相互リンク先の更新情報!

【初体験】ベテランに筆下ろし【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


モテないから恋人はいない



店員とか話すの恥ずかしいから風俗もいけない



そして初めてなのでベテランに筆下ろしをして欲しい



だから『人妻密会サークル』で



ベテランの人妻か熟女を見つけた



そして会うことになった



相手は30くらいの人妻



とりあえず待ち合わせ場所と時間が決まったので






俺は胸をときめかせて家を出た



予定より早くついたので



待ち合わせ場所のコンビニの前でウロウロしてた



相手は黒のワンピースっぽい服を着ているそうで



俺は必死に黒のワンピースを探した



何人もそれっぽい服の人が目の前を通って



「可愛かったのにこの人じゃないのか…」



「うわっ、この人じゃなくてよかった」とか思ってた



しばらくして「今コンビニの前にいる人?」ってメールが来た



振り向くと立ち読みしてる女性がそうらしかった



化粧のせいもあるのだろうけど



なかなか綺麗な人で俺は心の中でガッツポーズした



もう頭の中はHなことでいっぱいで半勃ちになってた



さっそく近場のホテルへ向かう(俺は当然初めてのホテル)



なかなかテンションが高い人で人妻のせいか



「こんな若い人といいのかしら」とか言ってた



ちなみに俺二十歳



繰り返すがもう俺の頭の中はHなことでいっぱいだった



どんな世界が待っているんだろうと浮かれていた



だから当然何回戦もするんだろうと思い



「ゴム買わなくてもいいですかね…?」とオドオドした感じで尋ねた



(ホテルには2個しかゴムがないことを知ってたから)



すると女性は「なに?そんなに大きいの?」



とか相変わらずのテンションだった



そしてホテルに入り部屋へ



今までネットでしか見たことのなかったその光景に俺は見とれた



白いシーツのダブルベットが俺にはアダルトグッツのようにいやらしく見えた



まずはソファーに座り落ち着く



女性はタバコを吸いはじめ俺は心を落ち着かせた



しばらくして女性はタバコを終えお風呂入ろうかと言った



俺のちんこは完全に勃起していた



そこで服を脱ぎ始める俺と女性



俺は初めて女性の前で裸になり、同時に初めて女性の裸を見た



肌が綺麗で下は毛でハッキリとは見えなかった



そのまま風呂へ



俺は一緒に湯舟に浸かるのかと思ってたけど



どうやらシャワーですますらしかった



ちょっと残念だったが我慢した



「じゃあ洗うね」と言って膝立ちになって俺のちんこを洗い始めた



初めての他人の手の感触はとても気持ちかった



馴れた手つきで半ば手コキのように洗う女性



ずっとずっと洗われたいと思ってたけど案外早く終わってしまった



俺も早くまんこ触ったり舐めたりしたいなんてことを考えてた



そしてベッドへ



まずは二人並んで横になる



女性の身体のいい匂いで俺はもう頭がおかしくなりそうだった



今まで妄想でしかできなかったことが



現実になるんだ!!!と歓喜乱舞していた



「じゃあしよっか」と言ってそのまま手コキが始まった



かと思ったら早速俺の股下の位置へ移動した



そして女性はフェラを始めた



初めての手コキにも興奮したが初めてのフェラはその何倍にも興奮した



そして女性の口の中の感触はもうなんとも言い難いものだった



もう最初から全力のでフェラだった



ジュポジュポ音をたてて女性の顔が俺の股目掛けて上下していた



女性が「気持ちいい?」と聞いてきたので素直に気持ちいいですと答えた



そんな女性のジュポジュポフェラが終わったかと思うと



早速「いれよっか」と言ってきた



え、もう?もっと身体舐めあったりしないの?と疑問に思った



まだまんこも触ってないし



クンニもしてないしそもそもまともに見てないのに…



でもそんなのは後でもいいと俺は指示に従った



女性はゴムを出すとこれまた馴れた手つきで俺に装着した



ビンビンに勃起していた



すると女性は俺にまたがりさっそく挿入する体勢になった



いきなりの騎乗位だった



俺はMだし騎乗位に憧れいたのでよりいっそう興奮した



そして女性はちんこをつかみながらゆっくりと腰を下ろし、



俺のちんこは初めてその花園に侵入した



初めてのまんこ…にゅぷという初めての感触…



オナホよりもいやしく気持ち良かった



予想よりもまんこの中があったかくてビックリした



女性は先程のフェラの激しさそのままに激しく腰を動かした



これもまるでAVのような騎乗位だった



あんっあんっと声をあげとにかくズポズポと腰をふる女性



俺はオナホの特訓おかげかすぐにイクことは避けた



(初めてオナホを買って入れた時、入れた瞬間にいったので早漏克服のためオナホで鍛えていた)



まさにそれは夢に見ていたSEXだった



しばらく騎乗位が続いた



確かにそれ気持ち良くて最高だったが



坦々と腰を振っていたせいかどこか限界があった



(なんの限界なのかはよくわからない)



そのまま変化がないので



俺はそのまま体をあげ正常位の体勢になった



そこで初めて自ら腰を振った



意外と辛く足がつる寸前までいったがギリギリで耐える



相変わらず女性はあんっあんっといやらしく喘いでいた



当然目の前にはおっぱいが…



俺はがむしゃらに腰を振りつつ女性のおっぱいを揉みんだり吸ったりした



ちなみにおっぱいを揉んだり吸ったりしたのは初めてじゃない



そして女性に「キスしてもいい?」とオドオドしながら聞いた



女性は頷き正常位のままキスした



初キスにしては刺激的で女性はやらしく舌を絡ませてきた



そのまま腰を振りつづける俺…



ちなみに初めておっぱい揉んだり吸ったりしたのは



もっと昔で妹が寝てる間にやった



そして俺はバックで突きたいと申し出た



女性はわかったといい四つん這いになって尻をつきだしてきた



今思えばこの時もっとよくまんこを見たり手で触っておけばよかった



案外すっと入りそのままバックへ



俺はなおも腰を振り続ける…



AVのようにパンパンといかなかったがとにかく腰を振り続けた



勃起したちんこが女性のまんこにズボズボ突き刺さるのが実感できた



しばらく腰を振りつづける…



さっきから言ってるように確かにそれは



気持ちのいいことだったがさすがに疲れてきた



そもそも興奮してるとは言ってもなんというか…



オナニーしてて抜く間際の興奮っていうのか?……



そういう興奮状態にはなってなかった



部屋は熱く俺も女性も汗だくだった



俺はちんこを抜いた



俺は何を思ったのかイったと嘘をついた



何故こんなことを言ったのかはわからない



そしてそのまま俺はゴムをとった



女性は「そしたら休憩しよっか」と言い



「熱すぎ」といい部屋を涼しくした



俺も休憩したいと思っていたので



そのままソファーでくつろぐことにした



さて、ここまで俺は色々書いてきたが



フェラが始まってから休憩に入るまで約15分である



文字に起こしてるからいやらしいSEXに思えるかもしれないが、



実際挿入という行為に興奮してとにかく腰を振っていただけである



ちなみに今回俺が払うのはホテル代込みで17000円



シャワーの時間を含めればプレイ時間は約20分



確かにフェラや挿入は気持ちよかったがそれ以外はあまりしていない



俺はまだまんこも触ってないし割れ目すら見えてない



おっぱいもんだのも猿のように腰振ってる最中でのことだったし、



ペッティング的なこともしてない



まあ休憩の後またやるのだろうと俺は悠長にくつろいでた



女性はまたタバコを吸っている



しばらく時間が経つ



女性はまだタバコを吸っていて俺はのちんこはもう萎み始めていた



そこで俺はやっと気付いた



えっ?これでおしまい…?



もちろんAVみたいなことを期待していたわけじゃない



ただ一つ言っておきたいのはその15分は



激しく動いてただけで文章よりずっと淡泊なものだった



俺はまだいってない



俺が弱々しい声で「そろそろしませんか…」と言うと



女性は「……ごめん、そろそろ帰らなきゃ」と言った



俺は愕然とした



そしてシャワーへスタスタと向かう女性



小心者の俺は文句も言えずに同じくシャワーへ向かった



「ちんこ洗って」と一言いうのがせいいっぱいだった



そして風呂を出る



だが俺はまだ諦めていなかった



まだ大丈夫だと思い待機…



女性は化粧を直していた



化粧を終えた女性は残りの服を着はじめた



俺は枯れるようなこえで「もっとしたいです…」と言った



すると女性は「もう時間だし……」「夫からメールもきた」とかえす



俺は何も言い返せない



ちなみにこの時俺はまだ裸である



こんなもんって思うかもしれないがあまりにショックだった



勢いで書いてたから補足するがメールの段階では



1〜2時間は大丈夫と言っていた



17000だと釣り合わないだろうと俺は思っていた



繰り返すが俺はまだいってない、射精していない



まだ快楽の頂点に達していない



俺はだんだんイライラしてきた



俺は勇気を振り絞り値引き交渉をした



割り切りでやった後にするのは無謀だと思ったが、



このまま17000円払っては俺のイライラが収まらなかった



「短すぎます…これじゃ……そのぉ……あの……17000も払えないです……」



俺は声を振り絞った



ちなみにまだ裸だった



女性「でも最初に17000って言ったじゃん」



女性「私も信用したから後払いにしたんだよ?」



女性「ちゃんと払ってもらわなきゃ困る」



俺「…………」



この後俺は「あの……」「その……」「でも……」といい続けた



結局15000円で済むことになり、



俺は金を払い服を着て女性とともにホテルを出た



そして女性と別れ焦燥感を抱きつつ帰路についた



家につき俺はネットで無修正AVを見て抜いた



気持ち良かった


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【初体験】ベテランに筆下ろし【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月24日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ