相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】vipperに彼女を寝取らせた話をする【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


スペック



20 大学生

彼女

20 大学生 色白 Bカップ

vipper

30 キモオヤジ 童貞

正確には寝取らせたじゃなくて貸し出した

一月前の話なんだがvipで彼女を貸し出すので募集をかけた

そしたらおっさんとか高校生とかからメールがきた

その中で30まで童貞だったというおっさんがいた

メールの文には

「わたしはキスをしたこともありませんが

彼女をいかせることができるはずです。手マンには自信があります。」

こんな感じ




したこともないのにどこからその自信はくるのかと

でも面白そうだからこのおっさんにしてみた

都内某所で待ち合わせ

待ち合わせの時だけ俺は行くがその後は二人きり

そして条件は俺が別れた後から

ずっとボイスレコーダーで録音すること

当日

行ってみたら冴えないおっさんがいた

中肉中背、髪少し薄い、油ぎった髪、肩にフケがチラホラ

俺はファッションに詳しくないから

その人の靴でだいたい判断するんだがまさかの運動靴

3人で近くのエクセルシオールへ

俺「おっさん(その時は名前)は普段なにしてるんですか?」

おっさん「倉庫で仕分けとかピッキングを」

俺「あー、俺もしたことありますよ!もしかして派遣ですか?」

おっさん「はい、本当に彼女さん抱いていいんですか?」

俺「派遣!?給料やすいのに大変っすねー。

あ、ホテル代は彼女と割り勘させないでくださいね?」

この底辺おっさんに大事な彼女を犯されると考えるとぼっきした

そして条件の話

・ボイスレコーダーはずっとつけておくこと

・ホテル代とかその他費用は

 全部おっさんが払い彼女には一銭も払わせないこと

・ゴムをつけること

・彼女が拒否ることは無理じいしないこと

・6時間後に返すこと

で、そこで二人きりにして俺は漫喫へ

6時間後におっさんたちと合流

彼女のテンションだだ下がり

おっさんはなんか晴れ晴れしてる

おっさん「ありがとうございました!すごく気持ち良かったです!」

俺「あ、ども」

おっさん「またしたいです!あ、さっき彼女さんに連絡先

聞こうとしたんですけど彼氏に相談してくれって…教えてもらえますか?」

俺「は?いいわけねーだろ」

そして解散

俺は家につきボイスレコーダーを確認

まずラブホ入るまで

彼女のテンション普通

おっさん発情してる

おっさん「彼女さん(実際は下の名前で呼び捨て)はよくこういうことするの?」

彼女「いえ、始めてです」

おっさん「経験人数何人?」

彼女「1人です」

おっさん「彼氏としかしてないんだ!まあ僕はしたことないんだけどねw」

おっさん「気持ちよくさせちゃうから期待してね!」

彼女「はあw」

ラブホ着

部屋に入ったらしい

おっさん「彼女~!」

彼女「がっつき過ぎですよ~w」

おっさん「チンコ触って!キスするよ!」

くちゅくちゅ音がして始まるかと思ったら

彼女「あのすいません、歯当たって痛いです。あと舌を強く吸わないでください」

その後ベッドいってキスとお互い体の触り合い

しかしおっさんがどうやら下手らしく

おっさん「どう?ここ気持ちいいでしょ」

彼女「すいません、もう少し優しくしてください」

のやり取りが何回もあった

そしておっさんが彼女にフェラさせようとしたら彼女が咳き込み、

「シャワー浴びましょう」と

風呂場にはボイスレコーダーを

持ち込まなかったらしいからなにが起きてたか知らん

そしてシャワーから帰ってきてベッドへ

おっさん「もういれていいよね?」

彼女「いや、シャワーで全部

落ちちゃってますからもう少ししてもらわないと痛いです」

おっさん(なにやら触ってる音)「もういいよね?」

彼女「 (苦笑)」

そしていよいよ本番

おっさん「どう?気持ちいい?」

彼女「はあ」

おっさん「気持ちいいんでしょ?あんま喘がないね?どうしたの?」

彼女「あたしあんま声でないタイプなんで」

おっさん「我慢しなくていいんだよ!いっちゃいなよ!」

彼女「 (苦笑)」

おっさん「彼氏より気持ちいいんでしょ?彼氏より僕のほうがでかいでしょ?

おっさん(そいつの名前)のチンコでかくて素敵っていってごらん?」

彼女「…」

おっさん「僕もういくよ!一緒にいこう!あー、彼女のマンコいい!」

彼女「…」

おっさん「ゴム外していい?」

彼女「ダメ」

おっさん「いくよ!うっ!あああぁぁぁ…ハァハァふぅはぁ」

こっからおっさんのピロートーク

おっさん「僕のセックスよかったでしょ?」

彼女「はあw」

おっさん「彼氏より気持ち良かった?」

彼女「お茶いれますね」

おっさん「腕枕してあげるよ!こっちおいで?」

彼女「あ、あたし椅子のほうが落ち着くんで」

おっさん「彼氏から俺に乗り換えない?セックスの相性もいいみたいだし」

彼女「いやー年離れてるし」

おっさん「てかボイスレコーダー切りなよ!こっから内緒の話したいんだ」

彼女「はーい」コトッ

おっさん「こんなひどいことさせる

彼氏と別れて僕と付き合いなよ、大切にするし」

彼女「…」

おっさん「僕のほうが金あるしなにかといいよ?」

彼女「でも派遣でしょ?」

おっさん「それでも彼氏よりお金あるよ!」

彼女「彼氏も今派遣だしたいして変わらないと…」

おっさん「でも僕のほうがシフト多く入れるから!」

彼女「あ、ここゲーム機あるんですね!ゲームしてみたいな!」

おっさん「話逸らさないでよ!あ、携帯のアドレス教えてよ!」

彼女「彼氏に相談して聞いてみますね」

この後こんな話が延々と続く





新品価格¥491から(2011/11/24 05:33時点)


告白体験談関連タグ

||||

【寝取られ】vipperに彼女を寝取らせた話をする【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年5月29日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ