相互リンク先の更新情報!

【友達】わたしのママン【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


わたしのママンは教育ママンだった。

対面を何よりも重視して、たとえ90点をとっても

「なぜ10点分間違えたのか」

を聞いてくるようなママンだった。

私はそんなママンが嫌いで、あんな大人にだけはなりたくないと思っていた。

10歳のとき、わたしはとあることから、プチ登校拒否を試みた。

何もかもが嫌で、学校になんて絶対行くものかと思っていた。

ママンは激怒した。「対面」「成績」と毎日毎日怒ってわたしを怒鳴りつけた。

根競べが一週間くらい続いたのだが、ある日急に、ママンは怒るのをやめた。

部屋にいる私のところに来てただ、

「買い物行くよ」

とだけ言った。

ママンは私を連れて、近所のスーパーで生活用品の買出しをした。

普段学校以外に出歩かない昼間だったから妙な感じがした。

ママンは、もう怒らなかったし、学校についても何も言わなかった。




ただ無言で手をつないで、大根だのにんじんだのを買った。

今思えば、きっとあれはママンなりの精一杯の愛情だったんだと思う。

二日後、私は学校に行った。

少しだけ、照れくさかった。


告白体験談関連タグ



【友達】わたしのママン【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ