相互リンク先の更新情報!

【初体験】某動画サイトで会った人とS○Xした話【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


<>1:私事ですが名無しです:2013/03/21(木)04:01:21.36ID:pgjvdoi+0<>

とりあえずスペックだけ…。



私 当時17歳 JK

相手 当時20歳 ニート



某動画サイトっていうのは、いわずもがな有名なあそこです。

その某動画サイトの生放送で出会うという、なんともテンプレなはじまり。



その当時、両親にねだってねだってねだりまくってやっと自分のPCを買ってもらった私はおおいにはしゃいでいたわけです。

もちろん、お金は自分の貯金です。貯めたバイト代やお年玉など。



なんていうのか、前にどこかで見た例えに、オタク高校生にPCを与えるということは不良高校生に原付を与えるのと同じだ!!というのを見たことがありますがまさにその通りです。

新しいものを手に入れるとまぁ乗り回すわ乗り回すわ、なんでも試してみたくなる。なんでもやってみたくなる。

小学生の頃からそこそこ濃いめのオタクだった私はPCというずっと欲しかったマイ単車を手に入れ、それはもう舞い上がっていた。






周りの友人にもオタクはいたけど、かといって引きこもるタイプではなかった。

普通に恋愛の話もするし、彼氏もいたことがある。性格も社交的だと思う。

ただ小中とかなーりイタい黒歴史があったため、出会い厨とかネットに関しては他の同級生より知識はあったと思う。

あと性的なことに関して。同級生の男子からエロ魔人とよばれたことがある程度には知識豊富でした。



例の某動画サイトは、中学生のころ友人に教えてもらって知った。

その時はアニメの手描きMADや某ボーカルアンドロイドの曲が好きで聞いていたけど、生放送の存在は毛ほども気にならなかった。

音楽聞いたりMAD見たり、それで満足してた。



ただ、マイPCを手に入れると、自分のPCを持ってる人にしかできないことがしたくなってくるんですね。

ここで私は、自分も動画を投稿してみたいと思うようになります。

家族共用でもエロ画像バリバリ保存しちゃうぜ!親にも公認だぜ!なんて人もいるかもだけど、私の両親、とくに母親はそういった出会い系やSNSサイトには非常に厳しかった。

エロ画像なんてもってのほかだった。家族共用パソコンでエロ動画見るときは履歴を必ず消した。



でもこれは私のPCなのよ!最初に気をつけなさい、変なのは見ちゃダメなんて注意をされたけど、動画投稿するだけだしいいよねーなんて思った私は、いろいろ調べて四苦八苦したものの

初めて動画を投稿したのである。なんの動画かは言わないですすみません。



結論から言うと、動画は作るのが大変だった。めんどくさいしよくわからんしで、数本つくってからはもう作らなくなってしまった。



ところがどっこい、ここで転機が訪れる。



このつまらない動画をマイリスしてくれた人がいたのです。ちょっと嬉しくなって調べると、その人も自分と同じジャンルで動画を投稿している人でした。

ちょうどそのときに、その人、以下オレオさんが生放送をしてたんですね。

のぞいてみると、オレオ氏が喋ってるわけです。放送で。

見ている人は数人のいわゆる過疎放送だったけど、生放送を初めてみる自分にとってはなかなか新鮮なもので、好奇心でコメントしてみた。

そしたら、最初は誰でしょう?みたいな反応だったけど、名前を言ったらああ!私さんね!動画面白かったよ〜なんて反応が返ってきて非常に興奮したのを覚えている。

私○○好きなんだよね〜 え!?俺もそれめっちゃすき! ほんと!? みたいな雰囲気。妙な親近感が勝手に湧くあの感じ。



そして何度かオレオ氏の放送を見ているうちに、こんどは自分も生放送したいと思うようになったのである。



ちなみにオレオ氏はS○Xの相手ではない。オレオ氏の出番はここで終了。



放送をしたくて始めたはいいものの、とにかくわからないことだらけだった。

だいぶ前の話なんで詳しくは覚えてないけど、画像の設定とかマイクとかその他諸々。



そんな時に現れたのがビスコだった。

ビスコも生放送をやっているらしく、基本的なことをわかりやすく教えてくれた。

画像設定から音の出し方、PCについても詳しくて設定なんかもいろいろアドバイスをくれた。

そこからビスコは私が生放送するたびにいつも顔を出した。だんだん親しくなっていき、そこからSkypeで個人的に話すようになっていった。



ビスコと話すのは楽しかった。年齢は二十歳と聞いていたけど、落ち着いたトーンで話す人だった。

ビスコは仕事をしていなくて、実家暮らしだった。



話した内容はよく覚えてないから省きます。

ちなみにこの時点でばれたら母に殺されると思った私は、夜中にこっそり起きてはSkypeで話すというのを繰り返していた。



しばらくして、ビスコの様子が変わってきた。

会話の後に、好きだよ、愛してるよ、とちょくちょく言ってくるようになった。

当時はドキッとしてたけど、今改めて思い直すとめちゃくちゃキモいな…。ようするに、ここからどんどん普通じゃなくなって行く訳です。



一度だけ互いの顔写真を交換しようという話になったことがあった。

私は友人ととった写真を送った。もちろん友人の顔は消した。

ビスコは、見た目がちょっとDQNぽかった。といっても鼻から下は手で隠していたので、

顔自体はよくわかんなかったけど。

特別かっこいいわけでもなく、かといって不細工でもなく、普通のお兄さんだった。



それで、まあいつの間にかビスコが好きだと思うようになっていった訳です。

出会い厨とはなんだか違う。不思議な雰囲気だった。

正直ネット恋愛とかきめぇwと思っていた自分がまさか会ったこともない人を好きになるなんて、

けっこう戸惑った。



でもこんなこと友達には相談できなかった。言ったらドン引きされておしまい、そう思った。

とにかく一人で悩んで悩んで悩んだあげく、告白した。



告白したときのことは省きます。思い出すだけで鳥肌が立ちそうだぜ。



結果、俺もという返事をもらい、晴れて付き合う?ことになった。

こうなってからは、とにかく両親にばれないように気をつけた。

見ず知らずの男と夜な夜なチャット会話してるなんて知られたら、発狂するだろうと思った。

PCを没収されるのだけはいやだった。



母は仕事の関係で、朝方にかえってくる。だから母が仕事の時だけ会話した。



当然だけど、私はまだ高校生だったし、平日は学校があった。でも朝の四時過ぎくらいまで話していると、

そこから起きられなくて学校に遅刻することが増えた。授業中には居眠りをした。

それでも話すことが楽しかったから、たいして問題だとは思わなかった。

恋は盲目というが、まさにその通りだった。学校生活よりも、ビスコのことを考えていた。



でも、どっからどうみてもおかしい私に、親が黙っているはずはなかった。

ビスコとのことがばれたのだ。



それはもう散々叱られた。PCを壊されそうになったけど、なんとか謝って謝って、もうビスコとは

話したりメールもしないと約束した。表面上は。

そうなってSkypeはしなくなったけど、懲りずにメールはしていた。



ビスコは性的な話はそんなにしなかった。

今日学校で何があったとか、家での話とか、そういうのを聞きたがった。

一回だけ、Skypeのとき電話越しにオ○ニーしてって言われたことがあったけど、そのとき以外にそんな話にはならなかった。

ちなみに、Skypeではいつも音声のみ。最初にお互いの写真を見せ合ったとき意外で顔を見ることはなかった。



騙されてるとかは思わなかった。ほんとに人の話をうんうんて聞く人で、いつもわたしばっかり話してた。



会いたいとは思っていたけど、ビスコと私の住む場所はそれなりに遠いし

金銭的な理由や親にどうやって説明するかなどいろいろあって、なかなか会いたいと言い出せなかった。



半年くらい経ってから、私から会いたいと言った。向こうもそう思ってたって言ってくれた。

お金はバイトして貯めればいい話だけど、問題は親になんて説明するかだった。

お互いの距離からして、日帰りは無理そうだったから一泊するしかなかった。



ここで友人に説明して、話を合わせてもらうことにした。ネットでということは言わなかったけど。

友人は、いいよーなんて二つ返事で承諾してくれた。

これでなんとかなると思った。

私はただひたすら会えることが嬉しくて仕方がなかった。



でも一番大きな問題が残ってた。

ある日ビスコが、会いたいけど、俺お金がなくて…みたいな内容のメールを送ってきた。

ビスコは全く働いてなかったから、それも当然だった。会えるってことに舞い上がってすっかり忘れていた。



私は、今すぐ会えなくてもいいよ、何ヶ月か後でもいいから、バイト探してみたら?と提案した。

でもビスコは渋っているみたいだった。

ビスコの家は両親が自営業しているらしく、自分に店を継がせる気なんだと話した。

それならバイト先さがさなくてもいいじゃん!と言ったら、でも俺両親の仕事嫌なんだよね…と文句を言い始めた。

じゃあバイトする?って聞くと、でも親が俺にバイトさせなくて…と言った。



今まで、私はビスコの仕事については触れないようにしてきた。

いろんな理由があるだろうし、私がそのことにとやかく首を突っ込んでビスコに不愉快な思いをさせたくなかったからだ。

でもこの時はちょっとイラっときてしまった。

お金ないけど親の仕事も手伝いたくないしバイトも無理、でも私とは会いたい。



二十歳にもなって何を言ってるんだって思った。



それはちょっと都合良すぎるよ、私だってビスコとは会いたいけど、そんなお金に余裕ある訳じゃないし

それにお互い会いたいと思ってるなら片方だけが会いにいくっていうのはちょっとおかしいと思う。



こんな内容を送った気がする…。せっかく会えると思ったのに、ビスコの煮え切らない態度に

ちょっと不機嫌になってた。よろしくないね。



そしたらビスコは、でも会いたいって先に言ったのはそっちでしょ?と言ってきた。

私が不機嫌なメールを送ったのも原因だとは思うけど、かなりショックだった。

だったらもういいよ、会いたくない。とメールして、しばらく泣いた。



そのメールがきいたのか、しばらくビスコから連絡が来なくなった。

こっちから送るにも気まずいし、私からもメールを送らなかった。



二週間?ほどだったと思う。ビスコから親元で働きだしたというメールがきた。

私と会いたいから、頑張るよと書いてあった。その時は本当に嬉しかった。頑張ってくれている

ことがなにより嬉しくて、そしてメールのことを謝った。

ビスコも、あんな言い方してごめん、と謝ってくれた。



働く前は、ビスコは一日中パソコンをやっていた。メールの返事はすぐに返ってきた。

でも、働きだしてから朝は早いし夜は遅く、メールの回数は減った。それでも返事は必ず返してくれる。

ほんと優しい人だったと思う。



それから一ヶ月後くらいに、ついに会うことになった。駅近くのビジネスホテルに泊まろうということになった。

両親には友人の家に泊まると言って、そこから数時間かけて目的の場所へ向かった。

非常にドキドキしながら電車に乗ったな。懐かしい。



ビスコは携帯を持っていたけど、電話は使えなかった。金銭的な問題で。

駅についても連絡はとれず、しばらく駅内をうろうろしていたけれどそれらしき人も見つからない。



だんだん心細くなってきたとき、正面からこっちに向かって歩いてきた人がいた。

ビスコだった。



驚いたのは、ビスコの見た目は写真とは全く違っていたことだった。

身長は高かったけれど、その分太っていて、髪はボサボサ、着ている服や靴はところどころ破けていた。

そして、一泊するための下着を透明のビニール袋に入れて持っていた。

写真とはまるで別人だった。



でも自分の名前を知っていたし、声もビスコの声だった。

服装はまだしもビスコが下着を透明の袋に入れてもっていることが恥ずかしかった。



あれだけ会えることが楽しみだったのに、見た目があまりに違いショックを受けた。

隣に並んで歩くのが恥ずかしくて、少し早歩きをした。ビスコが手を繋いでこようとしたけど、恥ずかしいからと言って

照れたふりをして逃げた。



お腹が空いたので何か食べようという話になり、ファミレスに入った。

ビスコは床に下着の入った袋をおき、何品か注文した。もちろん私も。

ご飯がくるまでの間、とくに話すこともなく気まずい雰囲気になった。私はビスコに写真について訪ねた。



あの写真、ビスコだよね?と。

そうするとビスコは、そうだよ、三四年前のやつだけどねwと笑いながら言った。



食事が出されると、ビスコは背中を丸めて顔を皿に近づけて食べ始めた。

正直綺麗な食べ方とは言えなかった。びちゃびちゃと音をたててスープを飲んだ。

うっはwこのスープうまw私も飲む?w

とスプーンをこっちに向けたけど、他の人の目線が気になって恥ずかしさで一杯だった。



同時に、自分はこんなことで人を判断するようなやつだったのかと惨めな気持ちになった。

メールやSkypeの時とは別人のようだった。



でもそんなこと本人に言えるはずもなかった。周りのお客さんがこっちをチラチラみているのにも全く気づかずに

ビスコはひたすら食事をしていた。袋が透明だから下着は丸見えだし、くちゃくちゃと音をたてて食事するし、

とにかくはやく店を出たいとだけおもっていた。



ご飯を食べ終わってお金を払おうとした。私は割り勘って考えてたけど、ビスコはいいよいいよ俺が出すからといって

支払ってくれた。

ファミレスを出た後、ホテルにチェックインするまで時間があったから街をブラブラ歩いてた。

時間が経ってくると緊張もだんだん解けてきて、手をつないだりした。

まぁビニール袋は一緒に歩いてて恥ずかしかったけど、なんだかどうでもよくなってきてた。



それから夕方になってホテルにチェックインした。



最初は普通にキスした。ファーストキスは中学生のときにすんでるけど、経験豊富ってわけじゃない。

でも上手なキスって訳ではなかったと思う。唇がくっついただけ。小さくちゅってするだけ。

エロ知識は豊富でも、実際自分がその立場になるとひたすら恥ずかしかった。ここに書くのも恥ずかしいぞ。

そこからどんどんディープキスになっていった。今思うとお互いほんとにキスへったくそでした。

必死になって全然余裕なんてなかった。



でね、最初に書いておく。この時すでにちょっと引いてた。ビスコにね。

格好とか、食べ方とか、写真が何年か前のものだったこととか。

だから騙されたと言いたいわけじゃない。会うことを選んだのは自分だし。



断ることはできたと思う。けど、ここまできてビスコにあなたの見た目に引いたの、だからセ○クスしたくないなんて言うのは

あまりに酷いと思えて、断らなかった。どんなうまい理由をつけてもビスコが傷つくだろうと思った。

メールやSkypeしてた半年とちょっとのビスコとか、それまでの好きっていう思いもあった。

こんなこと書いといて、することはしたけどね。



ずっとキスしてるとだんだん濡れてきて、どんどん服を脱いで、胸を揉まれたり下を触られたりした。

セ○クスするまではいろいろと考えてたけど、いざ始まると微妙な気持ちよさとか、恥ずかしさでどうでもよくなった。

ほかのことを考える暇がなかった。当時はね。



舐めてほしいと言われて、ビスコのを咥えた。フ○ラチオという行為は知っていたけど、男の人がどうされたら気持ちいいのか全くわからなくて

ほんとにただなめたり、咥えて動かすことしかできなかった。かといってどうすれば気持ちいいの?なんて聞けなかった。

69の体勢にもなった。自分のを舐められても正直そんなに気持ちよくはなかった。でも恥ずかしくて舐められるたびにうぅ〜とかなんとか、変な声は出た。

色気のかけらもない。

自分のことばっかで相手のことを考える余裕がなかった。



ちょっとして、ビスコが挿れたいと言った。

口で返事するのが恥ずかしくて、うなずいた。私が下で、ビスコが上。正常位だった。

指でちょっとはならしてたけど、それでも痛かった。息もできないくらいだった。

ビスコが腰を進めようとしても、痛くて力んで、自然と太ももでおさえてた。



痛さにだいぶなれて気を緩めた瞬間、ビスコが思い切り突いてきて、一気に奥まで入ってきた。それはそれはもう痛くて悲鳴をあげた。

今思うと悲惨な状況だ…。まぁ初めてだったし、痛いのもしかたないけども。



動かされるのに慣れると、痛いのか気持ちいいのかわからなかった。

ただ異物感は強烈だったし、苦しくて突かれるたびに自然に声が出た。

その後ビスコがイッて、抱きしめられて、終了。



そのあとは疲れて、二人でくっついて寝た。

見た目がどうでも、ビスコが好きだと思った。

セ○クス後の雰囲気に流されてただけだろうけども、そんときは幸福感もあった。



次の日は最初から手を繋いでた。ご飯食べて、また街をブラブラした。

公園があって、ブランコに乗ったりもした。



帰る時間が近づいて、どんどん暗くなってきて、互いに口数が減った。



帰るために駅に向かう途中、ふとビスコの顔を見たら涙目になっていた。

驚いて、建物の陰に引っ張った。なんで泣いてるの、どうしたの?と聞いても、泣き笑いのような表情でこっちを見たまま喋らなかった。

そんなビスコを見てたら自分も泣きそうになってしまったので、泣かないでよと言った。



そしたら、ビスコがだって離れたくないんだよと言ってさらに泣いた。ついでに抱きしめてきた。

また会えるよ、と励ましたけど、結局二人で抱き合って泣いた。



それから互いに泣き止んだ後、電車に乗って帰った。



ちなみに感動話のようだけど、そうじゃないです。



帰ったあと、一週間くらいしてからだった。

母が友人の家に電話して、ビスコとしたことがばれた。



どこに泊まった!?まさかあんた前に言ってた男と!!?

その男を訴えるからね!!?あんたたちがしたことはそういうことだ!!

お父さんとお母さんの信頼を裏切って!!!自分のしたことがわかってる!!?!?どうのこうの



殴られはしなかったけど、母は泣いてた。私はずっと黙ってた。

結局訴えはしなかったけど、とたんに両親に申し訳なくなった。母が怒って泣く所を初めてみた。



人間現実に引き戻されると途端に冷静になるよね。

あれだけ好きだどうのこうの言ってセ○クスまでしたけど、急に冷めてしまった。



辛いこともあったけどやっと会えてセ○クスもして、幸せ。障害はあるけどビスコが好きだから平気!

とか、普通に思ってたわけです。自分じゃ大恋愛してるつもりだった。

けどそんなん端から見ればネットで出会った男とセ○クスしたってだけ。



例えば二十歳過ぎて働いて、自分の行動に責任取れれば別だと思う。それで結婚した人もいるだろうし。



結局、何してんだ私はって思い始めるとそこからもうどんどん嫌になってきてしまった。

最初に下着をビニール袋に入れてて引いたこととか思い出して、私はどうしてこの人と付き合ってセ○クスしたんだろうと思った。

それで、二ヶ月くらいして別れました。

ほんとにあっけなかった。


告白体験談関連タグ

|||||||||

【初体験】某動画サイトで会った人とS○Xした話【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月26日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ