相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】スキーから帰ってきてからのチエちゃん【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


スキーから帰った次の日、チエは朝から遊びにきた。

俺の両親は共稼ぎ、俺は一人っ子。だから家には俺1人。

俺は、自分の部屋に招き入れた。

今日は、セーターにスカート姿だ。

チエはベッドに座り、俺は椅子に座った。

何か飲み物をと思い、部屋から出ていこうとすると、

「何もいらない、ここに居て」と、俺の目を見て言った。

俺は、カーテンを閉めると、チエの隣に座った。

そして、抱き合ってキスをした。



俺は、右手をセーターの中に入れた。

そして、ブラジャーを外そうとすると、

チエ「待って…、私、急にこういうことになって戸惑いも有るんだけど、

○見君とセックスすることは良いの。でも、知らないことが多くて。

恥ずかしいけど、今、頭の中は、あのことでイッパイなの。」




俺 「俺も同じかもしれない。正直、あれからチエの事が頭から離れないんだ。」

と言うと、チエは、キスをして俺をベッドに押し倒した。

チエからの激しいキスを受けていると、

チエ「思い切って言うけど…、○見君のアレを見せて…。」

と言った。

戸惑い、焦る俺。

俺 「良いけど、どうした?」

チエ「凄―く、興味があるの。もし良かったら…。」

俺 「チョ、チョットまって、とりあえず綺麗にしてくる」

と言って、洗面所に行きムスコを洗った。



部屋に戻ると、チエは顔を上気させて、部屋の一点を見つめていた。

俺は、またチエの隣に座ると、チエは俺をベッドに寝かせ、

そして、「見せて」と言った。

俺は、オドオドしながら、ぎこちなくズボンとパンツを脱いだ。

一気に膨張したムスコが飛び出した。

これから、何が始まるのか?と言う期待と不安の中、

俺の手は、ムスコを隠そうとした。

その手を除けると、チエは両手でソーッとそれを触り出した。

そして、質問をした。

チエ「どこが感じるの?」

俺 「どこって…、先の剥けているところかな。」

チエは、色々触り出した。

俺は、すぐ逝っちゃいそうになったので、天井の柄の数を数えて紛らわせた。



チエは、裏筋・玉袋・根本などを触りながら「ここは?」とか聞いてくる。

俺が「そのシチュエーションには悶えるけど、逝くほどではない」と答えると、

チエは「ここが感じるんだ」と、傘を指でサワサワした

チエ「ここ全部が感じるの」

俺は傘のエラを指し「ここがベストで、ここから周りにやや弱くなるかな」

と答えると、ベストのところを軽く握って上下しだした。

俺は「やめろっ!」と軽く叫び、「出ちゃうよ」と告げた。



チエ「出るところが見たい」

俺 「この前見たでしょ?」

チエ「布団の中だもん、見えなかった。」

俺 「どうしても見たいの?だったら、オッパイ触らせるか、アソコを見せて」

と、思いつきでリクエストをした。本当はすぐ逝きそうだった。

チエ「どうして?」

俺 「その方が興奮するから、良く分かるよ」

チエ「どっちが良い?…ていうか、バストで良い?」

チエは、セーターの中でブラホックを外しセーターをまくった。

午前中の明るい部屋の中で見る、チエのオッパイはエロかった。

チエはベッドの横に座り、右手で俺のを握り、左手でセーターを上に持ち上げた。

俺はチエのオッパイを右手で揉み、乳首を摘んでいると、

瞬間で、逝ってしまった。



チエはその時を凝視していたが、その瞬間、手の動きを止め、

飛び出てくるものを観察した。それは、俺の顔の方へ飛んできた。

逝く瞬間、動きを止められた虚しさ、男なら分かるよね―…。(鬱)

後始末をした後、

チエ「フーン、おもしろーい。こんなに飛び出るんだ。」と

1人で感心していた。そしてすぐにまた、しごき出した。

俺 「ちょ、チョッと待って、すぐには無理だよ」

チエ「エーッ、何で―――.??」



そうは行くかって!!

(こいつ、何にも知らないんだナ―、と思った)

小さくなった、俺のムスコを、チエは「カワイイ」とオモチャにした。



俺は起きあがり、

「さー、今度はチエの番だぞ」とチエを寝かせた。

チエのスカートを覗いたり、中に手を入れて「エッチッ!」って、言われた後、

チエにキスをして、スカートを脱がせた。

俺は、パンツとソックス姿に興奮してきた。

俺 「チエ、自分でパンツ脱いでごらん」

チエ「イヤだ―――っ、脱がして良いよ」

俺 「チエが脱ぐところを見たい」

チエ「イヤだ―……、どうして?」

俺 「男って、いきなり裸が全部見えるより、その状況で興奮するんだよ」

チエ「でもさ―、」

俺 「さっき、チエは俺にどうしたんだよ、コラ!」

チエ「パンツ脱ぐとこ見られるのって、恥ずかしい以上に恥ずかしい恥ずかしいよ」

俺 「俺だて、さっきは晒しもんだよ。」

チエ「脱がして良いからさー、ほら、脱がせて。」

俺 「ダーメッ。脱ぐとこ見たい」

チエ「明るすぎるし、変態っぽいよ」

俺 「命令です、脱ぎなさいっ!!」

チエは、諦めた。

「キャー恥ずかしい」と言いながら、腰を浮かせ、それを脱いだ。

俺は、それが現れる瞬間、ゾクゾクっとした。

俺は、下の毛に口付けをし、毛の周辺に指を這わせた。

俺は「今度は、チエの感じる所を教えて」と、セーターを脱がせ、外れたブラを取っ

た。

そして、乳首にキスをして

俺 「胸は感じる?」

チエ「乳首を柔らかく触ると、気持ちが良い」

俺 「乳首以外は?」

チエ「触られてる、って思うと、興奮してくるかナ―」

俺は、胸に当てていた手を撫でながら下にずらし、▼地帯に指を入れた。

そこは、十分濡れていた。

切れ目にそって指を動かし、突起を指先で転がした。



チエは目を閉じ、その感覚を楽しみ出したようだ。

俺は、チエの両足を中が見えるほどに広げ、チエに聞いた。

俺 「チエが一番感じるのは、ここ?」

チエ「今は、そこしか知らない。中はまだ良く分からない」

俺は、ピンクに潤っている部分を、色々触ってみた。すると、

チエ「そっそこは……、」と腰を引いた。

俺の指は、オシッコの出口を触っていた。

やや強くして、更に触っていると、チエの反応が明らかに変わった。

かなり大きな声をあげて、頭を振り出した。

チエ「ダメ…、そこは…、そこはダメ……」

と、うわ言のように言い出した。

俺は、ますます強く触り、乳首を口に含み舌先で転がすと、



チエは、「止めて―――ッ!」と叫び、起きあがってしまった。

チエ「これ以上は怖いの。前に一度だけこうなった事があるんだけど、

   危ない気がして、これ以上できない、そこは止めて。」

と、フラフラになり、言った。

俺は驚いていた。こんな所が、強力に感じるのだと。

(これは、いずれ俺の武器となった)

また寝かせて、今度は穴の中に人差し指を入れた。

チエの反応が穏やかになった。

まだ違和感はあるのだろうけど、受け入れられるようになったようだ。

入り口を、円を書くように撫でたり、中の壁をやさしくなぞった。

上の方が感じるようだ。

すると中が、風船のように急に膨らんだ。

指先には何も当らない、空洞の中だ。



俺は、何が起きたのか分からなかった。

チエは「ア―――ッ」と叫ぶと、中の空気を外に出した。

「ごめんなさい…、恥ずかしい…」と言いながら。

それは、アソコがオナラをしたような感触だった。

チエはどうしてそうなったのか、分かっていないようだ。

俺は、俺のすることにチエが反応することが、嬉しかった。

俺 「チエは感じる所がイッパイあるんだね」

チエ「良く分からないの。何だか変な気分。感じすぎて、自分じゃないみたい」

俺 「チエはどこが良いの?」



チエ「さっきの所は凄いんだけど、癖になったら良く無いと思う。

   今はやっぱり、ここかな」と、突起を触った。

俺 「この中は?」

チエ「気持ち良いんだけど、まだ感覚になれてないの。もっとしないとね」

俺 「俺も始めてだから、何も知らないんだ。チエの反応を見て、

   いいのか、そうでもないのかを、覚えているところ。」

するとチエは、今度は俺を寝かせ、「○見君も脱いで」と

俺の上半身も裸にした。

チエが着けているものは、ソックスだけ。妙にカワユイ。

チエは、俺のムスコに触ったと思ったら、それを舐め出した。

横から、ぎこちなく咥えて、俺のベストなところに、舌を這わせよとした。

ムスコを捻ったりもした。

上手くいかないのを、チエは感じたようだ



チエ「どうしたら良いんだろう。横からじゃ難しいのかな?気持ちいい?」

俺は、チョッとひらめいて「上から舐めると気持ち良いかも」と言った。

チエ「上からって?」

俺 「こっちからやると、真上からできるよ」と

チエの体を自分の方に持ってきた。

チエ「どうするの?」

俺 「俺の上に乗ってごらん。」

チエは、俺の上に乗ろうとした。そして、

チエ「エ――ッ、そんなの・・・」と動きを止めた。

俺 「こうしないと出来ないよ」

チエ「だって、そんな格好、考えたこともなかった」

俺 「でも、俺はしてもらいたいなー」

チエ「エッチー、変態、こんな人だと思わなかった」

などなど、笑いながら、嫌がった。

俺はチエを寝かせ、横からチエのあそこにキスをした。



続いて、俺の下半身をチエの顔の方に近づけ、横になった。

チエはまた、俺のムスコをしゃぶりだした。

俺はタイミング見て、チエの腰を持ち、回転した。

チエは、俺に跨った。

そう、69の完成だ!!

チエは、お尻をすぼめる感じにして、完全にオープンではないけど、

それを俺の顔の上に持ってきた。

ムスコを咥えると、俺の傘の上(ベストのとこ)を

舌で舐め上げ出した。

俺はたまらず、チエの腰に手を掛け、アソコを俺の口元に押し付けた。

目の前には、大パノラマだ。



俺は、一度出しているので、何とかこらえている。

チエのピンクの潤いを、間近に見ながら、舐めまわし、そして、禁断の小口を愛撫した。

その時、チエは俺から唇を離し「アッ・・」と声を上げた。

チエ「ダメだってば・・、アン・・、ダメ・・」

俺 「グニュグニュ、ペロペロ、グニュグニュ・・」

チエは、下半身全部の体重を、俺の顔の上に乗せた。

思わず窒息しそうになったが、何とか鼻だけ、そこから外す事が出来た。



俺は手で、チエのお尻を少し持ち上げ、舌が入りやすくした。

どうやらチエは、禁断の小口を、指で触るのは抵抗があるが、

舌とか衛生的なものなら、安心した様子。

チエは「もっと・・」と、舌の動きにあわせて、腰を大きく動かしだした。

俺は一気にチエを攻めた。

舌で禁断の小口、左指で突起を、右指で穴を、同時に攻めた。

チエは、俺のムスコを力いっぱい握り、その感覚に耐えていた。

あそこからは、夥しい汁が流れ出てくる。

腰をガクガクさせながら耐えている。

俺は舌の攻撃をやめ、指だけで強めに愛撫した。

チエは、もう逝く寸前だ。

俺は、穴に人差し指を深く入れ、激しくピストンした。

すると、チエの動きが止まり、

「アーーーーーーゥッ・・!!」と絶叫した。

激しく逝ったようだ。



全身の力が抜けたように、グッタリと体重を俺に預けた。

俺は、力の抜けたあそこを、舌でやさしく舐めた。

まるで呼吸しているように、開いたり閉じたりしている。

落ち着いて、チエの体を下ろし、あそこを観察した。

すると、次第に閉じてきた。

さっきまでのような膨らみは消えていた。



しばらくしてチエは「全身が、どこかへ落ちていくような感覚。」と、

ボンヤリした顔で言った。

チエ「中が気持ちよかった。もう違和感はないし、癖になりそう」

俺 「もう痛くないんだ」

チエ「いっぱい濡れていれば、痛くないみたい」

俺 「そんなに凄いの?」

チエ「今までしていたのとは、ぜんぜん違う世界。毎日でも良いかも・・」

俺 「いいよ、毎日しよう。もう怖くはないの?」

チエ「ウン、恥ずかしいけど、自分がこんなにいやらしいとは、知らなかった」

俺 「二人だけの時は、いいんじゃない?」

チエ「もっともっと、したいくらい。」

俺 「俺は大丈夫だよ。チエの望むことは何でもするよ。」

と言い、チエのあそこに手を伸ばした。



チエは、「今、敏感になりすぎているから、チョッと待って」と、腰を引いた。

すると起きだし、俺のムスコを咥えて、激しく責めだした。

俺は反対に横になり、チエのあそこを広げた。

俺は、あっけなく逝った。

チエは、それを口で受け止め、飲んだ。

驚く俺。

チエは、俺の顔を見て、ニヤリと、いやらしい目で笑った。



少しの間、お互いの下を触っていた。

チエのあそこに、潤いが戻ったころ、俺もパワーを取り戻していた。



俺はおもむろに上になり、チエの中に入れようとした。

チエ「ダメッ・・、つけて」

俺 「少しだけ、このまま入れさせて」

チエ「絶対中にしないでね」

俺は、その感触を堪能した。温かいチエの中を。

チエも目を閉じて、それを味わっているようだ。

そろそろ、と思う時、いったん抜いて、ゴムをつけた。

そう、チエが買ったやつだ。



再び中に戻った俺のムスコを、チエは神経を集中して迎えた。

チエは自分から上になった。

大きく腰を振り出した。突起を俺にこすり付けている。

もう自分の世界だ。二日前に処女を卒業したとは思えない。

俺は、オッパイを下から持ち上げ、乳首を親指でころがした。

チエは、目を閉じ、少し口を開け気味にしている。



チエの動きがだんだん早くなってきた・

そして、

「アー−−ッ・・」という、とても大きな声を上げ、

「まだ続いている、ずーッと続いているの・・」と、尚も動いた。

しだいに、その動きがゆっくりになると、後ろに倒れた。

俺はその瞬間、手を引っ張り、その衝撃を和らげた。

俺のムスコは、一気に下にもっていかれ、痛かった。

俺は体を起こし、正面から突いた。

チエの呼吸が、とても荒い。

チエは、自分の太腿を持ち、大きく広げた。

そのチエの媚態を見ながら、俺はスピードを上げた。

そして、俺が頂点を迎える時、俺の膨張に合わせ、

チエも、何度目かのピークを迎えた。

俺は、思わず声を上げていた。



つながったまま、しばらくすると、チエはクシャミをした。

その瞬間、チエのあそこは、キュッっと、締まった。



後始末をして、チエは言った。

チエ「今、くしゃみしたら、あそこが締まったでしょう。自分で出来るかな?」

俺 「是非、覚えてくれ。できたら嬉しいな。」

チエ「どうしたら良いんだろう?本で勉強しようか?」

俺 「俺が買いに良くの?」

チエ「私がゴムを買ったことを思えば、本ぐらいなんでもない。○見君のためよ」

俺 「恥ずかしいよー」

チエ「アッそう。短い付き合いだったわね。」

といって、俺の小さくなったムスコを捻った。

そして、



チエ「中のほうが、断然気持ちがいい。上になると奥が刺激されて、分からなくなっちゃう」

俺 「外では、純情そうな女子高生。ベッドの上では、妖艶な女。」

チエ「今まで、頭で興味はあったけど、実際にこうなると、凄く楽しいことなのね」

俺 「楽しいね。毎日おいで」

チエ「どんどんエスカレートしていくんじゃない?」

俺 「本当のチエはどっち?まじめな女の子?それともいやらしい方?」

チエ「ヘヘヘェー、本当は、いやらしい方かな。前から、そういう気はしていたんだ」



チエは、これまでの時間を取り戻すかのように、どうしたらもっと感じるのか、

どうすれば俺が喜ぶのか、ということを、真剣に追求しだした。

時には、まじめな顔(先生に質問する時のような)で聞いてきたり、

自分のあそこを広げて、「今度は、ここをこうしてみて」と、リクエストした。

そのたびに、楽しむというより、探求するほうに熱心だった。

最後は逝くのだけど、それまでの経過は、事務的なことすらあった。

ある日など、俺の部屋に入ると、いきなり俺を全部脱がせ、

俺の、首や背中、乳首、脇の下、尻、内股、尻の穴などをなでたりキスをして、

「どこか、感じるところがあった?」と、レポートを取るように聞いた。

俺は、ムスコ以外感じるところがないので、

「イヤ、どこもなんともない、むしろくすぐったくて、萎縮しちゃう」

と言うと、突然「つまんない、もっと感じろ」と、くすぐりだす始末。

反対にチエは、最中に「肩にキスして」とか「栗を触って」と、言うようになった。



お金がないので、デートはもっぱら俺の部屋。

それも朝からが多かった。

近所に、チエの声が聞こえないかと、いつも冷や冷やした。

本当に大きな声を出す。それだけ、貪っているのだろう。



俺の前でのチエは、まったく恥じらいがなくなった。

あるとき、チエはチョッと考え、

チエ「これ欲しい?」とパンツを出した。

俺 「スキーに行く前だったら、悶絶しているけど…、今はいいよ」

チエ「どうして?」

俺 「下着って、その中にあるものを想像するから興味があるんで、

   中のものが目の前にあるんじゃ、こっちの方がいい」



スキー後、一週間で高校を卒業。

その間使ったゴムは、2ダースになった。





あと書き



チエが、もう私の妻だと分かっているので、書き辛かった。

Part5の反響を、チエに伝えると、読ませろと、しつこくせがまれ、

その根気に負けてしまった。

チエの感想は、俺が、それほど喜んでいた、ということが嬉しかったようです。



あれからのチエは、セックスを中心にしたスケジュールで、

その、表と裏のギャップに、俺も驚かされることが多かった。

ただそれは、俺と二人で居る時だけの秘密のような振る舞いで、

普段、外から見たら、純情なイメージは変わらなかった。



今も、「大好き」、は変わらず、当時より減ったとはいえ、ガンガン来ます。

相変わらず、俺は受身。







高校時代のえっちな思い出Part6


告白体験談関連タグ

||||||

【彼女・彼氏】スキーから帰ってきてからのチエちゃん【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月16日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ