相互リンク先の更新情報!

【職場】完堕ちした美しい人 【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


のつづき



端正な顔、その眉間に皺が寄り、必死で苦痛に耐えている表情。

しかし、その表情がときどき緩むことに僕は気づきました。

いったいどんな刺激を与えられているのか。

長門の手の動きに呼応するように、頑なな表情がどんどん緩んでいきました。



若葉さんは四つん這いでお尻を突き上げるポーズを取らされていました。

ちょうど猫が伸びをする時のような格好です。

お尻側に陣取る長門には、若葉さんのパックリ広がった恥ずかしい部分が丸見えになっているはず。

僕は特等席こそ長門に譲り渡しはしましたが、顔の真ん前も悪くはないな、などと思っていました。

美しい顔を眺めながら、その表情の変化を楽しみ、四つん這いで垂れ下がった美乳に手を伸ばして弄ぶ。

まさに至極の喜びでした。

ただ、少し油断するだけで若葉さんはすぐに顔を下に向けてしまいます。

だから僕は若葉さんのシャープな顎に手を添えて、軽く持ち上げながら、もう片方の手を伸ばして身体を好き放題に触りました。








両手で若葉さんの尻たぶを広げながら、長門がふと顔を上げました。

僕と目が合うと、ニヤっと意味深に笑いながら、中指を1本立てました。

僕には、その意図がすぐに理解できました。

長門は、広げられたお尻の中心に息づく蕾、その可憐な蕾にそっと指を這わせる。

その瞬間、若葉さんがビクッと反応しました。



「んんっ・・・」



その部分を丁寧にさする指の動きに呼応して、若葉さんが息を漏らす。

僕も負けてはいられないと、手を伸ばして、そっと乳首を摘む。

そしてグリグリと軽く揉んでみる。



「んん、んん・・」



乳首とアナルの二点を同時に攻められ、苦しそうな若葉さん。



さらに長門はクリトリスにまで手を伸ばす。



「あっん!」

「ああ、あああ」

「はあぁぁん、ああん」



一度あげてしまった喘ぎ声は、どんどん大きく、そして激しくなっていき



「ああ、ああんっ、ああああん、あああ」



「若葉さん、気持ちいいの?」



達也が顔を覗き込んで聞くと、若葉さんは恥ずかしげに顔を背けました。。

僕はその表情を可愛いと思いました。。

若葉さんは僕にとって世界一綺麗で、ずっと憧れていた女性です。

実際に知り合ってみると、美しいだけでなく、真面目で、聡明で、仕事熱心で

とても素敵な女性でした。

この美しく聡明な人が今後どのような目に遭うかを考えると、胸がチクッと痛くなりました。

おそらく・・・若葉さんはもう・・・

内田社長の手から逃れられない。

若葉さんは達也のためなら何でもするはずです。

そのことは目の前の光景が如実に証明していました。

計画は順調すぎるくらい順調といって良い状態でした。



達也は僕達より先に、まず社長に若葉さんを抱かせるつもりだったようです。



「本当に僕達が先でいいんですか?社長が先の方がいいんでは?



社長「いきなり、こんなオジサンが相手じゃ若葉さんも嫌がるだろw

   まずは、君達がやって、ハードルを下げた方がいいんだよ」



専務「そうそう。いずれは社長の玩具になるわけですからねw」



社長「ああ、お前ら、アナルは取っておけよ。」



達也「指までしか入れてませーん」



社長「じゃあ、指までは許す!」



専務「ああいうプライドの高そうな女に、尻の穴を差し出させるのは面白そうですね」



達也「基本ですよw。いずれ皆の前でアナルショーでもさせましょうかw」



社長「それは良いねぇw」



僕は自分のことは棚に上げて、若葉さんの様な人が、あんな冴えないオヤジ達の慰み者になると思うと、なんとも言えない気持ちでした。





「ああん、ああ、もっと、もっとよ〜 あああん」



僕が物思いに耽っているうちに、いつの間にか達也も加わり、

3人で攻めると、すぐに若葉さんは狂いだしました。



「しょうがないなぁ、じゃあ、若葉さん、ケツ振って、長門におねだりしなよ」



僕は見ていられませんでした。

あの若葉さんが長門の鼻先にお尻を突き出して、振り振りしていました。



「おおお!すげえ!」

すぐに長門が歓声をあげました。



「じゃ、若葉さん、もっとお尻を突き上げましょうw」

調子にのった長門の指示にも、若葉さんはすぐに応じてしまう。

重心を前方にかけて、膝を使って、思い切りお尻を突き上げました。

なんとも惨めな格好。その体勢のまま、お尻が左右に振られました。



「うっわ、これはw もういいから振らなくていいからw 逆に萎えるわw」



言いながら動きの止まったお尻の穴を長門の指が容赦なく抉りました。



「あっああっ!」



面白がって達也も加わり、二人がかりで若葉さんは下半身を攻めまくられました。



お尻の穴に指を立てられ、

クチュクチュ音を立てながらクリトリスを弄られ、そして、ズポズポ激しくマンコに指を出し入れされると

もう若葉さんは喘ぎまくりでした。



「ほら、一度、逝っちゃおうか、若葉さん」

達也の台詞に呼応して長門の指使いもスパートしました。



「あっん、あっん、あっん、あっん」リズミカルに喘いでいた声の間隔がだんだん短くなっていき

そして、、

「はあああああああん」

大きな声とともに背中を仰け反らせるようにして

とうとう若葉さんは達してしまいました。



まるで勝利者の様に腕を掲げた長門の右手はビショビショに濡れていました。





一度逝った後の若葉さんは、タガが外れたかの様に乱れ狂いました。



「どうです?若葉さん?俺のチンコがほら、全部若葉さんの中に入ってますよ」



長門はゆっくり時間をかけて若葉さんを楽しんでいました。

長門にやられて喘ぎまくる若葉さんには

いつものオーラや気迫のようなものは全く感じられなくなっていました。



だからこそ、僕も大胆になることができたのかもしれません。

バックからやられている若葉さんの乳房が長門の腰の動きに合わせて、ゆらゆらと揺れていました。

それを見ていると、どうしようもなくムラムラしてきて

僕はパンツを脱いで、四つん這いの若葉さんの口元にチンコを持っていきました。



「おう、伊藤ちゃん、やるね〜」

達也に囃し立てられながら、僕は人生初めてのフェラチオを味わいました。

女性に自分のチンコを咥えさせることができるなんて、キモオタの僕には夢のような話でした。

しかも、それが憧れの若葉さんなのですから、堪りません。

僕はチンコを咥えている整った顔を見つめながら、この幸運を与えてくれた達也のためだったら死んでも良いかもと思いました。

それ程に、若葉さんの口の中は、とても柔らかくて、気持ちの良いものでした。





やっと長門が終わると僕は待ちきれないとばかりに、

まだハアハアいってる若葉さんの脚をカエルのように広げました。

マンコには長門のチンコによって広げられた穴がまだリアルに残っていて、

穴の周囲に白っぽい液が付いていていました。

少し躊躇う表情をすると



「中には出してないから、それ、マン汁だよ。擦れて泡立ってるだけだから」という声が聞こえました。



長門は僕のことを思ってか、中には出していなかったのです。



僕は若葉さんの涎にまみれたチンコを穴の入口にあてがってから、差し込む前に、一目、顔を見たいと思いました。

若葉さんは嫌そうに固く目を閉じていて、少しがっかりしましたが、

長いまつ毛と鼻筋のとおった鼻を見て、こんな綺麗な人とやれるんだと自分を鼓舞させてから、ゆっくり奥まで押し込んでいきました。

感動的でした。ショッピングテレビで初めて見かけた時から、ずっと妄想していたことが現実となったのです。

僕は若葉さんの中身を存分に味わいたくて、自身の分身をじっくりと擦りつけました。

美しい顔が歪められ、美乳が揺れる様を目で楽しみながら、下半身は若葉さんの柔肉の締め付けを堪能する。

まさに至福という言葉がぴったりでした。



途中、若葉さんは、よがり顔を見せる前に、両手で顔を覆ってしまい、がっかりさせられました。

しかし、僕の気持を察したのか、達也が若葉さんの両手首を掴んで、バンザイのような格好にさせて、しっかりと押さえてくれました。

僕は達也に感謝しながら、腰を動かしました。

そして、ついに若葉さんは、僕に突かれて喘ぎ、もだえ、あへ顔を晒しました。



これ程の美女を自由にできることは僕の人生には有り得ないことでした。

真面目に生きてきた僕に、神が与えてくれた特別なご褒美なんだと思いました。

だから、神に許された行為だからこそ、僕は若葉さんにとっては残酷なことでも平気でできたのかもしれません。

僕と長門は代わる代わる、或いは一緒になって、

若葉さんを弄りまわし、舐め回し、吸い尽くして、やりたくなったら、舐めさせ、突きまくり、

若葉さんの膣の中も口の中も散々汚しまくりました。



やっと精が尽きて、頭が冷えてくると、その酷い惨状に思わず息を飲みました。

若葉さんは、裸身を晒しながら、だらしなく四肢を広げて、

顔も身体も精と唾液にまみれて、失神したかのように、ぐったりと横たわっていたのです。

あまりの惨状にパニックになった僕をよそに、達也は非常に冷静でした。

達也は優しく若葉さんを揺り起こすと、

僕達、特に長門の精にまみれた若葉さんの身体を優しく抱いて、ゆっくりエスコートしながら

バスルームまで連れていきました。

途中、若葉さんとどんな会話をしたのかと心配する僕に、達也は「大丈夫だ」と

親指を立てました。どこまで凄い奴なんだ、と僕は崇めるように達也を見ました。

しかし、それでも不安はぬぐい去れずに

バスルームからなかなか戻ってこない若葉さんを不安な気持ちで只管待ちました。



心配が頂点に達して、達也に見てくるように言おうとした時、

若葉さんは、やっと戻ってきました。



「え?!」



若葉さんの姿を目にして、僕は驚いて思わず声を漏らしました。



シャワーを浴びて、パリッとした若葉さんは気品すら感じさせる雰囲気で、

どう見ても清楚な美女だったのです。

今まで見たことのないアップにした髪のせいで露になった、うなじから肩の線。こぼれた後れ毛。

背筋を真っ直ぐピンと伸ばす姿に、僕は思わず見蕩れてしまいました。

長門の方を見ると、長門も目を丸くして若葉さんに見入っているようでした。

つい1時間前までの乱れた姿が、まるで夢であったかと思わせる程、

若葉さんは毅然として、いつものオーラのようなものが戻っていました。

僕も長門もそんな若葉さんを前にして、再び緊張感が戻ってきてしまいました。



それから暫くの間は、僕たちは料理を摘まみながら、そっと若葉さんを盗み見る作業を続けるしかありませんでした。

スーツの前を上品に盛り上げる膨らみを盗み見て

1時間前には揉み放題にしていたんだよなぁなどと不謹慎なことを考えると

股間は、はち切れそうになりました。

そして、勃起しすぎて痛くなってきた頃、事件が起こりました。

いえ、達也が起こしてくれたと言った方が良いかもしれません。



達也は、無言の食卓を払拭しようとして、若葉さんにちょっかいを出したのです。

急なことに驚いた若葉さんがビクッと立ち上がった拍子に、肘が達也の顎の辺りを強打しました。



「痛ってぇ」と顔を押さえる達也を心配していると

信じられないことが起こりました。



なんと!あの若葉さんが僕達の目の前で土下座をしたのです。

びっくりする僕と長門に、達也は不敵な笑みを浮かべました。

どうやら痛がっているのは演技だったようです。



『ちゃんと調教もしてるんだよ!なめんな!』そう目が訴えていました。



「達也、ごめんね。お願い、許して。ねえ、お願いよ。何でもするから許して!」

そう言って、

ひたすら謝り続ける若葉さんを目にして、もはや僕たちに緊張感などは完全に無くなっていました。

なにより、若葉さんがシャワーから戻ってから、ずっと僕の股間はギンギンに怒張していたのです。

僕は、土下座する若葉さんの細い首筋を見つめながら

もう一度きちんとした形で、ヌードを見たいと思いました。

だから、そっと達也に耳打ちしました。



正直、これ程まで達也が、あの若葉さんを自由にできるとは予想もしていませんでした。

しかし、嬉しい形で予想は裏切られ、

すぐに素晴らしいストリップショウが始まりました。



恥ずかしげに顔を赤らめながら、若葉さんはスーツのジャケットを脱ぎ

ブラウスのボタンを外していきました。

再び僕らの前に顔を出した柔らかそうな胸の谷間に、目を輝かせながら、「早く〜」と促すと

若葉さんは達也の顔を伺うように見ました。



「オッパイから出そうか」有無を言わせぬ口調に、若葉さんは静かに頷きました。



さすが達也!分かってるね〜

心の中で喝采をあげていると

若葉さんは背中に手を回してブラのホックを外し、

すぐにスルッとブラジャーが取り去られました。

隠しても意味がないことを悟っているのか

若葉さんはブラを握り締めたまま、だらんと手を垂らしました。



あの形の良い乳房が、再び僕たちの前に晒されたのです。



まだ下はスカートを履いていましたが、

僕は石鹸の香りが漂う柔肌に吸い寄せられるように、

若葉さんの傍へ行き、自然と乳房に手が伸びました。

しかし、手が乳房に届く前に、若葉さんは冷ややかな表情で、僕の手首を掴みました。

僕は若葉さんの表情が怖くて、手を掴まれたまま、どうしたら良いか途方にくれて

すぐに達也に視線を向けました。

達也は、大きく頷いたかと思うと、

露骨と言える態度で、若葉さんの太ももに手を伸ばしました。



すると、驚くことに、若葉さんは僕の手首を放して、

「許してくれるの?ねえ?達也?」と叫んだのです。



驚いて口をぽかーんと開ける僕を達也はニヤ付きながら見てから、

急に表情を変えて少しきつめに言いました。



「若葉さん、今更恥ずかしがってどうするの? 俺に恥をかかせないでよ。

 さっきのことは許すからさぁ。もっと胸を反らせて、その素敵な身体をアピールしようよ」

 

「うん。ありがと。達也(泣)」

僕は心の中で『マジかよ』と思いましたが、

若葉さんはよほど達也のことが気になっていたのか、涙ぐむ勢いで達也からの許しを喜んでいる様でした。

そして、若葉さんはすぐに動きました。



それは感動するくらい素敵なポーズでした。

若葉さんは、両手を頭の後ろで組んで、剥き出しの胸を反らしたのです。



興奮を隠さずに達也の顔を見ると、達也はドヤ顔で頷きました。

達也の自信満々な表情を信じて

僕は再び若葉さんの身体に手を伸ばしました。

ツンと突き出された乳房に恐る恐る手のひらを被せていくと、

まずは、乳首がチョンと手のひらに当たり、そしてすぐに乳房の柔らかさが手のひらに伝わってきました。

それでも、若葉さんは僕の手首を掴むことも、身体を捩ることさえしませんでした。

これはイケル!そう確信して、僕は乳首の上から多少強めに乳房を揉み込みました。抵抗は全くありませんでした。

やったー!そう心の中で叫んでから、乳首を摘まんで、若葉さんの顔を覗き込みました。

若葉さんは恥ずかしそうに顔を背けましたが、気になっていた項が僕の方に向いたので、

すかさず、うなじに吸いつきました。

石鹸の香りと若葉さん独特の香りが合さって、なんとも言えない良い香りを楽しみながら

両手を使って乳房を揉みまくりました。



「揉み方が、エロすぎだろw」

長門が涎を垂らさんばかりに、野次を入れてきたので、

揉み方を変えて、長門に向かって乳首を突き出すように絞ってやりました。

すぐに長門が奇声をあげましたが、軽く無視しました。



少々お預けをくらったこともあって、僕は鼻息を荒くさせながら、

それはもう好きなように揉みまくりました。

そうしていると乳首がとんでもなく固くなっていることに気づきました。

夢中になりすぎてしまったので、若葉さんが、どんな顔をしているか気になりました。



若葉さんは頭の後ろで組んだ手にギュッと力を入れながら、固く目を閉じていました。

「若葉さん、恥ずかしいの?」

硬くなった乳首を伸ばすように引っ張りながら言ってみても

全くの無反応でした。

『そういう態度なら、考えがあるよ!』と心の中で怒鳴ってから、

「達也!そろそろ下の方を手伝ってあげたら?」と言いました。



すぐに僕の意図を察した長門と達也が若葉さんを脱がしに掛かりました。

若葉さんは、ストッキングを履いていなかったので、あっという間に脱がされました。

達也が若葉さんの足首を持って「はい、上げて〜」というと

足元に最後まで残っていたパンツが足から抜かれ、若葉さんが身につけているのは頭を結いているシュシュだけになりました。



再び素っ裸になっても頭の後ろで手をギュッと組んで、固く目を閉じている若葉さんを見て

僕は「ちゃんと全部を見たいな」と言ってみました。



僕の意見に、長門も同調してくれました。

ギュッと頭の後ろで握られていた若葉さんの手を達也が優しく握り、ゆっくり解いていきました。

そして、次のポーズが耳元で囁かれました。

顔を上げた若葉さんは一瞬だけ躊躇の表情を浮かべました。

が、結局は頷きました。



クリから尿道、膣口からアナル、、若葉さんは自分の全てを遺憾なく見せつけてくれました。



その後は、若葉さんは全く逆らうことはなく、僕達の思うがままになりました。



僕は股間の前で揺れるシュシュを見ながら、思いました。

シャワーからあがってきた若葉さんが、美しく清楚な姿だった時から

こうなることは決まっていたのだと。

この人が美しくあればある程、恥ずかしい思いをさせられる。

若葉さんは、まだ自由の身。

しかし、計画が成功すれば達也という名の鎖で繋がれ自分の意志ではどうにもできなくなります。

社長達は逆らうことのできない若葉さんを僕達など比ではないほど辱めることでしょう。

屈辱の悔し涙を浮かべながら、おっさん達の前で股間を全開にさせる若葉さんを想像すると

「うっ」と若葉さんが苦しがりました。

若葉さんの口に中で急に大きくなったようです。

これから、この人は何人のチンコを口に含むのだろうか。。



ら言ってみ


告白体験談関連タグ

||||||||||

【職場】完堕ちした美しい人 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月24日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ