相互リンク先の更新情報!

【初体験】田舎の銭湯【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


小6の頃のお話です。



私はとある理由で、山奥の田舎に住んでました。



父は出稼ぎに出ていたのでおじいちゃんと二人で住んでいました。



そして日課といえばおじいちゃんと一緒に銭湯に行くことでした。



そして今考えればヘンかもしれませんがおじいちゃんと一緒に男湯に入ってました。



とはいえ、お客さんも5人くらいしかいなくほとんどがおじいちゃんです。



あまり、私自身も恥ずかしいという感覚はありませんでした。



その銭湯には露天風呂みたいな個室みたいな感じのお風呂があり、周りからはあんまり見えない作りになっていたのでそこにのんびりと入っていました。






あるとき、村の写真館のオジサンがその露天風呂に入っていました。



たわいもない話をそのオジサンと気にせずしていました。



ある日、「お嬢ちゃんオッパイ大きいな」といきなり言われました。



自分で言うのもなんですけど当時は小学生にしては大きかったと思います。



そして、オジサンに触られました。



あまり変な感じもしなく、それからオナニーもそのオジサンに教えてもらいました。



だんだんオジサンの要求は激しくなり、手コキやフェラなども教えてもらいました。



もちろんその時は何も知らないのでザーメンは飲んでました。



その日はご飯が食べられなかったのを覚えています。



だんだんと気持ちよくもなり、オジサンとの絡みが待ちどうしくなっている気がしまいした。



そして、小学校の卒業も近くなり、オジサンの本職でもある卒業写真撮ってあげるから、いついつおいでと言われました。



そして約束の日、山小屋のような所にベッドがあるだけの部屋につれて行かれました。



最初は普通に写真を撮っていまいしたが、そのうち1枚1枚と脱がされてしまいたぶん最初からオジサンの目的はヌード撮影だったと思います。



そして、乳首は立ってた方がいいからと言って舐めたり、アソコを触られたり、その内オジサンも服を脱ぎだし、いきなりキスをされ胸をもまれ、そうそれが初体験でした。



その後オジサンとの関係もしばらく続き、銭湯に行くととあるオジサンがアイツにさせるなら俺にもとチンチンを顔につけられたりしました。

その時は、手コキをして逃げました。



オジサンは自慢げにペラペラ話してたみたいです。



そういう噂も町に流れ、ある日小学生の時の担任の先生から電話がありました。



とりあえず会う約束をし、車で先生のお家に行きまいした。



先生はバツイチの40代です。



そして家につきなにをするのかわからないまま、いきなり襲ってきました。



先生は「あんなオヤジとセックスしたのか?」と大きな声で、俺は身体検査の時からお前のオッパイをさわりたかったんだと胸をもまれそれが二人目の経験です。



今は、田舎からも脱出しまるで夢のような出来事です。


告白体験談関連タグ

|||||

【初体験】田舎の銭湯【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月25日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ