相互リンク先の更新情報!

【友達】指【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


出会い系で知り合った子と会うことになりました。ここんとこ忙しく、寝る間もほとんどなし。ホテルとか行ったら、確実に寝るし。それよりもなによりも、そのあと仕事。

「初対面だしお茶だけ」ということで、朝の10時から2時間だけ時間を取りました。

でも彼女(29)、すごく期待している雰囲気。お茶だけじゃ悪いなーと思っていました。

彼女は遅れること20分。もうちょっとしか時間がないけど、少しだけでも…とカラオケボックス、あれ、いまボックスって言わないのかな?…カラオケに誘いました。

カラオケに10曲くらい入力し、時計を確認するとあと一時間しかない。

「短い時間でごめんね」と謝って、頭を引き寄せました。

彼女はわたしの肩にあずけて歌っていました。

彼女の髪をゆっくりなで、耳、頬、うなじと撫でていきます。

ここで肩を引き寄せると、肩を抱いているのと反対の手で腕と脇、背中はちょっとだけですが、ゆっくり撫でて…

「気持ちいい」とつぶやくと、うっとりとからだをあずけ、目を閉じます。

もうカラオケは音だけが流れ続け…

スカートの上から、ももを外側から撫で膝、膝裏と進み、内ももへ。

当然股間に触れてくるものと思っていたようですが、手は上に進み、鎖骨から胸へ。

ブラジャーの上からゆっくり触り、ブラジャーを少しだけずらして乳首を愛撫します。

ここでようやくキス。




やさしくやさしくキスしていくのですが、彼女は半目をあけてこちらを見ています。

キスの様子を目で見ながら目でも感じている様子。

そしてどこか焦点が合わず、中空を彷徨っている感じも。

力が抜けていて、何度も顎を上げさせるのですが、すぐに落ちてしまいます。

「手抜きでごめん」と断って、手を下に下ろしていき、黒地に白の水玉のスカートのなかに入れて行き、パンティーを少しずらして股間を触っていきます。

彼女はうっとりしながら、小さな吐息を漏らし続けます。

クリトリスをゆっくり触り続けていると、恥ずかしいのかわたしにくっついていた足が震えています。

ゆっくり触り続けていると、

「指を…入れて…」

とかすかな声で。

ホント手抜きだわ、と思いながら、指を中に。

中指と薬指を二本挿入すると、ゆっくりやさしく動かします。

「どこが気持ちいい?どうしたらいい?」と聞くと「そこ…がいい」

もう一度肩を引き寄せ、丁寧に指を動かしました。

軽い吐息とミスチルだけが聞こえて、しばらくすると…

「イッちゃいました」と恥ずかしそうにつぶやきます。

ここで時間切れ。

じゃ、帰ろう!と言うわけにもいかず、

しばらく肩を抱きしめ、股間を紙おしぼりで拭いてあげ、

軽くキスをし、「今度はもっとゆっくりしよう」と語りかけ、

ゆっくり肩を撫でながら帰りをうながし、外に出ました。

また夜メールをする約束をして、わたしは仕事へ。

仕事もひと段落の19時。

今日の非礼をわびると、今日の感想が。

「今日すごいうっとりした顔のままかえりましたwww

そう、ポーっとしながら・・・

帰って鏡みたら、まだうっとりしてるよアタシ、みたいな顔で^^;

うん、なんだかすごくいい気分になっちゃってw

なんにも手につかなかった〜〜シャワーあびてポーっと・・・

今もポーっとしてるんです実はw」

wはなに? 草?とか思いながら、

とりあえずよかったようで何より、と次回の約束をしました。



実はわたしの中には鬼と悪魔が住んでおり、

あ、間違った、天使と悪魔が住んでおり、

今日は天使の出番だったのですが、彼女は悪魔にも興味津々。

でも今日の続きがしたいということで、次回も天使の出番らしいです。

なかなか期待されているようで、わたしも楽しみです。


告白体験談関連タグ

|||||

【友達】指【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月18日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ