相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】野外露出が癖になった私(後篇)【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


<浜辺で…>

私は夏に1人、車で20分位の街外れにある浜辺に向かいました。もちろん新地開拓です。薄手のワンピース1枚に下着は付けて

いません。小さな漁港に付くと車を止め、堤防近くの岩場に行きました。そこには地元の子供達が数人遊んでいました。

年は小学2年か3年位だと思います。”何してるの?”と聞くと”カニを捕まえてるんだ!”と答えてくれました。

”お家はこの辺なの?”と聞くと”うん!”と答えた。素直な感じの良い子だった。すると”一緒にカニ取ろうよ”と言われたので、

私も仲間に加わった。岩を除けると、カニが現れ手で捕まえるるんです。私も夢中で取っていると、1人の子供の視線を感じました。

視線の先を見ると、間違い無く私の股間でした。ワンピース姿(短め)でしゃがみ込めば前からはマンコが丸見えです。

男の子が余りにジッと見つめるので、何だか変な気になって、濡れ始めるのが分かりました。エロ液が滴る頃、男の子が近寄って来て

”何か出ているよ”と言うのです。私は”そう?何だろう?”と言うと”見てあげる”と近くから覗き出しました。その事に気付いた周りの子

も集まって来て(3人)”どうしたの?”と聞いて来た。”何でもないよ”と言うと、ジッと見ていた子が”下から何か出ているんだ!何かな?”

と、周りの子に教えたのでみんなでマンコを見始めた。私は相手が子供なのに興奮し、”ちょっと触ってみて”と言ってしまった。

子供達は手を伸ばしマンコを撫で始めた。最高に気持ち良かった!”何かヌルヌルするよ”と言い”おばちゃん大丈夫?”と言われた。

中には臭いを嗅いでいる子もいた。”ヌルヌル取って?奥まで手を入れて”と言うと、”取れば治るかな?”と素直な言葉が帰ってきた。

”お願い”と言うと、子供達はマンコに手を入れ始め、中からヌルヌルを出していた。小さい手はすっかりマンコの中に入り、中で

クネクネ動くから、遂には逝かされた。その事に気づかない子供達は、何度も出し入れを繰り返し、私は数回逝ってしまった。




”もう治ったみたい”と言うと”良かったね?”と笑顔で答えてくれた。手を洗ってあげて、また来るね!とサヨナラを言い車に戻った。

<友人とバイト…>

私の友人(子供が小さい頃のママ友)にバイトの話をされた。”バイトの子辞めちゃって忙しいから、新入り入るまで手伝ってくれない?”

友達は小さな喫茶店を経営していて、つい最近バイトの子が辞めてしまったらしい。1人で切り盛りは出来ないから、私が手伝う事に

なった。征服はフレアスカートにエプロン姿だった。しかも短かった!”ちょっと短くない?”と言うと”ゴメン前の子のしかないから我慢して”

と言われ、その征服に着替えた。初日、何となくレジと接客を覚え余裕が出て来た。翌日、私はまた変な性癖が出て、ノーパン・ノーブラ

で店にでた。友人は何も気づかず、淡々と料理を作っていた。私も、テキパキと仕事をこなしていた。午後になり客足が減った頃、一番

奥のテーブルに中年男性が座った。”注文は?”と言うと、お尻にタッチされた。”えっ”と言うと”新入りかい?可愛いね”とさらにスリスリ!

私は、”注文は?”と更に言うと”コーヒーと君”何て!オヤジギャグだった。コーヒーを持って行くと、パッとスカートをも繰り上げられた。

”お~サービスかい?”と言われ、”すいません黙っていてもらえます”ととっさに言ってしまった。

結局、その客は毎日現れ触られ続けた。2週間位で新入りのバイトの子が入ったので、私は辞めたんだけど、友人が”あなた目当ての客

毎日きてるんだよね?もてるね♡”と冷やかされた。それ以来、友人の店には顔を出していないんです。

<夫との旅行…>

仕事で、ほとんど家を留守にする夫だったが、私にはとても優しいんです。せっかくの休日、たまにはと言う事で、小旅行に

行く事にしました。夜行列車で、北海道です。私は、普段の癖でノーパン。ノーブラでした。夫も”お前服装若いな?スカート短くないか?”

と言われましたが、”でも、似あってるよ”とご満悦な感じでした。列車に乗り込んで直ぐに夕食時間だったので、食堂へ行き2人で、酒を

飲みながら、語りました。寝室に向かうと私達2人ともう1人30代の男性がいました。男性は下のベットに陣取っていたので、私と夫は

それぞれ上のベットにしました。夫は”ちょっと飲みすぎた”と直ぐにベットに横になった。私は、景色を楽しもうと外の見えるロビーに

向かった。1時間も過ぎた頃、私も寝台に戻ると、夫は寝ていた。私もベットに上がろうとした時、下の段に横になっていた男性の目線が

私のスカートに向いていた。”見られるかも?”と思い、スカートの裾を直しながら登ったが、見えない様には無理だった。振り向くと

彼の目がぱっちり見開いていた。ベットに横になりカーテンを閉めたが、胸はドキドキしていた。完全に見られた。どうしよう?と思ったら

またエロ液がドンドン溢れて来た。落ち着こうと思っても、もうどうしようも無かった。そんな時、オシッコが出そうになり、渋々また階段

を降りていった。男性はカーテンを閉める事も無く、私の下半身をじっと見つめていた。トイレを済ませ、綺麗にマンコを洗い戻る事に

した。階段に足を掛けた時、足を掴まれ”誘っているんですか?”と言われた。”違います。そんなんじゃ”と言うと”じゃ趣味?”と

聞かれ、”旦那には黙っていて下さい”と言い彼の近くに座った。”変な性癖なんです。でも夫は知りません。黙って頂けますか?”と

言うと”じゃ1回遣らせて”と言われたが、”遣るのは困ります。触るだけなら”と言い了承してもらった。

結局、彼に散々逝かされて、口で奉仕させられた。彼は、夫の目を盗んでは、私のマンコに指を突っ込んで来た。でも、彼の物を

入れられる事は無かった。

目的地に到着し、私達は1泊の旅を終え、また夜行列車で帰る事に、帰りは夫と2人だけだったので、楽しく過ごしたんです。

でも、SEXは無かったんですよ。寂しい!!!

<マンガ・ゲーム喫茶…>

最近近所にマンガ・ゲーム・スポーツなど何でも出来る屋内施設が出来たんです。数時間で1000円位なんですよ。その中に

個室のパソコン部屋があって、中では何をしているのか?外から分からないんです。私は、最近その部屋の中で、オナニーを

楽しんでいます。狭い空間ですが、壁1枚挟んで、隣には誰かが居る!私は、全裸で、バイブを入れる事もあるんです。

ブウィ~ン!とバイブの音が聞こえるんじゃないか?と考えたり、覗かれるかもと思うと、興奮します。また、道具を入れたまま

トイレに行ったり、ゲームをしてみたりもします。男性客がいると、さらに興奮!股全開でレースゲームをしてみたり、パちスロ

で足組んでみたり、ほとんどの男性は私に気付くと見てくれます。それと、一角にDVD観賞室もあって、中は暗いんですが、

窓が1枚、外からは近寄ってみないと中が見えない場所です。私は、その中で、全裸でDVDを見た事もあります。中からは外が

見えるから、もうドキドキです。この間は、中学生位の男の子が、窓に近寄って見ていました。私は後ろ姿なので、彼が気付いたかは

分かりません。誰も居ない時は、ワザと窓にお尻を付けて見たり、マンコを広げて見せる事もあります。誰にも見えていないと

思いますけど…。

45歳のおばさんが何やってるんだと思うんですが、性癖って直りません。それどころかエスカレートしています。

一体いつまで、続くんでしょうね?


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

【人妻・熟女】野外露出が癖になった私(後篇)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月4日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ