相互リンク先の更新情報!

【職場】退社独立記念の宴会…後日談【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


退社独立記念の宴会





<>2848日目674こと無七志sageNew!04/04/0112:46ID:1LZRmCyP<>

さて、続きなんですが。(前半はまとめサイトをご覧ください)

Aが帰った後、さすがに疲れ切ってまして。

翌日、起きたのは、朝とは言え、「一応午前中」ってレベルでしたし。

腰が重いのなんのって。

で、煙草吸いながら、テレビをつけたんですよ。

電源切りっぱなしだった携帯の電源入れて、

留守電チェック。

一応、仕事でも使ってる携帯なんで、

急ぎの仕事でも入ってたらやだな、と。

まして、今日からフリー。

目の前にぶら下がった仕事は逃せません。




「ぴー、新しいメッセージは4件です」

4件? 土日に? 別に急ぎの仕事もないはずなのに?



<>2878日目674こと無七志sageNew!04/04/0112:50ID:1LZRmCyP<>

「ゴゼンゴジサンジュップン」(時間は大体そんなところだったって記憶です)

なんだ、その時間は?

「あ、先輩? 寝てますよね、Bです。じゃ、また」

また、ものすごい時間に電話してるな・・・・なんでまた?

「ぴー、ゴゼンゴジヨンジュップン・・・ぷつ、つーつーつー」

「ぴー、ゴゼンゴジヨンジュウゴフン・・・ぷつ、つーつーつー」

「ぴー、ゴゼンロクジニフン・・・あー、いいや・・・つーつーつー」

最後のは男の声です。聞き覚えがあるんだけどな・・・

電源切っていたせいで、履歴が残ってません。履歴があれば、誰からかわかるのに。

でも、なんでBが?夕べは思いっきり酔っぱらってたけど、

なんでそんな早朝に起きて電話してくるんだ?

うーん・・・腹減った、などと考えていると携帯が。

「はい?」

「あ、R?」

社長でした。でもなんで社長?



<>2898日目674こと無七志sageNew!04/04/0112:54ID:1LZRmCyP<>

「なんでしょう?」

「あー、あのさ、荷物って、いつ運び出すんだっけ?」

「あ、火曜か、水曜には。鍵もそのとき返しますから」

って、その話はとっくにしてるんだけど。あ、思い出した。留守電の声、社長だ。

「社長、朝、電話くれました?」

「あ、ああ、それ、俺」

「なんかあったんすか?」

「あー、あのさ・・・」

なんか、言いにくそうです。

「あー、お前さ、Bと付き合ってる?」

はい? なんで、そんな話が?夕べの様子を見ていたとして、Aとって聞かれるならまだしも。

「別に、なんもないっすよ?」

「あ、それならいいや、ちょっと気になっただけ」

それで早朝に電話するかぁ?



<>2938日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:00ID:1LZRmCyP<>

「あー、あれだ、ほら、Bってお前に懐いてるだろ?一緒に辞められたら困るからな」

まぁ、そりゃ、事実だろうけど・・・いまさら・・・なぁんか、嫌な予感・・・

「んじゃまぁ、お前も仕事ガンバレよ」

とってつけたような・・・で、電話は切れました。

うーん、これは、間違いなくなんかあったな、と想像できますが。

いまなら、すぐさまぴんときますが、この時はそこまで頭が回りませんでした。

で、かなり疲れていたし眠かったもんで、そのままぼうっと寝てしまったわけです。

・・・・・・・・

で、携帯が鳴りました。びくっとして発信番号を見るとB。辺りはすっかり真っ暗だったりして。



<>2978日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:04ID:1LZRmCyP<>

「・・・・あ、どした?」

「あ、R先輩?(究極超人ではない)」

「うん、だけど、今朝も電話貰ったろ?」

「はい・・・・」

「えっと、それはもういいんですけど・・・」

どうも歯切れが悪い。

「なによ?なんかあった?」

「いえ・・・あの、辞めるときって、どうしました?」

社長との電話が蘇ります。

「辞めたいの?」

「・・・・・・・・」

図星のようですが、昨日までそんな話は一言も聞いてません。

もちろん、わたしに話している必要もないんですが、どうも話が急です。

「なんか、あったろ?」

「いえ、別に・・・・」

ほんとに歯切れが悪い。普段ははっきりものを言う子だけに、それが際だちます。



<>3008日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:07ID:1LZRmCyP<>

「わかった、電話じゃなんだから、明後日、俺会社に荷物取りに行くからさ、その後でいい?」

「はい、何時頃ですか?」

「午後には行くけど、荷物の整理とかいろいろやってたら夜になると思う」

「わかりました・・・」

それで電話は切れました。

まぁ、Bは既に書いたようにナイスバディ。そこそこ仲も良かったんですが、

彼氏がいるってことでわたしにとって「圏外」ではありました。

しかしねぇ、そりゃ、一度お願いしたいって気持ちはありまして。

会社を辞めてしまうと縁が切れてしまうと思っていたんですが、この様子だとそうはならないようです。

それがちょっとうれしい反面、社長に言われたことも気になります。

Bが辞めるのをわたしのせいにされて恨まれても困るし・・・



<>3038日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:13ID:1LZRmCyP<>

で、早くもその明後日になりまして。事務所で荷物整理をしながら雑談です。

みんなから「R、お前、べろべろだったなー」とか、「ちゃんと帰れたか?」などと言われ、適当に誤魔化します。

その会話に参加してるAがときどき、意味ありげに目配せするんですが・・・

昨日、携帯に何度かかかってきたんですよね、Aから。

タイミングが悪くて出られなかったんですが、返信しなかったのも事実で。

それでちょっとバツが悪かったり。荷物を宅配便に預けたり、一段落ついたのは夜7時を回ってました。

「それで、今日はどうするんだ?」

社長が聞いてきます。

「さて、まぁ」

と曖昧に返事。するとBが

「あ、わたし、打ち合わせ行って、直帰します」

と出かけてしまいました。なるほど、これはピンときます。

わたしがそろそろ帰るので、近くで待っているつもりでしょう。



<>3078日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:17ID:1LZRmCyP<>

それを聞いてわたしは、

「まぁ、もうしばらくここで休んで、帰りますよ」

と話を打ち切り、エレベーターホール脇の階段室に。

ここは、喫煙所にもなってまして。で、誰もいないのを確認してBに電話。

「そのへんにいるんだろ?」

「はい、もう出られます?」

「もうちょっと。出たら電話するから、適当に時間潰してて」

すぐに電話を切って煙草を一服してるとAがやってきました。

「ねぇ・・・・」

目が変わってます。仕事してる目じゃない。潤んでるというか・・・いきなりキスされました。

「うわ・・・」

「ん・・・・・」

もういきなりディープです。ねっとりした舌がからんで・・・頭の中にあの夜の乱れっぷりが蘇り・・・・

「はぁ・・・・」

口を離すと、糸を引いてます。AってこんなHっぽかったっけ?と。

「なんで電話くれなかったの?」



<>3098日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:23ID:1LZRmCyP<>

昨日のことですね。えっと、それは

「いや、単にタイミングが悪くてさ。結構、バタバタしてたから」

「ほんとに?」

「ほんとだって」

Aはそう言いながら体を密着させてきます。

たわんだブラウスの胸元から、真っ赤なブラが・・・・エロい。

「じゃ、今日は?」

えっと、そう喋る唇が赤くてエロい・・・こんな赤い口紅つけてたっけ、いままで?



「いや、今日はこの後用事があるからさ」

「ほんとに?誰と?」

間違ってもBと、なんて言えない雰囲気です。

「ほら、C社のディレクターと営業に呼ばれててさ、

 なんか、俺の独立祝いとか言って」

「そっか、それじゃしょうがないね」

といいながら、Aは体を離しました。

「じゃ、また電話するね、Rさんも電話してね」



<>3138日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:26ID:1LZRmCyP<>

こ、これは・・・・Bと約束してなかったらこの場でフェラくらい・・・・

いえ、すぐそばのホテルに直行でしょう。余計な約束しなきゃ良かった、と。

で、事務所を出て、すぐにBに電話。Bは近くの喫茶店にいました。

もう夜8時くらいになっていたので、喫茶店から出させて、ちょっと離れた少々高級な居酒屋へ。

この居酒屋、店内が適当に暗くて、座敷席が高い衝立で仕切られてまして、少人数でいくにはいい雰囲気なんです。

そこでたわいもない話をしながらビールを飲み始めました。

最初はいろいろと「独立してどうするんですか?」とか、ほんとにたわいもない話をはじめながら。

で、わたしもBもそこそこ以上に酔いが回りだした頃

「わたしも辞めようかな・・・」

そう、電話でもそう言ってました。これが今日の本題のはず。

「やめてどうする?お前じゃ、まだフリーでやっていくほどのツテも経験も足りないんじゃない?」

「そうなんですけど・・・・この仕事じゃなくても・・・」

Bがイラストレーター志望ってのは知ってます。でも実際の仕事は8割がデザイン。

その辺でギャップがあることは想像できましたが。



<>3178日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:31ID:1LZRmCyP<>

「まだ判断するのは早いと思うけど」

「でも・・・」

また歯切れが悪い。

「なんか、他に理由ある?」

ここで「R先輩がいなくなっちゃうから・・・」なんて答えを期待したのは酔いのせいです。

「社長が・・・」

はい? あの社長が何か?

「社長と何かあったの?」

まぁ、小さな事務所ですから、社長と齟齬を起こすと居づらいのはわかります。

「えっと・・・・誰にもいいません?」

まさか、社長に強引に迫られてるとか・・・・

そういえば、社長と前に「Bっていい体してるよな」なんて笑いあっていた記憶も。

「社長に・・・されちゃったんです・・・・」

思考が停止しました。



<>3208日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:37ID:1LZRmCyP<>

サレチャッタ?

ってことはアレですか、社長のちんちんが刺さったんですか?

舐めたんですか? オパーイも舐められたんですか?社長の上で腰ふったんですか? もしかして飲みました?

さっきのAのエロモードと酔いが重なって、脳内で様々な風景が。

「で、それいつ?」

わたしの声がうわずっていたと思います。

「この間・・・先輩の送別会の後・・・」

「ど、どこで・・・」

「事務所で・・・・」

酔ったBを送ると言いながら、社長はBを事務所に持ち込み、有無を言わさず押し倒したそうです。

Bはかなり抵抗したそうですが、酔いもあって逆らいきれず、ヤられてしまったとのこと・・・

あの事務所の電気はそれだったんですね・・・・じゃ、あのとき、わたしとAが事務所に入っていたら・・・・

「そりゃ、ひでーな・・・・」

そんなことしか言葉になりませんでした。

その一方で、ちんちんが勃っていたのは、ここだけの秘密です。

だって・・・このナイスバディが・・・・蹂躙されたなんて・・・想像するだけでも先走ります・・・



<>3248日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:41ID:1LZRmCyP<>

「そりゃ、居づらいわな・・・」

Bは心と体が一致していないわたしの言葉に頷きました。

「で、社長はその後は?」

「会社では何も・・・・」

会社では? じゃ・・・外では・・・・・

「電話かかってきたり・・・・仕事のこともあるから着信拒否できないし・・・」

「で、お前は、その気、ないんだろ?」

思いっきり深く、Bは頷きました。

「うーん・・・悪い、すぐいいアドバイスできねーや・・・」

何を言っても無責任になりそうで・・・・ちんちんは勃ってますけど・・・

「いいです。話、聞いてもらえただけでも。少し楽になりました。自分で決めることですもんね」

「もしかして、社長と続く?」

「それはないです」

きっぱりです。社長が少しかわいそうな気も・・・しません、これっぽっちも。

そうこうしながら、ビールはウルトラハイピッチ。わたしは若干抑え気味ですが(先日の記憶が残っているので)、

Bはこの間以上のペースです。飲まなきゃ話せないって感じで。



<>3298日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:46ID:1LZRmCyP<>

「まぁさ、そのうち社長も諦めるだろうしさ・・・

 そりゃ、そんなことする人のところで働けないだろうけど、少しだけ様子を見てさ」

なんて、何の役にも立たない、説得力無しの話を続けていました。

で・・・時計はなんとすでに零時・・・・4時間近くですか。飲み続けましたか。

気付いてみれば、Bは真っ赤な目で揺れています。わたしも押さえていたとはいえ、そこそこには酔ってます。

営業時間が終わるようで、わたしはBを抱えるようにして店を出ました。

Bは背が高くて大柄なので、結構大変です。で、平日の終電近い時間となると、人がどんどん駅の方に向かっていきます。

「どうする?」

「あ、Rさんが三人いる」

完全にできあがってます。当然、この段階では「ヤれるかも」が頭に浮かんでますが、

まずAとの一件があり、社長のレイプがあり・・・強烈なブレーキがかかってました。しかし、Bはまともに歩けず。

とりあえず、近くの雑居ビルの入り口脇に二人して座り込みました。



<>3368日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:51ID:1LZRmCyP<>

「大丈夫か?」

「うー、ちょっと頭痛い・・・・」

このまま電車かタクシーに乗せてしまうのも酷。とはいえ、このまま路上に居続けるのも辛い。

「休みたい・・・」

なんですと? それはアレですか、ホテルに入りたいと?

「いまからちゃんと休めそうな場所って・・・一つしか思い浮かばないけど・・・」

「そこでいいです・・・・」

こらーーーーーー!

で、Bを半ば抱えるようにして、近くのらぶほへ。平日は空いていていいですね。

しかし、頭の中では「いや、ここでヤってしまったら社長と同じ」とか

「Aにバレると非常にマズいことになるような気が・・・」と否定的な意見が多く。

とにかく、部屋に入って、Bをベッドに寝かせました。

わたしはソファに座って、ポカリを冷蔵庫から取り出して・・・煙草に火。これは絶好のチャンス。しかし・・・・・



<>3428日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:55ID:1LZRmCyP<>

「うん・・・・・」

Bが少し苦しそうにベッドの上で身をよじりました。

あの、トレーナーの上からでもその巨乳がぷるんと揺れたのがわかります・・・・

「あ、シャワー、浴びてくれば?ちょっとは楽になるかも・・・・」

「うん・・・・」

Bがもぞもぞと起きあがって、のたのたとシャワーへ・・・・って、全部、ガラス張り!

いや、狙ったわけではないのだ、断じて・・・Bはそんなことに気付いてないのか、気にしていないのか、

もそもそと服を脱いで・・・・黒のブラ&ショーツ・・・・・ おおう・・・乳、でかい・・・

ケツ丸い・・・・乳輪、薄い色で小さい・・・・あ、乳、でかいのに全然垂れもせず・・・・・思ったよりウエスト細いんだな・・・

あ・・・・毛薄い・・・・・・・・シャワーの音がし始めます。

もう、目が釘付け。煙草の灰、テーブルの上に落ちます。そうか、若い肌というのはこれか。



<>3498日目674こと無七志sageNew!04/04/0113:58ID:1LZRmCyP<>

シャワーの水を弾いてます。しかし、なんてスタイルがいいんだ・・・

この体を社長は、揉んでしゃぶって好きなように・・・・許せん。

と、ガラスが湯気で曇ってきて・・・・これじゃ見えん!

わたしはガラスにへばりついてました(情け無い)。

15分くらいしたでしょうか?

シャワーの音が止まったので、わたしは慌ててソファに戻りました。改めて煙草に火を・・・・

出てきたBは体にタオルを巻いて・・・あれ?方にはブラストラップが。なんだ、タオルの下は下着、着てるのね・・・

とはいえ、まだ心の中の葛藤は良心優勢。

「先輩、迷惑かけてすいません・・・・」

「いいよ、気にしないで」

と、いい人ぶりながら、「じゃ、俺もシャワーだけ」と立ち上がりました。

シャワー、速攻ですよ。ちんちんびんびん。馬鹿息子、いまは抑えろ、なんて思いながら。



<>3538日目674こと無七志sageNew!04/04/0114:01ID:1LZRmCyP<>

でも、この状況じゃ和カンじゃない?なんて思いも。いやいや、いけませんよ、彼女は傷ついてるんだから・・・・

シャワーから出るとBはベッドの中にいました。タオルは床に落ちてます。ってことは、下着姿のBが・・・

あの黒のエロい上下で・・・・・・・・・・・寝てます。寝息立ててます。

はぁ、と大きく溜息を吐いて、ソファで煙草を。そうだよな、いけないよ、こんなことでHしちゃ。

苦笑いが口元に浮かびます。そうだ、これでいいのだ、これで・・・・眠い。

わたしはどこで寝るんでしょう?ソファは嫌です。まして床なんて、風邪ひいちゃいます。

せっかく大きなベッドがあるのに・・・・そうか、大きいから、ベッドに入ってもBと密着しなくて済む・・・・

はい、葛藤しながらもヤりたくてヤりたくてしょうがないわけです。

わたしはベッドに滑り込みました。掛け布団を上げたときに、ハBの下着が見えて・・・・

こうして見るとなんてエロい体なんだ・・・Bの隣に寝ころんで布団を掛けました。すると・・・

Bの目が開いてこっちを見てる・・・・



<>3698日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:00ID:1LZRmCyP<>

「R先輩が三人いる・・・・」

「天井、回ってるぅ・・・・」

「ちょっと頭痛い・・・・」

と甘えたように言ってきます。もう目の前で横たわったBが潤んだ目でそう言うんですよ。

わたしはたまったもんじゃありません。これで我慢しろっていうほうが無理です・・・・

「そうだな・・気分悪い?」

「うー、ちょっと・・・・回ってるよぉ・・・」

「治るおまじない、教えてやろうか?」

「教えて・・・・」

わたしは、Bにキスしました。

いきなり、舌をねじ入れます。それくらい、せっぱ詰まってたんです。

舌と舌が絡み合って・・・Aに比べるとちょっとぎこちない感じがまた・・・

「んぅ・・・・」

Bも自然と舌を絡めてきます。そこで一度、唇を話しました。上目遣いでBがわたしを見つめています。

「あぁー、先輩、キスしたぁ・・・・」

その何処か甘えたような言い方にスイッチオン!再びキス、キス、キス・・・・



<>3738日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:05ID:1LZRmCyP<>

思いっきりBを抱きしめます。ぐいぐい、締め付けるように抱きしめながら

舌を絡み合わせて・・・・手を背中に這わせます。

すかさずブラのホックを外し、背中に手のひらを這わせていきます。

「んんぅ・・・・ん・・・・」

軽く身をよじるB・・・・でも逃げるような感じじゃありません。

わたしとBの体の間で、ブラが外れて遊んでいます。

そこからあのオパーイが・・・わたしが着ていたらぶほのあのうすっぺらい寝間着なんて、ないも同然。

片手を前に回してオパーイを・・・・おおう。

手に余る。弾力がある・・・・乳首たってるぅ・・・・

「あんぅ・・・・」

わたしは体をずらして、胸元に顔を落としこみました。

仰向けではなく横を向いているので、自然と谷間が出来てます。

その谷間に舌を這わせて・・・・乳首、突撃!



<>3758日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:12ID:1LZRmCyP<>

舌先をすぼめて、乳首をつんつんと・・・

「あ・・・や・・・・んぅ・・・・」

嫌じゃないでしょう、これは。この反応をみて、わたしはもう胸にむしゃぶりつきます。

もう、ほんと、むしゃぶりつきたくなるようなよいオパーイでして。顔を押しつけると押し返してくる・・・・

「あ・・・やんぅ・・・んぅ・・・・・」

だんだん大きくなるあえぎ声は、Aより少し低め・・・普段、男っぽく振る舞ってるだけにそれがまた。

胸をたっぷりしゃぶりながら、背中に回した手を下に。まぁるいお尻をなで回して、ショーツを脱がせます。

するするとショーツを下げて・・・・お尻から合わせ目の億に指を・・・・濡れてるぅぅーーーーーー!

舌を胸から離して、おへその舌に侵攻させます。

体を下げつつ、足を押し開いて・・・・邪魔な掛け布団はぽいです。

目の前にBの薄い茂み&既に光ってる襞ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

びらびらはそんなに大きくなくて、でもちょこんと顔を出してるクリ・・・

れっつごー。



<>3808日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:20ID:1LZRmCyP<>

クリにキス。吸い込むようにキス。

「ひぃぃんんぃ・・・・・や・・・やぁぁぅ・・・」

びくんとBの体が跳ねました。構わず、クリにディープキスです。

指で薄い襞をかき分けて、温かく濡れた奥に突入。これは狭い。中指で一杯です。

「あ・・やぁぁんぅ・・・んぅはぁぁ・・・・」

もうたまりません。ぐちゅぐちゅの襞の奥で、指が締め付けられてます。

指を奥に残したまま、体をズリ上げて、オパーイにもう一度キス。それから、唇にディープキス・・・・

さっきより温かくなった舌を絡め合いながら、指を出し入れ・・・

「やんぅ・・・はぁぁんぅんんぅ・・んくぅ・・・・」

はう・・・・Bの手が・・・わたしの燃えるものを・・・・

すりすりと・・・・でもどこかぎこちない手つきがまた萌えます。

こ、これは、もう、いいでしょう?

わたしはBの体が仰向けになるように、肩を押しつけるとそのままのしかかります。Bの足は自然に開いてます。

指を抜いて・・・・ぬとぬとです・・・・キスしたまま、宛って・・・・ぐいっと押し込み・・・ま・・・す・・・





<>3838日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:27ID:1LZRmCyP<>

「はぁぁんぅ・・・・んぅ・・・・あ・・・・」

キツい・・・・ぎゅぅっと締め付けられながら、わたしのものが入っていきます。

狭いけど、よく濡れてるのか、入らないわけでもなく・・・・中が動いてる見たいに包み込んでくれます・・・・・

わたしは体を起こすとBを見下ろしました。

入ってるだけでこの快感・・・・わんだほー。仰向けでも崩れないオパーイもでんじゃらす。

Bの両手を取って、おへその上あたりで交差させます。オパーイが強調されて・・・・すばらしい風景が・・・

そのまま腰を動かし始めると・・・・揺れる胸!

「あ・・・や・・・・あんぅ・・・はぁぁやぁ・・・・」

動きにあわせてぷるぷると揺れる胸、喘ぐB・・・・さらにぐいぐい締め付けてくる・・・・

んぽんぽ・・・と入ってるところから音が聞こえてきそうです。

こ・・・このままではイってしまう・・・・体勢を変えないと・・・・

わたしはBの上にのしかかると背中に手を回して抱き上げました。



<>3848日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:32ID:1LZRmCyP<>

対面座位です。目の前で揺れるすばらしきオパーイ。

これはしゃぶりつくしかありません。でも、こうなるとBの腰の動きが、ぎこちない。

おかげで少し持ちそうですが・・・・Bの腰に手を回して、動きを促しました。

「や・・・やぁぁんぅ・・・せ・・・先輩・・・」

腰の動きがぎこちないのがまた・・・・これもいい・・・・

オパーイしゃぶりながらも揺れる胸で軽く乳びんたってのもいいです・・・

わたしはそのまま仰向けになりました。

今度は騎乗位です。おおう・・・下から見る揺れる胸は股絶品・・・・

腰のくびれもその胸を強調してます・・・・

ぎこちない腰の動きに任せながらも時々、下から突き上げて・・・・

「やぁぁぁんぅ・・・はぁ・・・んぅあ・・・んぅ・・・・」

手を伸ばして胸を揉みしだきます。



<>3898日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:37ID:1LZRmCyP<>

まさに揉みしだくという表現はこのためにあるもの・・・・手のひらを押し返してくる感触がたまりません・・・

「あんぅ・・・・R・・・・せんぱぁいぃ・・・・」

これをあの社長も味わったのかと・・・・

しばらくそうしているとまた奥がぎゅうっときつくなってきて・・・このままじゃイってしまいます・・・・

と、そこで気がつきました。ナマです。ヤバイです。このままイくわけにもいきません。

わたしは体をずらして、んぽっと抜きました。

「やんぅ・・・・・」

Bの下から体を抜きます。Bはそのまま俯せになりました。

やや不安を感じながらも、ベッドサイドにあったゴムを素早く装着。よし・・・・バックだ・・・・

わたしはBの後ろに周り、まんまるのお尻に手を回しました。

合わせ目から見える襞からは・・・垂れてます・・・白濁した粘液が・・・・太股まで濡らしてます・・・・

腰を持ち上げて四つん這いに・・・・宛って・・・押し込んで・・・



<>3928日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:41ID:1LZRmCyP<>

「はぁぁんぅ・・・・」

入ることは入ったけれど、なんか、感じが違います。奥まで入らない・・・

というか、動くとすぐに抜けそうに・・・・気がつきました。Bの足が長すぎるんです。

わたしが膝をついていると、Bの腰の位置が高くて、合わないんです。わたしだって一応、175あるのに・・・・

こうなれば、あれです。わたしは立ち上がると足を広げて四股を踏むような姿勢に。

そのまま、ゴー! Bの腰を抱えて、ガスガス突きます。こ、これなら奥まで・・・・

「やぁぁぁんぅはぁっぁんぅやぁぁぁ・・・・・」

ひときわ大きくなったBの声・・・・

「あ・・やぁぁぁんぅ・・・だ・・・だめぇ・・・・・」

何が駄目なんでしょう? というか、これ、動きが激しくて、わたしもだめです・・・・

Bがベッドに顔を押しつけて、シーツを掴んでます。

「やぁぁ・・・あぁぁぁんぅ・・はぁぁ・・・・だめだめぇ・・・・

 し・・・しんじゃ・・・うぅ・・・・・」

死にますか、そうですか。わたしも昇天します。



<>3958日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:46ID:1LZRmCyP<>

「ひやぁぁぁんぅ・・・・・」

思いっきり奥に突き入れたところで、果てました。

自分でもびっくりするくらいびゅぅっと出ました。

そんなことはないでしょうが、ゴムが破れたかと思うくらい・・・・

そのまま、Bの背中に覆い被さって・・・・ぬぽんと抜けました。

見るとほんとにたくさん出てます・・・・

Bの横に寝転がると、Bはわたしの方を見てます・・・頬が赤くなってて・・・

「はあぁ・・・・・R先輩・・・・」

そこで、またキスしました。しばらくキスを交わして、それからゴムを外して・・・・

ソファに移って煙草を一服。まっぱだかでソファに座るのはマヌケです。

Bはゆっくりベッドの上に起きあがってぺたんと座ってます。

「治った?」

「ううん・・・まだ・・・・」

「じゃ、シャワー浴びようか」

Bは頷きました。



<>3998日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:50ID:1LZRmCyP<>

Bの手を取ってバスルームへ。シャワーを出して、ついでにバスタブにもお湯を張ります。

まだぼうっとしてるBにシャワーを浴びせて、全身、アワアワで撫でるように洗います。

「あ・・・んぅ・・・・」

ときどき、小さく喘ぎ声が。20代前半の肌です(こう言うと自分が親父のようです)。

お湯を弾いて・・・アワも流れるように。シャワーでアワを全部洗い流すと・・・

「こんどはわたしが洗うぅ・・・・」

願ったり叶ったり。わたしはいわゆるスケベ椅子に座りました。

Bはぎこちない手つきでわたしの体をアワでなで回します。正直、くすぐったいんですが。

その手がわたしのものを・・・・このぎこちなさがまたいい・・・

彼氏がいるはずなんだけど、そんなに男性経験ないのかな?と思いました。



<>4038日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:54ID:1LZRmCyP<>

で、アワを流し終わる頃に、バスタブにお湯がたまりました。

わたしが先に入ります。あとからBが。らぶほの広い風呂とはいえ、良くできてます。

広いけれど、かならず二人では入ると体が触れ合うようになってますね。

向かい合っても、足と足が絡み合って。

「なんだか・・・こういうのヘン・・・・」

どういうのでしょう? いきなり二人で風呂入ってることでしょうか?わたしとHしちゃったことでしょうか?

「そうか?」

なんていいつつ、Bを引き寄せます。Bの体の向きを変えてお腹に手を回します。

わたしの上に重なるように座らせて・・・お尻の割れ目にわたしのものがあたる感じ。

早くも半勃起状態です。お腹に回した手をゆっくりオパーイに。

気がつくと・・・・オパーイ、浮いてますよ。びゅーてほー。

そのままパーイを掴んで揉みます。乳首摘みます。耳を甘噛みです・・・・

「あ・・・んぅ・・だめ・・・・さっきしたばっかり・・・」



<>4098日目674こと無七志sageNew!04/04/0115:59ID:1LZRmCyP<>

そう言いながら、抵抗してません。片手を下に。お湯じゃないぬめりが既に。

狭い中に指を突っ込んで、かき回します。親指でクリを擦りながら。

「あ・・やんぅ・・・んぅ・・・だめ・・・・」

もう息が荒くなってます・・・・こうなったらさっきやり残したことを。

わたしは立ち上がるとバスタブの縁に腰掛けました。

「してくれる?」

Bの耳を触りながら、ゆっくり誘導します。半立ちですが、これならなんとか。

「うん・・・・」

Bはちろっと舌をを出しました。その舌先で・・・んぅ。

ぺろっとカリを。柔らかい唇も当たります。でも、どこかぎこちない。慣れてないんでしょうか?ならばやることは一つ。

「もっと舌を出して・・・・袋のところから舐め上げて」



<>4158日目674こと無七志sageNew!04/04/0116:02ID:1LZRmCyP<>

「はい・・・・」

素直です。ぬろろっと舌が袋からあがってきます。

「で、舌で巻き取るみたいにして・・・・」

温かい舌がわたしのも舐め取っていきます。あっという間に戦闘準備おっけー。

「それでゆっくり含んで・・・」

唇にもうぱんぱんに張っている頭が挟まれて・・・・おおう。

「そのまま・・・・奥まで・・・・」

「んんくぅ・・・・・・」

入りました・・・これは・・・・いい・・・・そのままゆっくり上下させます。

「中で舌を使って・・・・」

「んんぅ・・・んんく・・・はぁぁ・・・・」

やっぱり、慣れてないんでしょう・・・

「あんまり、こういうのしたことない?」

「んんぅ・・・・そうでもないけど・・・・」

でもやっぱり、ぎこちないのは事実。



<>4198日目674こと無七志sageNew!04/04/0116:10ID:1LZRmCyP<>

「いままで、何人くらいとしたの?」

「さ・・・三人目ぇ・・・・」

この体、結構可愛い顔・・・モテるだろうに。待て。その三人のなかに社長は入ってるのか?

「社長も入れて?」

Bが首を振りました。

「あれは・・・・忘れたいから」

そういって、Bはまたわたしのものを含みます。

「社長には、これ、した?」

Bが首を振ります・・・

「だって・・・いきなり押し倒されて・・・だから・・・・」

これ以上聞くのは酷でしょう。

「俺は・・・いいの?」

「うん・・・・こうしてると忘れる・・・・」

こんなこと言われて、平気な男がいますか?もう、たまりませんよ。

「おいで」



<>4238日目674こと無七志sageNew!04/04/0116:16ID:1LZRmCyP<>

わたしは立ち上がるとBをバスタブから手を引いて外に出しました。

「そこに手を突いて」

ベッドルームの方のガラス壁に手を突かせます。

「お尻、突きだして・・・ちょっと膝曲げて」

そして、突っ込みます。さっきより少し柔らかくなってるような。でも、キツいのは変わりません。

「や・・・あぁぁぁぁんぅ・・・・」

こうなると一気です。膝を曲げさせてるので高さも大丈夫。全力で突きます。

「や・・・やぁぁんぅ・・・はぁぁんぅあ・・・・」

ガスガス突きまくりです。さっき、出してるので、少々激しくてもしばらくは持ちそうです。

「あ・・やぁっぁあ・・・は・・・はげし・・いいぃんぅ・・・・こわれ・・・そ・・んぅ・・・やぁぁ・・・」

振り返ろうとするBの顔に濡れた髪がへばりついて色気が出てます。もうこのまま一気に突っ走ります。

「あ・・・やぁぁんぅ・・・ま・・・また・・・んぅ・・・し・・・しんじゃうよぉ・・・んぅ・・・はぁ・・・・」

どうやらBはイくときに「死んじゃう」と表現するようです・・・・

構いません。ここまでくれば、どうなったって。



<>4308日目674こと無七志sageNew!04/04/0116:24ID:1LZRmCyP<>

休むことなく突き続けて・・・・・

「あ・・・だめぇ・・・ほんとに・・・また・・またぁ・・・し・・・しんじゃ・・・やぁぁぁんぅ・・・・」

さすがに、イく寸前に抜いて、お尻にぶっかけました。Bはそのまま床に崩れ落ちて・・・・・

荒い息をしてます。太股がぴくぴく痙攣していて・・・・

「イった・・・・?」

「殺されたぁ・・・・・」

こういう言われ方ははじめてで・・・・で、Bはお尻にかかったわたしの白いのを指で掬って

「あったかいぃ・・・・」

思わず抱きしめますね。で、そのまま、二人で体を拭いて、ベッドで抱き合って眠りました。



<>4368日目674こと無七志sageNew!04/04/0116:37ID:1LZRmCyP<>

翌朝、目が覚めて、もう一回。で、朝の一回が終わったとき・・・・

「・・・・わたし・・・何回しました?」

はい? まさか覚えてないと?

「覚えてないの?」

「いまのHの途中から・・・・」

「なんだ、全然、覚えてないんだ?」

思わず顔が笑ってしまいました。

「・・・・何回したんですか?」

「教えない」

悪戯心が芽生えます。

「え・・・・わかんないくらい?」

「さぁ?」

Bが笑ってます。



<>4428日目674こと無七志sageNew!04/04/0116:42ID:1LZRmCyP<>

「しょうがないですよね・・・・」

「嫌だった?」

「ううん」

Bが首を振りました。

時計を見ると、もうすぐ10時、チェックアウトしないと。

「そうだ、お前、会社は?」

Bは少し首を傾げてから、

「今日は休む」

それから、らぶほを出て、平日サービスタイムのらぶほに入り直して・・・

5時まで、やりまくりました。重点的にフェラを教えながら。

で、夜、家に帰る途中で、マナーモードにしていた携帯に着信があることに気がついたんですよ。

Aからでした・・・・家に帰ってから電話しようと、家にはいると・・・・

なんか、流しがキレイ。万年こたつの上に、A4の紙が。

「結局、帰ってこなかったね。待ってたのに」



<>4528日目674こと無七志sageNew!04/04/0116:49ID:1LZRmCyP<>

この先は、スレ違いになるので、やめときます。

結果から言うと、Bとは一年ほど、半恋人、半セフレでした。

結局、Bは2ヶ月後に会社を辞めまして。フリーターになりました。

社長は知らぬ存ぜぬでしたね。いまも社長とはつかず離れずです。

Aは・・・・いまの嫁さんでつ。この一年後くらいに会社を辞めてますが。

好みの顔じゃなかったけれど、結局肌が合うというか、そういうのでいつの間にか好みの顔になってました。

HのほうはMっ気があって、いい相性です。性格的にも相性が良かったようで、いまは円満です。



<>4628日目674こと無七志sageNew!04/04/0116:55ID:1LZRmCyP<>

ちなみにBには途中でAとのことがバレましたが、それが原因で別れたわけではないんです。

Bに別に彼氏が新たに出来まして。喧嘩するでもなく、二人で別れの二泊三日H旅行をして笑って別れました。

半年ほど前に、Bから結婚したとの連絡を貰いましたが。結婚相手のことは知りません。

あれほどのナイスバディはアレが最初で最後だろうと思ってます。

AはBとのことは全然知りません。



長文駄文、失礼しました。



他にも、酔った女性とって話はなきにしもあらずなんですが、

それはまた機会があれば、ということで。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【職場】退社独立記念の宴会…後日談【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月16日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ