相互リンク先の更新情報!

【友達】まだ続・隣の少女【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


五月二十六日(金)

昨日、ジジイにイカされた佳純ちゃんはあのあとどうしたのかな?

朝からバイト。ジジイがロッキーを散歩させていたが、俺に気付いていないので無視。

3時頃帰宅し、夜のバイトに備え、一眠りしようとしたら、

コンコン!

誰か来た。寝たいのに、誰だ?ドアを開けると、佳純ちゃんだった。なんだろう?俺に抱かれにきたかな?

「佳純ちゃん、どうしたの?」なにやら、くらーい雰囲気…抱かれにきたわけじゃなさそう。(当たり前)

「シンさん…あのう…」

なんかいやーな予感。

「とにかくあがって」

佳純ちゃんを部屋にあげる。

「どうしたの?」

佳純ちゃんはめそめそ泣き始めた。

「あの…グス…あの」

「泣いてちゃわかんないよ?」




「昨日、佳純、大家さんに言われて、エッチな写メを友達に送ったの」

ああ、真美ちゃんか。

「それで?」

「それでね…今日学校で、真美ちゃんに、佳純の写メは誰に撮ってもらったん?て聞かれたの……グス」

ふーん…俺はその真美ちゃんの写メを見たかったので、

「真美ちゃんの写メはどんなのなの?」

「……これ」佳純ちゃんは真美ちゃんが送ってきた写メを見せてくれた。

ひえー!確かに大胆だ。

風呂あがりなのか、頭にタオルを巻いた全裸で、昔流行った、だっちゅーの!のポーズをしてる写メ。

小学生とは思えない、ナイスバディ。

カラダだけなら、紗綾みたいだ。

「真美ちゃんは誰に撮ってもらったの?」

「妹だって……佳純は、兄弟いないし……」

「何て答えたの?」

「グス…彼氏って言ったの」

あらまあ。

「彼氏?佳純ちゃん、彼氏いたんだ!」とわざとらしく言ってみた。

佳純ちゃんはさらに泣いて、

「…いないです…」

そりゃそうよね。

「わかった」

「…グス…?」

「彼氏っていったら、誰とか写メ見せてって言われたんだ」

「はい…グス…どうしよう…」

そうかー。その手があったんだ!佳純ちゃんの彼氏になればいいのよ!

それなら、何かあってもジジイだけリスクを負うわけだ。ムフ。しかも、小学生ワールドが開けるかも!ムフ。

「佳純ちゃん?」

「グス…はい」

「佳純ちゃんはどうしたいの?」

答えはわかってるけどね、ムフ。

「シンさん、佳純の彼氏になって!」

きたきた。

「でも、佳純ちゃん、俺の事好き?」

「好きです」

「嘘?」

「本当ですよ…グス」

「じゃあ、俺の言う事は何でも聞くね?」

「うん」

「じゃあ彼氏になってあげるよ」

「ありがとう!」

おかしな会話だなぁ。

とりあえず、ツーショットの写メを撮り、それを真美ちゃんに送る。

さらに、母親に好印象を与えておく必要があるので、田舎から送ってきた漬け物と入浴剤を、俺からといって渡すように指示。

佳純ちゃんの母親なら御礼を言ってくる筈。

バイトがあるので、佳純ちゃんにはまた水曜日に来てもらう事にして、時間まで寝よう。

佳純ちゃんが夜メールを送ってきた。

シンさん、真美ちゃんうらやましがってたよ。

なかなかイケメンじゃん!だって!

イケメン?俺が?普通だろー。イケメンでもブサメンでもない。

しかし、真美ちゃんという友達……ヤリタイ。

五月二十七日(土)

金曜日夜からのバイトが朝終わり、帰宅。夜バイトなので、洗濯やら掃除を軽くしてから寝ようとすると、佳純ちゃんからメールが。と、同時くらいに、訪問者が。でてみると、佳純ちゃんの母親。

「隣の中島です。お休みでしたか?ごめんなさい」

「いや、いいですよ。何か?」

「漬け物と入浴剤を頂いたみたいで、ありがとうございました」母親は礼をした。

「いやいや、わざわざどうも。田舎から送ってくるんですが、何しろ食べ切れないくらい送ってくるんで、おすそ分けです。お口にあいますかどうか」

「いいえ。私も娘も漬け物は大好きですから、助かります」

「佳純ちゃんはいい娘さんですね」

「いいえぇ。生意気盛りで」

「ああ、お母さん」

「はい?」

「佳純ちゃんに今度、勉強を教えて欲しいと言われてましてね」

「あら、あの子そんな厚かましい事を?」

「よろしいですかね?勿論、私が休みの日だけなんですが」

「いいんですか?お願いして」

「勿論です」

ムフ。これで、俺達が互いの部屋にいても不自然じゃないな。

しかし、母親もなかなか色気のある雰囲気だね。ジジイにヤラレテるからか?

佳純ちゃんからのメールをみると、

澪(みお)ちゃん家にいます。

だから何?なメール。

もう一通きていて、

澪ちゃんです。と写メに澪ちゃんが佳純ちゃんと映っていた。

澪という子は随分子供っぽい感じな子。見た目は小学四年生くらいにしか見えないが、カワイイ。

さらにもう一通きていて、シンさん、お仕事頑張って!だそうです。

五月三十日(火)

日曜日、月曜日と、ほぼ通しでバイトを掛け持ち。

火曜日も昼からバイト。

その間、佳純ちゃんから頻繁にメールがくる。

ほとんど他愛のないメールだが、月曜日の夜のメール。

シンさん、火曜日に大家さんが来るって…

ナニィ?木曜日じゃないのか?

シンさんが佳純の彼氏なのに、大家さんとエッチしていいの?

とメールが。

何故に火曜日?

なんで火曜日なの?と返信すると、

木曜日は都合が悪いんだって。と返ってきた。

俺は火曜日に学校へ行く前に、部屋へくるようにメール。

母親が出かけてすぐに佳純ちゃんがやってきた。

「大家さんのいうこともきかないと。家賃払わなきゃいけなくなるよ?そしたら、ケータイ持てなくなるし」

「…うん」

「俺は大丈夫だから」

むしろ楽しみなんですが?

「わかった」

「それから佳純ちゃん、勉強教えてあげるからね。お母さんには許可もらったから」

「本当!?やったぁ」

「後、これね」隠し撮りカメラを渡して

「いつものようにするんだよ?」

「うん」

「終わったら、シンの部屋のドアの前に置いておく事!」

「はい!」

「じゃ、学校行っておいで」

「行ってきます」


告白体験談関連タグ

|||

【友達】まだ続・隣の少女【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月16日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ