相互リンク先の更新情報!

【友達】先輩の部屋で…【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


いつも通りの居酒屋へ行って、お酒、凄く飲みました。

職場の、仲のいい先輩です。

性別は男性です。

面倒見のいい人(おそらく性格的に)なので、

今日も快く付き合ってくれました。

方向が一緒のため、帰りが遅くなりすぎた日は、

タクシーで一緒に帰ります。

先輩のアパートが私より近いので、

先輩がいつも先に降りるんです。

今日も遅くなりすぎて、タクシーで帰ることになりました。

ただ、今日は、タクシーに乗り込んで早々、

先輩、薄暗い車中でも分かるほど青い顔になって…。

「先輩、顔色悪いですよ。大丈夫ですか?」

「うん…。大丈夫だよ。」

全然大丈夫そうじゃない。




そういえば、風邪気味って言ってた。

タクシーの移動中、だいぶ辛そうでした。

「じゃ、またな。」

ってタクシー降りた先輩が、

荷物を忘れて立ち去っていくところを初めて見ました。

タクシーを精算して、私も降りることにしました。

「先輩、待ってください。」「えっ?どうした?」

駆け寄って、

「荷物!忘れてます。」

「なにーまじか。あいたた、悪い。……うっ。」

先輩、口元、抑えてる。

「鍵、これですか?部屋は?」

「……。」

指さした先に駆けて、

「ここですか?X号室?」

頷く先輩。

「開けますね!」

早く鍵を開けたかったけど、もたついてしまいましたが…。



パタパタと部屋にお邪魔ししました。

電気つけて、ストーブつけて、パタパタ。

先輩は、水で絞った冷たい濡れタオルを(タオルの場所は聞きました)を

顔にかけて、ベットに横になってます。

「ありがとう。帰って大丈夫だから、タクシー呼んで。」

「…はい。」

そのまま、少し先輩を見てたら、寝息が聞こえ始めて、

ちょっと安心しました。

安心したら体の疲れを感じて、

その場に座ってしまって。

気が付いたら寝てたみたい。

テーブルを背もたれにしてて、背中が痛い…。

そっとタオルを取って、先輩を見ると、

顔色、良くなってる。

たぶん、もう大丈夫そう。

先輩、そんなにお酒強くないって、

いつも、ゆっくりペースで飲んでる。

今日も、いつも通りのペースに見えたから、

風邪もあってで、具合が悪くなったのかな。

こんな先輩初めて見たから、凄くびっくりしたんです。

ふーっと安心して、冷静になると、

ここは、先輩の住んでる部屋なんだって、

先輩の部屋にいる現実にびっくりしました。

しばらく彼女いないっていってたからか、

シンプルな部屋。

ただの後輩の私が、あんまり見ちゃだめだよね。

たまたま入ることになっただけだし。

だけど、どことなく、先輩らしい部屋かもって思った。

時計は3時を過ぎてました。

帰ろうかと思ったけど…。

私、ずっと先輩の事、好きだったんです。

(先輩…)

先輩の部屋で、先輩の眠ってる姿を見てる。

こんなの、彼女ならあたりまえに見れる風景なんだろうな。

(先輩…)

その時、思い付いちゃって(凄いよ、私!)

撮っちゃったのは写メ。

宝物にしようって、先輩の寝顔写メ。

撮ったのは、良かったのだけど…。


告白体験談関連タグ

|||

【友達】先輩の部屋で…【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月16日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ