相互リンク先の更新情報!

【スカトロ】うんこ【告白体験談】

カテゴリー:スカトロ告白体験談
tag:


彼女のウンコが見たい、欲しいと思い策を練り見事、成功した。

彼女が俺のアパートに泊りに来たとき沢山食べさせ俺はビールを飲み酔ったフリを

した。案の条、彼女は食べ過でお腹が苦しいと言った。寝る前にトイレに行きオモ

チャのゴキブリを二匹仕掛けて胃薬だと言い下剤を飲ませた。二時間ほどして彼女

がトイレに行った。すると虫が大の苦手な彼女はゴキブリに気がつき慌て俺を起こ

しに来た。が、寝ぼけたフリをして「その辺でやれ」と言い寝返りをうつと「やー

だ、ウンコだもん。ねー早くぅ」と体を揺するので「うっるせぇなー、寝かせろよ

」と

怒鳴ると「もういい、知らないよ」とあきらめ布団に入ってきた。しかし我慢出来

ない彼女は再びトイレへ行くがあいつが怖くて入れない。するとゴミ袋をあさり出

しカップラーメンの容器を取り出した。まさかと思ったがその通り。俺の寝ている

足元の方に容器を置きしゃがみ込んだ。が、また立ち上がり容器をもう一つ取り出

した。そんなに沢山出るのと思い丸まった態勢で見ていた。暗くて良く見えなかっ

たが「ムニッ、ボソッ、ムニムニムニッ」と音が聞こえ匂いが漂ってきた。ウンコ

の入った容器を後ろにずらすしもう一つの容器を手に持ちマ○コに当てがうと「ジョボジョボッ」とオシッコをした。容器を二つ用意した謎が解けた。オシッ




コが終わると再び「ブスッ、ムニムニムニッ」とウンコをした。約10分程して尻を

拭き立ち上がった。俺は匂いで目が覚めた様に「くっせぇなー」と起き上がり電気

をつけると彼女は慌て座り容器を隠し「あんたが悪いんだよ、見ないで」と怒りだ

した。俺は「どうした?漏らしたの?」と訳の分からないフリをすると彼女は怒り

ながらも状況を説明してくれた。しかし俺は全て知っているので笑いそうになり我

慢して聞いてやり「トイレに捨ててきてやる」と言うと、彼女は困った顔で

「軽蔑しない?」と聞くので「当たり前だよ、悪いのは俺だから」と言うと恥ずか

しながら立ち上がった。するとエー○カップ1.5倍の容器に山盛りのウンコとなみ

なみ出されたオシッコが…。正直、その量にビックリした。二つの容器を持ちトイ

レに行き天井の点検口に保管して戻りしらじらしく「ごめんね。虫も退治しといた

よ」と言うと彼女は許してくれて朝までヤリまくり彼女が帰った。そのウンコとオ

シッコはラップをかけて大事に保管してある。


告白体験談関連タグ

|

【スカトロ】うんこ【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月17日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

このページの先頭へ