯医者は歯科衛生士?なんだか助手みたいな女性が二人いて受け付けもやっているんですが

その日は一人で、診察中は診察室に入ってしまうので

待合室は私とその男の子(?)二人になりました。

少し嫌な予感がしたのですが…。



男の子は、席がたくさん空いてる待合室で、ピッタリ私の横にくっついて腰掛けました。

はじめはひとりでブツブツ言っていましたが、やがて沈黙して

私の腕だか髪の毛だかをくんくん嗅ぎはじめました。

「うげーやめてぇー」と思ったけど、無視を決め込むことにしました。

カウンターにおいてあるぬいぐるみを持ってきて私のひざの上に置いたり

レゴの人形と私の肩(傾斜に見立てていた?)を使ってスキーごっこしたり

いいかげんやめて、と言おうとした頃に

診察中の女性が出てきて、私が中に呼ばれました。ほっとしました。



私のその日の治療が終わり、会計をしていると、

さっきの男の子の母親、男の子の妹らしき方が来て

「いつも○○(男の子の名前)がすみませんねー」

「いいえぇ、今日、ご機嫌みたいで…」と雑談を始めました。

男の子を迎えに来たみたいでした。まぁ順番は私の次なんでまだ早かったわけですが。

私は会計も済ませたのでそこを出ました。

ビル共用にトイレがあるのですが、女子トイレは和式×2、洋式×1の作りです。てn

断然洋式派の私は奥の広い洋式に入りました。



悲鳴をあげたつもりでしたが、悲鳴になりませんでした。

さっきの男の子が洋式トイレの中にいたんです!なんで、女子トイレに?!

そういえば待合室を出たり入ったりしていた…

男の子はいきなり私に抱きついてきました。

というか私を抱きしめました。

「えぇーっ…」

ちょっと離して、って言おうとしましたが、なんとキスしてきたんです。

で、男性にはわかりにくいかもしれませんが洋式個室内の、オムツを替える台に

押し倒されました。

すごく唾液くさいというか乱暴なキスで、上体も強く押さえつけられました。

「あっ…あっあっghjkねぇ、ねぇ、」

なんかよくわからないことを口走っていて本当に怖かったです。

服の上から凄い力で胸をもまれました。

痛い!と叫んだか叫べなかったかよく覚えていません。

そして私の服の中に頭を突っ込んできました!!

勢いよくつっこむもんだから、ブラとか全部上にずりあがっちゃって

胸が直にその子の顔に触れてました。

その子は迷うことなく私の乳首を探って、吸い始めました。

こんな状況なのに、こんな大きな男の子から乳首を吸われて正直興奮してしまって

私は抵抗をやめました。

彼氏とのHの時は、胸を愛撫されることはあっても、

こんな子供のようにちゅうちゅう吸われたことは無かったからかもしれません。

その子は性的な欲求から私に襲い掛かったのではなかったのかもしれません。

ずっと「おっぱいを吸う」行為に没頭していました。そんなもん出ねーのに。

そのうちに、火がついちゃった私の方がもどかしくなって、自分のおま○こをまさぐっていました。

すごくグチョグチョになっていました。

どうしても男の子にそこも悪戯されたくなって、男の子の片手をとって、

私のパンツの中に手を入れさせました。

グチュグチュの感触が面白かったのか、男の子は私のおま○こにズボッ!と指を突っ込んできました。

「あッ…!」

私が声をあげると、それが面白かったのか、

「あっはあっはぁ!うふふふぅ」

と笑いながら指を抜き差ししはじめました。

加減なんてないからもの凄い速さで高速ピストンです。

そんな大きな声で笑ったらトイレの外に聞こえちゃう…と思って、

男の子の頭をぎゅうっと抱きしめると、また私のおっぱいを吸い始めました。

しかもビンビンに立ってしまった乳首が面白いのか、今度は舌で転がし始めたり…

その子にそういう意識はなくても、私の中では凄くHなことされてる!て感覚です。

しかもこんな場所で、押し倒されて…(いや、途中からは私が仕向けたんですが)

「や…あっ…あー……もっと…あ!…もっと、してぇ…っ」

もの凄く興奮してしまって、ここでSEXしたい!と思ってしまったんです。

私は男の子の激しい指づかいだけでもうイッてしまいそうだったんですが、

この子にHなことを教えたら、どんな顔をするだろう…と

もうその子をイかせてみたい気持ちでいっぱいでした。

私はその子のズボン、パンツを脱がせました。

すると、結構大きめなおちん○んが硬くなって、上を向いていました。

いやらしいことしてるってわかってるのか、本能的に勃っちゃってたのかわからないけど

私は手でそれをさすりました。

その子は私の服の中で、

「おっおおー…おー何?何?うふ、ん、おー、おー」

とうめきだしました。

「あー何?あはっあーきもちいい、おぉーおー」

あぁ…気持ちいいんだぁ…と私はその言葉で興奮してしまいました。

だんだん強く、早くしごくようにすると男の子は声をださず沈黙しだしました。

私は自分の服をひっぱって、男の子の頭を出すと、

男の子は恍惚とした表情でうっとりしていました。

でも、気持ちよくなっているてめか、私のおま○こをピストンする指も

乳首を愛撫する舌も動きを止めてしまっています。

もう私は先へ進むことしか考えていませんでした。

私は、オムツ台の上に腰掛け、足をM字に開き男の子を自分の方へ引き寄せました。

男の子は身長が高く、丁度股関節がオムツ台のあたりの高さにくるんです。

私は男の子のおちん○んを握り、自分のグチョグチョのおま○この中に差し込みました。

ずっ…ちゅ…

私の中は凄いことになってました。

例えると、コンビにで200円くらいで売っているゼリー、あれぐらいHなお汁が滴って

グチョグチョでした。

男の子の腰を引き寄せ、一気に奥まで挿入しました。

「ッあ…!」

ピストンしたわけでもないのに、イってしまいました…私が。

おま○この中の圧迫感が凄くて、おちん○んが本当に熱いの。

男の子はその時点では「?」な感じでしたが、

私が彼の腰をつかんで、一度私のおま○こから抜き、もういちどゆっくり引き寄せ挿入させると

「あっ…ん」

とぞっとするくらい色っぽい声をあげました。

私がその子の腰を持ってそれを2、3回ゆっくり繰り返すと、

いきなり男の子がバン、と私の上体を押し倒して腰を打ち付けてきました!

「あっ!」「はぁぁぁあー」

その一突きに私と男の子は一緒に声をあげました。

お互いの顔が見える状態で、SEXしてる…まだ中学生か高校生くらいの子と!

そう思うとおま○こがキュウ、と熱くるのがわかって余計に感じてしまいました。

男の子は獣のように腰を打ち付けてきました。

「はっhぁぁ!あっあっ!あ!あっ…」

ぱん、ぱん、ぱん、ギッチギッチギッチ

腰を打ち付ける音、台が軋む音がリズムよく響きます。

リズムとともに、快楽が押し寄せてきて、

イきたい、でももっとしてたい、まだイきたくない、と気が変になりそうでした…

欲望のままに腰をふって、声をあげる男の子に私も欲情して

一緒になって少し小さめですが声を上げていました。

「あっ!あっすごぃすっ…ごぉぉい…!いい!い!あっあっ!あぁっあっあっあっ」

「あ〜おおー、おー!おー!ふっ…ふっ…きもち〜!きもちー!あー!」

「はぁっ…あっこのおちん○ん、あ!あっすっごいいやらしいことしてるぅ〜

あー…っあ、おちん○ん、イイ、ょお……!!!」

男の子の野蛮な腰使いでむちゃくちゃにかき回されて、もうイク、と思ったとき、

「あぁぁぁぁぁあああ〜…!」

男の子はさっきまでと違う雄たけびをあげて私の中でビク!ビク!と動きました。

「やッあ、あっあっ、あぁあーーー…!」

瞬間、中でイッたんだ…と知り、私もイってしまいました。

「はぁ〜……はぁ〜……」

男の子は私の上に乗っかって息を切らしていました。

私が動くと、おちん○んが抜けて、私のおま○こからポタポタポタ…と結構流れてきました。

あぁ…やっちゃった…!

私は妊娠の恐怖よりもこの子とSEXしてしまったことがバレるのが怖くて

その子のズボンをさっと履かせ、自分の身なりを整えると、

逃げるようにトイレを後にしました。



以来、土曜の診察には行っていないのでその子とは会っていませんが

毎晩あの子の乱暴なSEXを思い出してはオナニーしてしまします。

もしまた土曜の診察を受けてあの子と会うことがあったら

今度も誘惑してしまいそうです…

あの子がまた私に抱きついてきたなら、願ったりかなったりですね。

母親にばれないように、気をつけないといけないけど。



長文を読んでくださってありがとうございます。


告白体験談関連タグ

|||||||

【M男・痴女】知的障害を持った男の子に【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月13日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

このページの先頭へ