相互リンク先の更新情報!

【友達】自販機で【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


美樹は、前回と同じ自販機で露出をしようと思いました。何度かその場所では、露出を行

っていますので、感じはつかめています。家を出発するときから、裸で行くことにしました

。いつものように、ガーターとストッキング(今日は真っ赤です)、そしていつものように

5センチくらいのヒールのサンダルです。服は、念のため、スリップドレスのようなのを助

手席に置きました。出発です、対向車のライトに私の身体が照らし出されますが、多分見え

ないだろうと思い気にせずに自動車を走らせます。

自販機に到着しました。いつものように休憩所に自動車を止めます。そして、反対側の自

販機に向かいます。今回は、お金は手に持って行きます。その代わり、コンドームを1つ持

っていきます。歩いているときに、既にあそこは濡れています。最初に、栄養ドリンクを買

います。それを、コンドームに入れ、美樹のやらしいお汁をつけます。そして、お尻に入れ

ました。次に缶コーヒーを買い、その場所で飲みます。時々自動車が通ります。そのたびに

、自販機の横に引っ付きます。今日は、少し自動車が多いように思います。缶コーヒーを飲

み終えて、ファイブミニを買ったときでした、一台の自動車が、自販機のある広場に止まり

ました。急いで、自販機の横に隠れました。と言っても、横に引っ付いて、赤い空き缶入れ

の裏に隠れるくらいです。お尻は、見えると思います。もう、どうすることも出来ません。




このまま見つかって、犯されるのを待つだけです。身につけているのは、ガーターとストッ

キングだけなのですから。ただ、何もないことを祈るだけです。自動車は何をしているのか

、中から降りてきません。携帯電話かなと思い、少し安心しました。

でも、そうではなかったのです。自動車が動き出しました。そして、自販機の方に向きま

した。ヘッドライトで、自販機の周りは明るくなります。ドアの閉まる音が二回聞こえまし

た。二人はいるようです。自動車の方を、向くことも出来ません。耳をふさぐように、出来

るだけ小さくなっています。不意に髪の毛をつかまれて、立たされました。私は、「いやー

」と叫びました。男は、「やっぱりいたぞ」と言っています。そうです、この男達は、美樹

がいることを確認するために、何度もこのあたりを往復したようです。男に両腕を後ろに回

され、自動車の方に向けられます。片方の手で強く胸を揉んでいます。強い力で、どうする

ことも出来ません。美樹の身体が、ヘッドライトに照らされています。向こうに、一人いる

ようです。向こうで、「痩せているが、良いからだしている」と言っています。男は、足を

開けと言いました。拒否できる訳ありません。少し開きました。手が、あそこを触ります。

指を入れます。こんな状況でも、感じて、あそこはヌルヌルになっています。男達の自動車

まで歩かされます。彼らは、自分達の自動車はそこに置き、私を休憩所のテーブルまで連れ

て行きました。最初に、私を捕まえたのがKと言いました。そして、もう一人がRでした。

テーブルの上に仰向けにされました。頭が、テーブルから落ちるように。Kが手を持って

います。Rが足を持っています。Kは、舌で胸を舐めたり乳首を弄んだりしています。そし

て、おチンチンを出して美樹の口の中に入れました。独特な、臭いがします。大きくもなっ

ています。腰を動かして、口から出し入れします。美樹は、舌でご奉仕します。いつの間に

か、手は自由になっていました。でも、もうどうなっても・・・。Kの手は、胸を痛いくら

いに揉んでいます。その時Rは、美樹の足をテーブルに乗せて、M字型にしました。お尻に

入れていた、ドリンクが見つかりました。「これは、何だ」と言って、奥に押し込もうとし

ます。あわてて、「栄養ドリンクです」と答えます。Rが、栄養ドリンクがなぜアナルに入

っているのか聞きます。「お尻も感じます」と答えるのが精一杯でした。「アナルも使える

のか、変態」と罵られます。ドリンクはそのままで、ヌルヌルのあそこを舌で舐められます

。指を出し入れされ、舌でクリを悪戯されます。上半身と、下半身とで弄ばれて、何度も何

度もいきます。そのたびに、あそこからやらしいお汁がドンドン出ます。

お尻のドリンクはそのままで、Rが最初に入れてきました。お尻のドリンクとおチンチン

が擦れるというか、なんとも言えない感覚です。恥ずかしいくらい、よがっていたと思いま

す。そのくらい気持ちがいいのです。Rは、悪戯に「中出しで良いよね」って聞きます。当

然、拒否できる訳ありませんから、「中にお願いします」と言ってしまいました。「やっぱ

り変態さんは中出しが好きだって」と言われて、突き上げるようにして、中に出されました

。休む間もなく、Kが入れてきました。Rは、今まで私の中に入っていたおチンチンを、口

の中に入れてきます。美樹のお汁と、精液の味がします。臭いもします。口で綺麗にしまし

た。Kが、美樹の中に出しました。あそこは、二人の精液で一杯です。二人が繰り返し交代

であそこと口を犯します。そして、顔、胸、お腹に出され、臭いがとれないくらい私の手で

塗りつけさせられました。その間、自動車は走っていますが、死角になるためにみんな気が

付かないようです。

何度目かに、テーブルからおろされ、自販機の前に連れて行かれました。自販機の前の、

明るいところで二人が見ている前で、お尻のドリンクを抜かされました。

そして、その明るいところで(彼らの自動車はありますけど)立ったまま、Kがお尻におチ

ンチンを入れてきました。恥ずかしいことに、スムーズに入ってしまいます。そして、Rが

、あそこに入れます。とても窮屈に感じます。あそことお尻で二人が動きます。ドリンクど

ころではありません。中で、擦りあって、ものすごい感覚です。二人が奥へ奥へと突き上げ

ます。奥まで同時に入れられると、1つになるような感覚です。自販機に照らされ立ったま

ま、いかされます。腰が砕け倒れそうになっても、前後で支えられ倒れることはありません

。足に力が入らない分、奥に入ってきます。RとKがあそことお尻の中に出しました。抜か

れた瞬間倒れました。でも立たされ、今度はRがお尻に入れてきました。前屈みのような格

好です。Kは、おチンチンを美樹の口に入れます。今までお尻に入っていたおチンチンを、

綺麗にさせられます。そのうち、Rも美樹のお尻の中でいきました。Rのおチンチンも綺麗

にさせられます。終わったあと、またその場に倒れました。彼らは、美樹の自動車に行き、

名前と住所を調べたようです。「どこそこの、○○美樹さん、来週も来るよね。拒否できな

いよね。遊ぼうね。」と言い残して、何処かに行ってしまいました。他の自動車に見つかれ

ば、また大変なことになりますので、なんとか立ち上がり、急いで自分の自動車に戻りまし

た。あそこと、お尻から精液が流れています。恥ずかしい格好です。体中から、精液の独特

な臭いがします。自動車に入ろうと思った瞬間、愕然としました。鍵が付いたまま、ドアが

ロックされていました・・・。


告白体験談関連タグ

|||||

【友達】自販機で【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月18日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ