相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】最近嫁がエロくなったと思ったら5【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


ベッドに行こうとトシ君が言ったが、ボイスレコーダーの音声は、相変わらず鮮明のままだ。

わざわざ寝室にカバンを持っていくはずもないので、おそらくトシ君は大学生の一人暮らしらしく、ワンルームとかなんだと思う。



「美佳、自分でおまんこ広げて見ろよ。」

「うぅ・・・ はい・・・」

悔しそうな声を出すが、結局従う嫁。



「うわぁ・・・  溢れてきてるじゃん。仕事ってウソついて、ガキに中出しされた気分はどうw?」

「そうなこと言わないの! もう、帰るよ?」

強気に言う嫁。



「うっせ、行くぞ。」

トシ君のその言葉と同時に、嫁の

「ぐぅぁ・・ ちょっ! あぁぁ・・ いきなり・・・ トシ・・ ダメだよぉ・・・ あぁぁ・・」

「美佳、俺・・・  愛してる。」




「あっ!あっ! あひぃぃぁ・・ん・・・ トシ・・私も・・  キ、キス、キスしてぇ!」

「私もなんだよ? ちゃんと言えよ、止めるぞ。」

「止めちゃダメ!ダメだってぇ・・・  私も・・・  愛してる・・・ かも・・・」

「ぷっ! なんだよ、かもって。  でも、それで十分! すげー嬉しいっす。」

その言葉の直後に、パンパンと強めの音が響き出す。



「がっぁ! だめ、それ・・・ 奥に・・奥がぁ・・・ トシ、凄い! 壊れる・・・あぁ・・壊してぇ・・・」

「よし、イケ!壊れろ!」

さらにパンパンという音が強くなる。

「がはぁ! あっ! あっ! あぐぅ! トシ、ダメ・・ ヤバい・・ 何も考えられないよぉ・・ あぁ・・  トシぃ・・・ 愛してる!愛してる!! ずっと、あれからずっとトシがいるの! 心にいつもトシがぁ! あぁっ! ダメェ イグぅっ! 愛してるっ!!」

「あぁぁ・・・美佳!美佳!美佳!愛してる!愛してる! 俺のところに来いよ! あぁ・・イク!」

「すご・・い・・・ あぁ・・ トシといる・・・ このまま・・・・ あぁぁ・・・」

その後は、ずっと音声がなくなる。時折クチュクチュ音がするので、キスをしているのだと思う。

恐ろしく長いことその状態が続いて、やっとトシ君の声がする。



「ねぇ、ホントにいてくれるの?」

トシ君が聞く。

「ばーーか。最後だから、サービスで言ってみたw」

強がる嫁。

「なんだそりゃ!? まあ、いいや・・・ すげー嬉しかったから・・・」

トシ君は、なんか憎めないというか、可愛らしい子だと思った。嫁が好きになるのがよくわかる。



「でも、本当凄いよ、君のおちんちんは・・・  これがダーリンについてたら、最高なのになぁ」

複雑な気持ちになった。俺が好きと言うことなんだろうけど、チンポは不満と言うことだ・・・



「逆に考えろよ。俺がダーリンになれば良いんだ!」

「なるほどね! なんて言うか! まだ学生なのに、責任の取りようがないでしょ?」

「じゃあ、何年かして俺が社会人になって、美佳のこと迎えに行ったら、来てくれる?」

「ふっw  良いよ。何年も、思い続けていられたらね。 今のテンションを、本当だと思わない方が良いと思うよ・・・ でも、もし、君が本当に・・・  ううん・・・ 何でも無い・・ 何でも無いよ・・・」

セックスの音声よりも、はるかに堪える・・・



「ねぇ、美佳、本当に今日で最後なの?明日から、またただのバイト先の仲間に戻れるの? 俺は・・・無理だ。」

「約束でしょ! イイじゃん、社会人になるまで、私を迎えに来てくれるまで、清い関係でいようよ! 愛してるなら、出来るでしょ?」

「ぐぬぬ・・・」



「なぁに?結局トシ君はやりたいだけなんだ・・・悲しいなぁ・・・」

「いや! 出来るよ! 出来るって! 必ず迎えに行くからな! その時になって止めたは無しだよ!」

「はいはい、わかったから!がんばれーーーw」

「あっ!美佳、本気にしてないだろ?」

「そんなことないよ。照れてるだけだってw」

「じゃあ、言ってみろよ・・・ 俺が将来迎えに行ったら、別れて俺と一緒になるって・・・」



「・・・トシ君が・・・・トシが社会人になっても私のことを想ってくれていて、私のことを迎えに来てくれてら、旦那と別れてトシ君のお嫁さんになります。」

「美佳! 愛してる!」



そしてまたキスをしているような音がする。



本気なのか?どうせ、何年も気持ちが持続するわけないと思って、からかっているだけなのか?それにしても、どちらにしても、それを口に出したと言うことは、アウトだと思った。





「なぁ、最後だから、後ろも貰うぞ。おもちゃじゃなくて、俺の本物で美佳の処女貰うから・・・」

「えっ?・・・・・・・イイよ・・・  して・・・」



もう、悪い夢のようだ。



「あっ! でも、綺麗にしないと・・・ ちょっと待っててね。 それと、ローションはある?」

「ないっす! 買ってきます。」

「うん・・・  ローションは、薬局で売ってるから・・・」

「ソッコー行ってきます!」



そして、ドアを開けて出て行くトシ君。



「どうしよう・・・ 私も本気になってるなぁ・・・」

ぼそっと独り言を言う嫁。本気なんだ・・・





そして、ゴソゴソと音だけ聞こえてくる状態になり、しばらくするとバタンとまたドアが開く音がした。



「美佳さん!お待たせ!」

「えっ!早いよ!    ちょっと待ってて!」

少し遠くで聞こえる。



「あれ?何してるんすか?」

「バカ! 開けるな! 死ねっっ!」

「あぁ、綺麗にするって、そう言うことなんだ。」

「イイから閉めろ!ダメだってぇ!」

「イイじゃん、最後なんだし、全部見せろよ。」

「これはダメ! ホントにイヤ! 恥ずかしいよぉ! お願い、閉めて!」

「はいはい、じゃあ、待ってるね。」

ドアが閉まる音がした。



トイレで、排泄しているところを見られた?ような感じだ。そんなところまで見られてしまうなんて、もう死にそうに落ち込む・・・





そしてしばらくとつと、シャワーを浴びる音がして、ドアが開く音がした。

「お待たせ・・・ トシ、後ろでするって言うことは、約束するって事だからね・・・  良く考えてね。私も、本気なんだからね・・・ やり逃げは絶対に許さないからね・・・」

「逃げないよ。  って言うか、美佳こそ逃げるなよ。マジで。」



「トシ、来て・・・」



しばらくゴソゴソ音がしていたが、

「イイよ、準備できたから・・・」

「美佳・・・ 約束するよ。絶対にお前をあきらめないって・・・」

「嬉しい・・・  あっ! そう・・・  そのまま・・・ くぅ・・」

「あぁ・・・ 入る・・・ キツい・・・」

「つっ!」

「あっ!ゴメン、痛い?」

「こんな大きいのだから、痛くないわけ無いよね・・・  大丈夫・・・ ゆっくりと・・・」

「あぁ・・美佳・・・」



「はぁぁ・・・ んっ!  イイよ・・ 奥まで・・ はぁっ! くっふぅぅ・・・」

「入った・・・  美佳、約束したよ。」

「うん。待ってるからね。ずっと待ってるから・・・  トシ、愛してる。トシは私の初恋かも・・・  こんな気持ち・・・ ねぇ、キスして!」



しばらくキスの音が続く。

そして、嫁が

「動いて、もう大丈夫だから。」

「うん」



「あっ!あっ!当たる! 当たってるよぉ! がはぁ!  んっ! だめぇ・・・ そんな風にしたらぁ・・・  引きづり出されちゃうよぉ・・・ あぁ! くぅぅん!」

「美佳、凄いよ!  気持ちいいよ!  ちぎれちゃいそうだ・・・」

「ぐぅあぁ・・・ ダメっ!ダメっ!もう・・・ あがっ! がっ! はぁぁぁん イキそう・・・ イク! イッちゃう! トシ、トシ!イク! 美佳、お尻でイッちゃう! トシの大っきいので、お尻でイク! イクっ!!」

「イケ!旦那ともしたことないアナルセックスでイケ!」

「ぐぅぅわぁぁ・・・  凄い、凄すぎるよ・・・  トシ、電気が走ったよ・・・」



「なに休んでるの?俺、まだイッてないよw」

「あがぁっ!だ・・め・・あぁっ!イッてるのに、またイク!イク!うわぁぁ!怖い、怖いよぉ・・・イクっっ!!」

「ほら、まだイカないよ。もっと強くするぞ。」

「ダメ・・だって・・ぇ・・・ 死んじゃう・・もん・・  あぐっ! あっ! はぁっ! トシぃ・・・  もう、イッてぇ! あぁっ!」



「どっちがイイ?俺と旦那と、どっちが気持ちいい?」

「トシだよぉっ! トシ! トシのがイイ! あぁっ! もうダメェ・・・ 帰りたくないよぉ! あぁぁっ!  トシぃ・・・  愛してるよぉ・・・ あぁっ!!」

「美佳!ここにいろ!俺と一緒に暮らせ!」

「あぁぁぁ・・・  暮らす・・・ トシと暮らす! もうダメっ! 愛してる! 一緒になるぅ!」

「イクぞ! 美佳、美佳! 愛してる! お前は俺の女だ! どこにも行くな!」

「ぐぅぅわぁぁ・・・・ 出てる・・・凄い・・・  あぁ・・・幸せだよぉ・・・ トシぃ・・・ 美佳は、トシのものだよぉ・・・」



そして、また長いキスの音が響く。



すると、唐突に音声が途切れた・・・ バッテリー切れなんだろう・・・

ただ、これ以上聞かされていたら、俺は正気が保てなくなっていたと思うので、良かったのかもしれない・・・





大きくため息をつき、仕事に戻ったが、何も手につかない。

そのまま夕方まで過ごして、重い足取りで家に帰った。

正直に言って、家に美佳はいないと思っていた。

トシ君の元に走っていったと思っていた。

しかし、ドアを開けると、

「なお君!お帰りぃ! 早かったじゃん! 嬉しいなっ!」

全力の笑顔で、俺に抱きついてくる・・・



もう、何が正解なのかわからない。

「今日ね、ファミレス辞めてきたんだよ!なお君、赤ちゃん作ろうね。」

真っ直ぐ俺の目を見ながら、真剣な口調で言う嫁。

俺は、美佳が心を入れ替えてくれたと信じた。1度の過ちで、状況に酔って思ってもいないことを言ったと信じることにした。





そして、嫁を抱きしめて、

「5人くらい作るか!」

そう言って、二人で笑い合った。



そして、しばらく幸せな日々が続いた。



たまに、悪いと思いながら、嫁のiPhoneをチェックしても、何もやましいところはない感じだった。



そして、ボイスレコーダーのことも、悪い夢だったと思えるようになってきていた頃、絶望的な事件があった。



仕事で客先に向かう途中、家の前を車で通りかかることがあったのだが、マンションのエントランスから、若い男が出てきた。

なんとなく、ふと上を見ると、嫁が手を振っていた・・・

若い男は、それに気が付くこともなく、そのまま歩き出した。それよりも、俺のことを嫁に見られたのではないかと、ドキドキした。

会社の車なので、車種が一定ではないので、気が付いていないと思うが、激しくドキドキした。



それよりも、直感であれがトシ君だと思った。

結局、裏切られていたのか・・・ 気が付くと、涙が流れていた。





そして、自宅にカメラを設置した。

狭い家なので、リビングと寝室にセットすればそれでOKだと思った。

ACアダプタ型なので、動体検知でまるっと24時間以上録画できるヤツだ。



毎日、朝SDカードを入れ替えて、会社で確認する日々が続いたが、その日はすぐに来た。


告白体験談関連タグ

||||||||

【寝取られ】最近嫁がエロくなったと思ったら5【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月19日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ