相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】最近嫁がエロくなったと思ったら完【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


結局、心も体もトシ君に寝取られてしまったことを確認して、俺は身を引く覚悟が出来ていた。



もちろん、20歳にもなっていない男に、ここまで負けてしまうとは悔しくて仕方ないのだが、二人を憎んだり怒りの感情を持つことが出来ない。



美佳が幸せになって欲しい、そのためにはどうしたら良いのかなんて言うことを考える始末だ。





それは、本当の愛ではないと言われるかもしれないが、俺が身を引いて二人が結ばれるのが、美佳の一番の幸福に繋がると確信していた。





3人で話し合おうと思い、色々と考えを巡らせていたのだが、結局良い方法が思いつかず、朝会社に行くふりをして待ち伏せて、二人が一緒にいるところに入っていこうと思った。



ただ、そんな何日も会社は休めないので、朝の嫁の様子で判断して実行することにした。

この前のトシ君が来た日のビデオを見て気が付いたのだが、嫁はその日は朝から髪を巻いていた。お出かけの時以外では、面倒でなかなかやらないのだが、その日は巻いていた。








それを頼りに判断しようと思ったら、もう次の日には朝嫁が髪を巻いていた。





死ぬほど心臓がドキドキしたが、

「ゴメン、今日結構遅くなりそう。夕ご飯食べてくるね。」

そう言って出かけた。

嫁は、

「えーーー!寂しいなぁ・・・  起きて待ってるから、早く帰ってきて欲しいなぁ・・・」

などと、可愛らしいことを言ってくれたが、このあとのことを考えると胸が痛む。





そして家を出て、外に出たあと少し歩いて、またマンションのエントランスに戻ってきた。

そこにある、待合のソファに座ってスマートフォンを見たりしながら時間を潰した。会社には、さっき歩いている時に、客先直行の連絡を入れておいた。





すると、30分もしないうちに、あの動画のイケメンがエントランスに入ってきた。インターフォンを操作して、すぐに解錠されると、エレベーターに乗り込んで行った。





俺は、入っていくタイミングを考えたが、やっているところを見るのは避けたいと思ったので、すぐに動いた。



エレベーターが戻るがもどかしかったが、戻ったエレベータに乗り込んで、部屋に急いだ。





ドアの前に立った時に、色々な気持ちが頭を巡ったが、もう覚悟は決まっていた。

ドアノブを手にして、一気に開け放すと、すでに玄関で男のものをくわえている嫁が目に飛び込んできた。鍵ぐらいかけろよと思ったが、もう遅い。



ついさっき、行ってらっしゃいとか、寂しいなぁ、そんなことを言いながら、俺とキスをしていたその口で、20歳にもならない男のチンポをくわえている嫁。



「えっ!ナオ君!どうして!違うの!」

「ええっ!あの!」

等と言って慌てる二人、

「あぁ、ゴメン。服着たら呼んで。」

そう言ってドアを閉める。



1分もしないうちにドアが開いて、嫁が涙目で俺に

「ナオ君、ごめんなさい。」

そう言って謝ってきた。

「すみませんでした。僕が無理矢理美佳さんを・・・  美佳さんは悪くないです!」

この二人の態度を見て、やっぱり部外者は俺なんだと強く実感した。



「ゴメンな、ちょっとタイミングが遅かったよ。見るつもりはなかったんだ。美佳、トシ君、ゴメンな、もう全部わかってるんだ。最低なことだけど、ビデオ撮らせて貰った。」



そう言いながら、リビングのACアダプタ型のカメラを手に取った。



「えっ!・・・・ごめんなさい。ナオ君、ホントに酷いことして、ごめんなさい。」

泣きながら謝る嫁だが、泣きたいのは俺なんだけどなぁと思った。

「本当に、すみませんでした。俺は、どんなペナルティも受けます。だから、美佳さんのことは〜」

土下座をしながらそう言って謝るトシ君をさえぎり。

「いいんだ。座ってよ。俺は、怒ってないんだ。二人に話が合ってこんな事したんだ。聞いてくれるかな?」



二人とも、無言でうなずく。



「俺は、二人にくっついて貰いたいと思ってる。」

「そんな・・・ ナオ君、どうして〜」

「えっ?どういうこと〜」

二人そろって、驚いて質問してくるのをさえぎり

「まあ、聞いてよ。俺よりも、君といた方が美佳は幸せになれると思う。ただ、君はまだ学生だから、結婚は出来ないと思うんだ。だから、社会人になるまでは、君と美佳はここで暮らせば良いよ。それで、君が社会人になってから結婚すれば良いと思う。もちろん、美佳の生活費は、今まで通り俺が持つから、心配せずに楽しく暮らせば良いよ。」

「そんな!そんなの無理だよ!本当に、ごめんなさい。ナオ君、許してなんて言えないと思うけど・・・」

「本気で言ってるんですか?そんなこと、あり得ないと思います・・・」



「じゃあ聞くけど、二人とも、もう二度と会うなって言われて、守れるの?」

「・・・こんな事、言ってはいけないと思いますが、俺は無理です・・・」

トシ君が正直に言う。嫁は、そんなトシ君のことを見ながら

「ナオ君が、それで許してくれるなら、守れます・・・」



嫁の言葉に、一瞬気持ちが動いたが、決めていたとおりのことを言う。

「ゴメンな、美佳、俺が無理なんだよ。お前のこと、本気で愛しているけど、俺みたいな心が狭い男には、今回のことや、前の店長さんとのことは、消化できない・・・  美佳、離婚してくれ。」

美佳の、息をのむ音だけが響いた。

トシ君が、土下座をしながら、

「絶対に、美佳さんを幸せにします。生活も、自分で何とかしますから、〜」

土下座をしながら必死で言うトシ君をさえぎり

「そうやって、生活に追われる日々だと、美佳を幸せに出来ないだろ?君が今することは、頑張って勉強して、良い会社に入ることだよ。そして、美佳を幸せにしてくれ。」



このあたりから、美佳が泣きじゃくって俺にすがりついてくるのだが、俺は冷静に、出来るだけ美佳に対して優しく諭していく。





その後も2時間くらい話をして、結局俺の言ったとおりの流れになった。





そして、俺はアパートを借りて、別居生活が始まった。

俺達が住んでいたマンションでの、トシ君と美佳の生活は、どんなものなのかはわからない。

両親や、親戚などには説明のしようがないので、トシ君と美佳が結婚するまでは、俺と美佳は夫婦のままと言うことになっている。

俺は、数年の間に美佳が心変わりをしてくれることに望みを託しながら、今まで以上に仕事に打ち込んでいった。





自分の判断が正しかったのか、間違っていたのかはわからないが、結局俺の美佳に対する愛情や配慮が不足していたことが招いたことなので、後悔してもしかたない。



一緒に暮らすことによって、トシ君のイヤなところも見えたり、現実的に考えたりして、トシ君と別れてくれるんじゃないのかな?と思ったりもするが、あの時の、俺が部屋に入っていった時のトシ君の美佳をかばう態度は、悔しいが格好良かったと思っている。きっと、あの二人なら、別れずに幸せになってしまうんだろうなぁと思って、諦めてもいる。





ちなみに、回収を忘れてて、荷物を取りに戻った時に回収した寝室のカメラには、あの話し合った夜、早速もうセックスをしている二人が映っていた・・・



寝室に入ってきた二人、そのままベッドに並んで入る。

「俺は、本当に夢のようだよ。だから、美佳も、もう泣かないで。俺、絶対に頑張って良い会社入るからさ。」

「うん・・・ありがとう。  でも、本当に良いのかな? ナオ君、私のこと嫌いになったんだよね・・・」

「嫌いになってたら、こんな事はしないと思うよ。本当に、美佳に幸せになって欲しいって事だと思う・・・」

「でも、こんな気持ち、ナオ君にこんな気持ち持ったままで、トシは良いの?もしかしたら、ずっとナオ君のこと思い続けるかもしれないんだよ?」

「それも含めて、美佳じゃん!全部受け止めるつもりだし、俺が忘れさせる!」

そう言って、キスをするトシ君。

「ん! だめ・・・今日は、そんな気持ちになれないよぉ・・・」

美佳は、そんなことを言って拒否する。



トシ君は、そんな事にはお構いなく、キスを続け、耳や首筋にも舌を這わせていく。

「美佳、俺は、嬉しいよ。美佳と一緒にいられるなんて、幸せすぎて、怖いくらいだよ・・・」

「トシ・・・ 私だって、嬉しいよ・・・ でもね・・・」

何か言いかける美佳の口を、キスでふさいで黙らせるトシ君。



美佳は、拒否の姿勢でトシ君を押しのけようとしているが、それでもかまわずにキスを続けるトシ君。





すると、根負けしたのか美佳もトシ君の首に腕を回し、抱き合うようにキスをしている。

舌を絡めて、情熱的にキスを続ける二人。



トシ君は、首筋にもキスをしながら、パジャマの上から胸を揉み始める。



「あぁ・・・ トシ・・・ダメだって・・・ そんな気持ちに・・・なれない・・・あぁ・・」

「美佳、お前はもう完全に俺の女だぞ。もう、俺のことだけ考えてろよ。」

女顔のイケメンには不似合いな、男らしいセリフを吐くトシ君。



「トシ・・・ 本当に、私で良いの? トシ君なら、もっと若くて良い子がいくらでもいると思う・・・」

「俺は美佳が良いんだよ。もう、それでイイじゃん。俺達が幸せになることが、一番の恩返しだと思う。」

「うん・・・ありがとう。」



そして、結局普通にセックスが始まる。

自分がまるで空気だなと思いながら、見続けた。





二人は、お互いにむさぼるようにキスをして、服を脱がせ合っていく。

美佳がトシ君のチンポを口でくわえる。めいっぱい広げた口に、大きすぎるチンポが飲み込まれている。結局、女は子宮でモノを考えると言うことなんだろうか?俺のでは、そもそも子宮まで届いていなかったので、問題外だったんだろうか・・・

トシ君のチンポを知らなければ、俺と幸せに暮らしていけたのだろうが、それを今更言っても仕方ない。あの時、俺が仕事が忙しくても、美佳としっかりと向き合っていれば、こんな事態にはなっていなかったはずだ・・・





しばらく美佳が口でしていたが、トシ君が美佳に覆いかぶさり正常位で挿入する。当然のように生で挿入するトシ君。今の状況で出来てしまったら、面倒なことになるのになぁと、冷めた気持ちで思った。



「あぁぁ・・・トシぃ・・・ 私、幸せだよぉ・・・」

その言葉を聞いて、なんかすべてが吹っ切れた気がした。



「美佳、どうした?いつもより締まってるじゃん。興奮してる?w」

トシ君は、すっかりとペースを取り戻している。



「トシぃ・・・ もうダメ、イッちゃうよ・・・」

「イイよ。イケよ。美佳、愛してるよ。」

「トシぃ・・・ 愛してる。ずっと一緒にいてね・・・ あぁっ! イク!」





その後も続きそうだったが、これはもう夫婦のセックスだと思ったので、のぞき見るべきではないと思って再生を止めた。

そして、カードをフォーマットしてデータを処分した。





この先、どうなっていくのかは俺自身わからないし、想像もつかない。ただ、美佳に幸せになって欲しいという気持ちは変わらないと思う。

その役目が、俺ではないのが残念だが、まだチャンスはあると信じて生きていこうと思う。


告白体験談関連タグ

|

【寝取られ】最近嫁がエロくなったと思ったら完【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月20日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ