相互リンク先の更新情報!

【妹】妹のウンコ【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


うちのトイレは詰まりやすいんだが、18歳の妹が詰まらせることが多い。それで、でかいのは乳房だけでなくて、きっとウンコもでかいんだなと妄想を膨らませていた。

ある日2人しか家にいないときに、「お兄ちゃん、ちょっと来て〜」の声が。どうやら、また詰まらせたらしく、いくら流してもウンコが流れないらしい。普段なら自分でなんとかして、無理なら母を呼ぶのだが、そのときは母はいなかった。

それでオレが呼ばれたわけだが、びっくりしたよウンコのでかさに。例えるなら、でかいウナギのようで、長い長い。40センチ超えてたよ。これじゃ流せないはずだ。で、オレはトイレットペーパーと便器掃除ブラシを使って流すことにした。妹は恥ずかしがってトイレの外にいる。

オレはでかいウンコをよく見た。これが夢にまでみた妹のウンコかい。妹の腰のなかにどっさりたまったウンコが肛門括約筋の収縮とともに尻穴からムリゅムリゅと排泄され、こんなにもでかいウナギ状の排泄物ができあがったのだ。オレはそう考えると不覚にも勃起してしまった。

オレは勃起しながら掃除をし終えたあと、自室でオナニーしまくった。

そして、その日から妹の尻穴をウンコではなくオレの肉棒で押し開きたいという欲望が膨れ上がっていった。欲望は止まらない。オレは毎日洗濯機と洗濯かごをチェックし、妹のウンコ付きパンツがないか調べるようになった。実は、これまでもこうして妹のパンツをコッソリ見たことはあるし、匂いをかいだり肉棒に巻きつけてオナニーしたことはあったが、あのでかいウンコを見て以来、妹をこれまで以上に性の対象として見るようになった。オレは脱衣場で妹のパンツを巻きつけてオナニーするだけでは飽きたりず、クロッチ部分を携帯で撮影したり自室にパンツを持ち帰ってオナニーしてクロッチ部分にしっかり精液を塗りこんでから返したりするようになっていった。

そんななかオレは、素晴らしい作戦を思いついた。それは、トイレを我慢させれば我慢しきれず肛門から顔を出したウンコが妹のパンツに付着するに違いないというものだった。オレはこれを思いついた夜、興奮で寝付けず何度もオナニーしたのを覚えている。

翌日からその作戦を実行した。妹は必ず夕食の前後あたりにトイレにいく。そこでその時間帯にトイレにこもってマンガを読む習慣をつけた。マンガはトイレ内に置いてあるので、外の人にはオレがマンガを読んでることは分からない。


告白体験談関連タグ

||||

【妹】妹のウンコ【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月20日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ