相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】恋人や配偶者からでないと得られないもの【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


恋人や配偶者からでないと得られないものとは、一緒に寝ることなんじゃないだろうか…。

寝るときに隣に妻が居て、途中で目が覚めたときも隣に妻が居て、そういうことに癒されていると感じる。

その気配であり体温であると思う。たまに鼻が小さくピーと鳴る妻の寝息であると思う。

妻が寝付けないとき、俺の腕を触ったりするが、乾いてさらさらとしていながら柔らかい妻の手の感触にも癒される。

身体を縛っている縄をゆるめられたり解かれたりするような感覚がある。それで落ちるように眠れたりする。

 

女に求めるものは性処理だから、風俗ですべて事足りるという主張もあるが、風俗嬢を一晩貸切にしたら相当な金額になるだろう。

実際に相当な金額…10万や20万かけて、実際に貸切にしてしまう男も居るという。

風俗嬢に本気でほれ込んでしまったら、そうしたくもなるだろう。

俺も彼女を作ったり、彼女を妻にしたりといったことが出来ていなければ、そうなっていたかもしれない。だからなんとなく理解できる。

 

しかし、様々な男の言説を見ていると、女と一緒に寝ることに意義を見出さない男が居るようだ。

女との身体接触はセックスだけでいいという男の派閥があるようだし(この層は風俗で満足するだろう)、

女は画像や動画だけでいいという男の派閥もあるようだ(この層はAVや二次元で満足するだろう)。

 




彼らにとって女との交際や結婚は「コスパが悪い」ことでしか無いのだろうと思う。

女に対して興奮することが目的なら、特定のパートナーを作ることは確かにコスパが悪い。

心からそう思うのなら、その人は交際や結婚に向いていないということなのだろう。

しかし女との身体接触による癒しが目的なら、結婚ほどコスパのいいものはない。

結婚の義務化には反対だ。向いていない人間が無理に交際や結婚をする必要はないと思うからだ。

しかし冷えた布団に一人くるまり、寝付けない夜を過ごす孤独感が辛いのなら、結婚は効果的であると思う。

妻が隣で寝ているということに代替する感覚があるか?と言われて、思い浮かぶものはない。


告白体験談関連タグ



【彼女・彼氏】恋人や配偶者からでないと得られないもの【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月17日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ