相互リンク先の更新情報!

【職場】片想いの宮田くん1【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


その日は彼が来る日だからと、入念にお掃除をしました。

一応、ベットメイキングも…。

あぁ…。早く彼、来ないかな…。って、ずうっと待っていたら…ピンポーン。どきっ!来たみたい…。

嬉しさに、早る気持ちを抑えながら、

「はーい。」

玄関に歩み寄って返事をすると、

「宮田(仮)です!」

って玄関の向こう側から、待ち続けていた彼の声がしました。「せっかくの休日なのに、ごめんなさい。

宮田くん、ありがとう。

入って…。」

と、宮田くんを部屋へ招き入れました。「宮田くん、これなんだけど…。」宮田くんについて少しだけ。

宮田くんは私の元同僚で、会社の男性の中では、唯一、仲良くなった男性。

ただ、仲良くなっただけではなくて、好きになってしまった男性でもあります。

今、私と彼は、私が会社をやめて、他の会社に勤めるようになったので、あまり会えていなくて…。メールで連絡はよくとっいた宮田くんに、配線の接続(得意なの)をお願いするために、

私の部屋へ、呼んだということなのですが…。実を言うと、私が宮田くんに会いたかった…ということで…、




宮田くんに会うための口実…なの。

時間は、夕方です…。「これか。まー、すぐだな。」

宮田くん、会いたかったよ…。と、

作業に取り掛かる宮田くんの背中に、想いをはせた…。作業を続ける宮田くん…。

背中を見続け、想いをはせ続ける私…。

目の前にいる宮田くんに、胸が熱くなります…。

そんな時間が数分続いて、作業が終わり…。「この後、予定ないなら、居酒屋行かない?

なんか、いろんなのちょこちょこ食べたいし、宮田くんと会うのも久々だしね…。」

「おー、いいよ!じゃ、どこ行くか〜。」少し時間が早すぎるからと、外をぶらついて、

近くでいいかって、一番近い居酒屋へ行きました。もちろん、私の提案で…。「宮田くん、何食べるの?やっぱりこれ?」

「もちろん!」

「飲むのも付き合ってね。

毎度で悪いけど、女だけ飲んでるのなんか嫌だしね。」

「久々だしな〜。ちびちび飲んで付き合うよ。」

飲んでくれなきゃ困ります…。いつも通りのお酒があまり得意ではない、

目の前にいる宮田くんが、いつも以上に眩しく見える…。

会話していても、笑っていても、おつまみ食べちゃう仕草も、

久々だからなのか、いつも以上に眩しく見える…。宮田くんといると、嬉しい…。

楽しい…。

私のことを、どう思っているのか、知りたい…。宮田くんに、予想以上にお酒をすすめることに成功して…、

飲み過ぎて気持ち悪がる宮田くんに、近いからということで、

私のお部屋で休ませることに成功しました…。「宮田くん、大丈夫…?」

と、背中をさする…フリ。

宮田くんの体を触るの、好きだから…。宮田くんに触ると、精神的に気持ちイイの…。

触れるから、酔わせたかったの…。

ごめんなさい、宮田くん…。

宮田くん…。貴方が、好きなの…。


告白体験談関連タグ

||||

【職場】片想いの宮田くん1【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月15日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ