相互リンク先の更新情報!

【妹】双子の妹3【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


前編:双子の妹2





え〜、なんか「さっさと本番いけ!」

って声も聞こえてきましたんで、

本番行こうかと思います。

(余談ですが、キスしたことを、香織は知っていたらしい・・・)







両親は、あと三日は帰ってこない。

勉強は一応しているが、基本的にはだらだら生活の俺。

(はっきり言って、俺は真面目ではありません)

今度は、自室で昼寝をしようとしてた時のこと。

ベッドに横たわる。




寝たかったのに、部屋に入ってきた香織が、隣に横たわった。

大分慣れてきたが、やっぱりまだ恥ずかしい。

「香織、頼むから眠らしてくれ・・・。」

と頼んでみたが、

「や〜だ!」

と、案の定否定。

「ねえ、キスして?」

普通こんなん言われると否定しまくるが、

「ああ、いいぞ。」

って普っ通にオーケー。

軽いけど、ちゃんとしたキス。

朝起きて1回、学校に行くのに自宅の玄関で1回、

帰って来て1回、飯食い終わってからしばらくして1回、

んで、フィニッシュに寝る時に腕枕しながら1回。

一日に計5回もキスをしている。キス魔かも・・・。

だから、キスするのになんも違和感がしない。

「ねえ、お兄ちゃん。」

家ではこう言っています。

「ん?なんだ?」

俺は、仰向けになりながら言った。

「・・・ううん。なんでもない。おやすみ。」

ちょっと顔を赤くして目を閉じた。

「?うん。おやすみ。」

わけがわからないまま、俺も目を閉じた。





目は閉じてるけど、意識は起きているのって、皆はないかな?

俺はその時は、なっていた。

「・・・んっ。」

どうやら、香織は起きているらしい。

この声で起きたのかな俺は、と思う。

「・・・あっ!」

・・・え?

「んっ、はぁ、はぁ、んぁっ!」

っちょ、ちょっと、ちょっとまてい!

なんや?この押し殺したような声は?

「ああっ!あっ!お、お兄、ちゃん・・・!」

まてまてまてまてぃ!!もしかしてもしかするとぉ?

香織の声で、一気に脳が覚醒した俺は、うっすらと目を開けた。

そこには、なんかエロっぽい顔をした香織の顔が映った。

下半身辺りで、嫌らしい音をたてるのとほぼ同時に、

声を上げていた。

って言うか、もうきずいているよね。

そう、香織はオナニーをしていたのだ。

「お兄ちゃん、んぁ!あっああああああっ!!」

結構早くからしていたのか、

もうちょっと見たかったのに逝ってしまった。

「はあ・・・はあ・・・。」

ぐったりしている。俺はゆっくり目を開けた。

「・・・。」

完全に目を開いたのに、香織はまだきずいていない。

「・・・!!」

やっときずいたのか、肩をビクッとさした。

「おはよ。」

「お、おはよ・・・。」

顔を真っ赤にしながら、言い返した。

「なにしてたの?」

本当は知ってたけど、あえて聞いてみた。

「な、なにって・・・、その・・・。」

「オナってた?」

赤い顔を一層赤くして、俺の胸に顔を押し付けた。

目が合わせられないのだろう。

俺は、香織を優しく抱いた。

しばらくして、香織が顔を上げて俺を見た。

それと同時に、俺はキスをした。

いつもの軽いキスじゃなく、ディープキスをしてやった。

最初は驚いていたが、ちょっとしたら受け入れてくれた。

「キスした後にいいたかったのは、「して欲しい」か?」

香織は、無言で頷いた。

ここまできたら、俺はやめられません。

香織が嫌って言わない限り、止めません。

「良いのか?」

「お兄ちゃんじゃないと嫌なの。だから、お願い・・・。」

俺は頷いて、香織の上に覆い被さった。

まずはディープキス。

「ん・・・んふ・・・。」

だんだん息遣いが荒くなってきた。

ここで、ちょっと身体を浮かせて服越しに胸を揉んだ。

正直、とても柔らかかった。

「あっ!・・・。」

ちょっと揉んだだけで香織は感じていた。

俺は、香織の服を脱がそうとしたら、

「ごめん。お兄ちゃんも脱いで。一人じゃ恥ずかしいから・・・。」

「ん、わかった。」

ということで、俺と香織は丸裸になった。

香織の身体は綺麗だった。もうそれしか言いようがないくらいに。

胸はやっぱりBだそうで、あそこの毛はうっすらとだが、はえていた。

再開。

今度は、片手で胸を揉んで、もう片方の胸を口でして上げた。

「あっ!んぁっ!はぁっ!ああっ!」

どうやら、すごく感じているそうだ。

残った手で、香織のあそこに持っていく。

案の定、びしょびしょに濡れていた。

指をあそこの下から上へと撫でて行く度に、

「あっ!だ、駄目!そこは!あ!ひゃあ!」

等を叫んでいた。

もう俺のあそこはびんびんのガチガチで、入れたくてたまらなかった。

俺は、胸から手も顔も離して、俺の物を香織のあそこに持って行った。

最後の問い。

「本当に、いいんだな?」

「う、ん・・・。入れて、お兄ちゃんのが欲しいの。」

それを聞いた瞬間、俺は自分の物の先端を入れた。

「ひう!?」

痛かったのか、香織は信じられないぐらい強く俺に抱きついた。

「香織?大丈夫か?止めるか?」

と聞いたが、

「ううん、大丈夫。我慢するから、最後までやろ。」

俺が、少しずつ入れるたびに香織は我慢して耐えた。

最後まで入ると、

「・・・入った。」

「ああ・・・。」

「つながっているんだね。私たち・・・。」

「うん。そうだよ。嬉しいか?」

「うん、とても・・・。」

たしかこんな会話をした。

「動かすよ。」

って言ったら頷いたので、ゆっくり動かした。

香織の中は、熱くて気持ちが良かった。

射精感がきても休みながら耐えていった。

どんどん動くスピードを早くしていくと、

「お兄ちゃん・・・。お兄ちゃん・・・。」

って言っていた。

しばらくして、香織が叫びながら逝った。

ほぼ同時だったが、中で出すのはやばいと思って、

出す寸前に引き抜いて、香織の腹に大量の精子がかかった。

俺は、力尽きたように香織の隣に倒れ込んだ。

香織のあそこからは、少しだが血が出ていた。

「大丈夫か?」

「うん。ありがとう。大好きだよ、お兄ちゃん。」

「俺もだ。」

そのまま、二人して抱き合って寝た。

ちょっと前まで寝ていたのに、今はとてつもなく眠たかった。





まだ続きます


告白体験談関連タグ

||

【妹】双子の妹3【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月4日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ