相互リンク先の更新情報!

【友達】小さな彼女1【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


ミキちゃんは7歳の小学2年生で、身長134cm 体重不明 クラスでは後から2番目ということ。

年の割りにはかなり大きい子です。

あまり詳しく書くとウソっぽいのでデータはこんなもんで本題に。

あっ、私がミキちゃんと知り合った理由は、バツ1な私の彼女の連れ子です。

まず、普段彼女に使っている苺のローターを手渡してみました。

スイッチを入れてあげると

「なんだぁこれービリビリして面白い〜」

と舌に絡む様なこの年齢特有の口調ではしゃいで私に擦り寄ってきました。

私があぐらをかいているとそこに収まるように座るのがいつもの事なので、

どれどれと私がローターを手に取り「ビリビリ攻撃だぁ」とおへその辺りに

押しつけるとくすぐったがりながらも、いやがらずにニコニコしながら

「そんな攻撃平気だもん」と私の手を見つめていました。

この日はサイズの小さくなったワンピースを着ていたので、パンツ丸出し

スタイルで座っているミキちゃんに今度は

「クンツァイト様のスーパービリビリ攻撃を耐えられるかな?」と




いつも遊んでいるセーラームーンに引っかけてパンツの中心部に押し当ててみました。

すると「アッ」と声を上げ振り向きながら私の顔を見るなり

「くすぐったいけど平気」と言ってきたのです。

続けていると「ハァーッ、アッ」と今まで聞いた事のないトーンで

明らかによがっているんです。その瞬間、私は彼女にバレたらと頭をよぎり

急に怖くなり(その表情や仕草が彼女とそっくりで)

ローターをその部分から外すと「アッ」と声を上げると同時に、私に残念そうな

表情を見せるじゃないですか。

一瞬の沈黙の後にミキちゃんが、もっとやって良いよと言ってきたのです。

でも、バレたら の思いが頭に渦巻く私は何も出来ずにいると、耳元に口を近づけ

かの泣くような声で「あのね、ママには内緒にしてね」とミキちゃんが言ってきたのです。

その瞬間何かが私の中で弾けてしまいました。大きく開いた足の中心に再度

ローターを押しつけると、ハァー、アッ、ハァ と先ほどよりも遙かにハッキリした

口調でよがっているんです。子どもパンツ特有の厚みのある布を通してもしっとりと

湿ってきた感触が私の指に伝わり、クリトリスはこのへんかな?と場所をずらした瞬間

ソレまでの途切れ途切れの声から突然「ハッハッハアン」と続けて声を発し体を硬直させ、

閉じていた目をカッと見開き私を見つめて

「もっはぁ、止めてちょっとソコ止めて、ちょっと止めて、止めて」

と力んだ口調で私の服を強く握りしめながら訴えて来るのです。それでも止めずに続けていると

力んだ口調は更に強くなり「ハッ、アッ待って待ってまってっ」と発し、ガックリと

全身の力が抜け「またトイレに行きそう」と文法のおかしな、それでいてミキちゃん

なりの表現で私にイッた事を伝えてきたのです。

少し時間を置くとミキちゃんも落ち着き、カサブタが取れたから痛いとか、

ワケのわからない事を口走っていましたが、フーと息をはきニコニコした表情で

「気持ち良かった。ママには絶対内緒にしてね」とミキちゃんに念を押されて

ホッとするやらとまどうやらの私がそこに居ました。

以前よりここのスレッドを見ていた私は、小学生しかも2年生は流石に

感じる事は無いだろうと思っていただけにミキちゃんのこの行動にはドキンとしました。

全ての小学生に当てはまるかどうかはわかりませんが、少なくとも私がこの日経験した

限りに置いては、小2の女の子は濡れるしイク事が出来る。しかもそのよがりかたは

成熟した女性と何ら変わり無いモノでした。


告白体験談関連タグ

|||||

【友達】小さな彼女1【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月20日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ