相互リンク先の更新情報!

【芸能人】有名人官能小説 上戸彩 【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


「お願い・・放して・・お願い!!」

ベッドに押し倒された彩は、その綺麗な瞳を潤ませて、

必死に抵抗しながら、この僕に懇願する。

放せだと?冗談じゃない!僕がこの日をどれ程夢にみていたことか!

「動いたら、傷が付くよ?」

顔にナイフを当て、僕は彩を黙らせる。

もちろん傷付けるつもりなんて、これっぽっちもない。

僕だって彩の可愛い顔に傷が付くなんて、イヤだ。

だけど、そんなことを知る由もない彩は、怯えきっている。

今にも泣き出しそうな彩の表情が、僕のペニスを硬くさせ、

妄想が頭の中を駆け巡る。僕は今まで、何度彩を想って、射精したことか。

今、その彩が現に目の前にいることが夢のようだ。

・・まさか、僕はまた夢を見ているのか?

恐る恐る手を伸ばし、彩の唇をなぞってみる。柔らかな、しかし、確かな感触。

そう、これは現実だ。ここまできたら、もう後戻りはできないんだ。




「大人しく言うことを聞けば、傷付けたりしないよ」

できるだけ優しい声で彩に言い聞かせ、落ち着かせると

僕は彩の両手を頭の上で揃え、用意していた縄でひとつに括った。

観念したのか、彩は宙を見つめ、大人しく横たわっている。

僕はナイフを置いて、彩の髪をそっと撫でる。

「彩、ずっと、ずっと君が好きだった・・」

僕は額に、頬に、そして唇にそっと口付けをした。

彩は宙を見つめたまま、まるで、人形のように動かない。

「彩!僕はずっと君が好きだったんだよ!」

もう一度、彩に口付けをしようとすると、彩は僕から顔を背けた。

苛立ちを覚えた僕は、右手で彩の顎をつかみ、強引に口付けをする。

左手は胸を鷲掴みにして、力任せに揉みしだく。弾力のある、柔らかい乳房。

「やぁっ!!」

口を塞がれ、声にならない声で、彩が叫ぶ。

潤んでいた瞳からは、とうとう涙がこぼれ落ちて、頬を伝う。

「お願い、やめて!!お願いっ!!」

「だめだよ、彩、もう・・もう止められない!!」

僕は彩の服を脱がしにかかる。抵抗する彩。この細い身体から

よくこんな力が出るな、という程に彩は暴れる。

「ちっ」僕は舌打ちをして、再びナイフを持ち出す。

「さっきも言ったけど、僕の言うことを聞いてくれないと・・」

彩は僕を睨みつけると、瞳を閉じて脱力した。

「良い子だ」

僕は引き続き彩の服を脱がせにかかった。

彩の白く、美しい肌が少しずつあらわになる。

「彩、綺麗だよ」

僕は彩の身体を隅から隅まで優しく撫でまわしてから、

純白のブラを一気にずり上げた。形の良い、少し小さめの乳房が揺れる。

その可愛らしい乳房の先には、まだ幼さの残る、薄ピンク色の乳首。

僕はその一つを指で弄び、もう一方を口に含み、優しく噛んでやる。

彩はビクッと一瞬身体を痙攣させた。

「気持ち良くさせてあげるからね」

乳首を摘んだり、舌で転がしては、甘く、時に強く、噛む。

僕の執拗な責めに、彩の身体が火照ってきているのがわかる。

上気した彩の顔は、とても艶っぽく、

「あっ・・あぁっ・・・」と、時折漏れる切ない声が

僕を何ともいえない気持ちにさせた。

僕は、胸から腰へ、そして、腰から彩の大事な部分へと指を這わせた。

パンティー越しに割れ目をなぞると、彩の秘部は湿っていた。

彩、濡れてるね?」

僕は、柔らかい彩の秘部を愛撫しにかかる。

まだ、直には触れてやらない。パンティーの上からそっと撫でまわすだけだ。

「っ・・・」

彩は顔を左右にふり、悶えている。

「仕方ないなあ」

僕はパンティーを脱がせ、彩の秘部に顔を近づけた。

自分の大事な部分を間近で直視されている羞恥心がそうさせるのか、

あとからあとから溢れてくる、透明の液。

「彩、彩のアソコ、ぐちょぐちょだよ。すごくいやらしい匂いがする。」

僕は彩への入り口をそっと舌で確かめると、音を立ててその蜜をすすった。

「ああぁっ・・ああっ!!」

彩は身体をビクつかせ、喘ぎ出す。荒くなる息遣い。

ぴちゃぴちゃと響く淫靡な音。

彩の甘い蜜を十分に堪能した僕は、その蜜が溢れてくるところに

中指をあてると、一気に挿し込んだ。

「はぁっ・・!!」

彩からため息が漏れる。

初めの怯えからは想像もできないほど、恍惚とした表情で

彩は今、僕に身体を委ねている。

僕は挿し込んだ指を抜いては、また挿して、彩の膣内を丹念に掻き乱した。

その度に彩の肉壁がクチュクチュといやらしい音を立てながら、僕の指に絡みつく。

「彩、どうしてほしい?」

僕は手を止めて、少し意地悪な笑みを浮かべて、彩を見る。

彩は息を弾ませながら、すがるような瞳で僕を見た。何か言いたげな口元。

「だめだよ、まだ。今度は彩が僕を気持ち良くしてくれなきゃ」

僕は彩の身体を起こし、膝まづかせると、ズボンとトランクスを脱いで、

いきり立ったペニスを彩の唇に押し付けた。

「彩、口をあけて」

僕は下を向く彩の顔を上げさせ、後頭部に手を添えると強引に

自分のペニスを突っ込んだ。

「んっ」

彩は目を閉じて、少し苦しそうに僕のペニスを咥えている。

「彩、歯を立てたらだめだよ?」

僕は彩の後頭部を押さえたまま、腰を前後に動かした。

眉間に皺をよせた、彩の苦しそうな表情が、愛おしい。

次第に彩の口元からは唾液が垂れ始め、チュパチュパという音が響く。

時折、ペニスの先が彩の喉に当たり、僕は思わず声を漏らした。

「うっ・・彩、気持ち良いよ、すごく気持ち良い・・・」

いよいよ射精感が高まり、僕は腰を前後させるスピードを速める。

「あっ・・ああぁぁっ!!」

僕は彩の口内に精液を出しながら、途中でペニスを抜き、

自分の手でしごきながら、残りを彩のピンク色に染まった頬にもぶちまけた。

彩の可愛いらしい顔が、自分の精液で汚れていく。

そう考えると、僕のペニスが収まるわけもなかった。

僕は彩を再びベッドに寝かせると、足をM字に広げさせ

あらわになった彩への入り口にペニスをあてがった。

そして、ゆっくり、ゆっくりと、彩の中へ・・・入っていった。

「ああぁぁっ・・!!」

僕の声と、彩の声が入り混じり、そのことがまた、僕を興奮させた。

彩の中はとても狭く、その肉壁が、僕を締め付ける。

僕は夢中になって腰を振り、彩を犯し続けた。

「彩、アヤ、あやぁっ!!」

そう叫びながら、僕は彩の奥深くを何度も、何度も突き上げた。

「ああっ、あああっ、やあぁぁっ!!」

彩はもう声を押し殺すこともなく声をあげ、身体を痙攣させた。

「あああっ、イクッ、彩、イクよ!!」

二度目の絶頂感を味わうため、僕はピストンを早めた。

「だめ・・ダメ!!いやぁぁぁ!!」

彩の叫び声と同時に、僕は彩の奥深くで、果てた。

「うっ・・ううっ・・」

僕のペニスは彩の膣内で、ドクン、ドクンとまだなお脈打つ。

残らず彩への想いを吐き出しているのだ。

精液が出切ったところで、僕はペニスを抜いた。

ぐったりとして、宙を見つめている彩。

その傍らで、僕も半ば放心していた。

どれくらいの時が経っただろうか。

僕はふと、彩の秘部に目を落とし、その中心を見つめると、

そこから、白い液体が流れ出ていた。

僕はそれを指ですくって彩の口に持っていった。

「彩・・・・」

彩はうつろな目で宙を見つめたまま、動かない。

―僕は名残惜しさを断ち切って、部屋を後にした。

あれだけ焦がれていた彩を、僕自身が汚してしまった罪悪感と優越感。

その何ともいえない複雑な感情でいっぱいだった僕は、そのとき

自分のしてしまったことの重大さに気付いていなかった。

―あれから、彩はテレビから姿を消し、あのマンションからも

いなくなってしまった。

彩・・どこにいるんだ? 

逢いたいよ、もう一度・・もう一度・・・。





出典:有名人官能小説 2ちゃんねる

リンク:忘れた


告白体験談関連タグ

|||||

【芸能人】有名人官能小説 上戸彩 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年5月28日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ