相互リンク先の更新情報!

【友達】少女の花びら ③【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


『 第三章 狭過ぎた膣内 』



俺は裕子の股間に顔を埋め舌先で縦筋を押し広げるように嘗めた

裕子は驚き顔で「汚い所を嘗めるなんて・・・先生は変態よ」

ふっくらと盛り上がった大陰唇の縦筋を指先で押さえ広げて処女膜に

届くように「ぺっちゃくっちゃずずずっちゅつぺろり」と舌先で嘗めると

縦筋の上から隠れていたクリトリスが突起して出て来た

クリトリスを口で含んで「ずずずずずっちゅつぺろりずずずずっ」と

吸い込むと裕子は首筋を伸ばし身体は弓のように返り「あぐっうっあっあっ」

「どうだ 裕子ちゃん 気持ちがいいだろうが えっ どうだ」

膣内口からはベトベト愛液が溢れ出てその愛液を「ずずずずっ」と

嫌らしい音を立てて啜るとロリ特有の青臭い匂いがした

裕子は首を左右に振りながら「先生 やめて 恥ずかしいよ あっそこは駄目っ」

「裕子ちゃんのオマンコは小さいなぁ 指先一本でも狭過ぎるぜ」

俺は立ち上がりズボンから巨大化した肉棒を取り出した




「裕子ちゃんよ 先生のオチンチンを触ってごらん」

肉棒の先端からは透明な我慢汁が滴りながら”ズッキンズッキン”と

上下に跳ね上がる 裕子は肉棒から視線をそらし後下がりをする

「ほらっ 裕子ちゃんよオチンチンを触ってごらん」

「嫌っ オシッコの出る汚い物を触れないよ もう やめてよ」

俺は裕子の手を掴み無理やり肉棒を握らせた

「どうだ オチンチンを握った感想は えっ 何だって 聞こえない」

裕子は泣きながら「ムニュムニュして熱くて気持ち悪いです」

「ほらっ 両手でオチンチン掴んで前後に振ってごらん こらっ振れよ」と

怒鳴りながら言うと裕子の細い肩が”ビクッ”縮まり両手で肉棒を握り

前後に振った 肉棒の皮が前後に波を打ち心地よい刺激が背筋を昇る



「よし次は嘗めろ・・・嘗めるんだよ 聞こえないのか 叩くぞこらっ」

必死に背けようとする裕子の顔に肉棒を押し付ける

肉棒を目の前に突き付けると裕子は泣きながら目を閉じてそろそろと

小さい舌を伸ばし微かに震える舌先が肉棒に触れると肉棒に湿り気の感触が来る

「ぺろりぺろりぺろり ぺっちゃ ぺろり くっちゃ ぺろり」

「おおおっ 裕子ちゃんいいぞ オチンチンの先から出ている汁も嘗めろよ」

俺は裕子の頬を掴み肉棒を口内に無理やり押し込んだ

「うむっ ぐぐぐぐっ くく 苦しい もぐっもぐっ うむっもぐっ」

裕子は小さい口をいっぱいに開き肉棒の先端を飲み込んだ 時々前歯が当たり

鋭い痛みを覚える 舌を使うのは裕子には無理と判断しそのまま腰を

前後に振った そして肉棒を口内から抜き取ると裕子は床に崩れ落ち

「ごほっごほっ うえっ 臭いよ」と口から出る涎を拭う

「そろそろ 頂くかな ふふふっ たまらんの 」

俺は肉棒の先端を掴み裕子を仰向けに寝かし脚をM字に股間を広げ

肉棒の先端を縦筋に当て正常位にした

裕子の年頃になると何を去れるのか分かるのか後下がりをしながら

「駄目っ 入れないで・・お願い・・お願いだから・・嫌っ入れたら駄目ぇ」

肉棒の大きさを口の中で味わっているだけに余計怖いだろう

腰を前に振ると縦筋は肉棒に押され内側にめり込んで元に戻り肉棒を弾き出す

今度は指先で縦筋を開いて肉棒を押し込むと縦筋が”ニルッ”と左右に開き

肉棒の先端が少しだけめり込んだがそれ以上入らない

何度も押し込みを試みるけど肉棒は膣内口から弾き出される

「おいっ裕子ちゃん もう あきらめて脚の力を抜けよ」

裕子は無言のまま糸の切れた人形のように天井を見つめている

しばらく説得をすると裕子の両足の力が抜け大きく股間を広げる事が出来た

「ほおっ やっと分かったか あきらめも肝心だよ」

裕子は”ふん”と口を尖らし窓の奥の景色を見つめる

再び肉棒を縦筋に当てて膣内口に押し込むと”ぐぐぐぐっ”とゆっくりと

めり込んで行く亀頭が裕子の体内に入ると”プスッ”と何かを引き千切る音がして

肉棒が半分まで入った

裕子は目を真っ赤にして「ぐあっ ぎゃゃぁぁああっ い 痛い があぁぁ」と

突然悲鳴を上げた 裕子の悲鳴に構わず俺はなんとも言えない優越感を抱きながら

腰を進めた

裕子はきつく顔をしかめ懸命に痛みに耐えている下腹の辺りが

じっとり濡れた感触があるのは破爪の出血だろうか

きつ過ぎる膣内が”ギュウギュウと”亀頭を締め付けて来る

そして 肉棒の先端が子宮口を捕らえ裕子の体温と鼓動が肉棒に伝わってくる

俺は裕子の身体が動かないように腰の上を掴みピストン運動を始めた



肉棒を半分ほど引き出すと破壊血で真っ赤に染まり小陰唇が無惨にも

腫れ上がって来ている

激痛の余り裕子は口を”パクパク”と動かし目は白黒させている

「あぐっ ぎゃふん ぎっあぁぁぁ い 痛い あ゛あ゛あ゛あ゛っ」

俺は裕子の膣内肉壁の凸凹ヒダを肉棒で味わいながら出し入れを繰り返した

長い肉棒はとても根元まで入らないがそれでも十分に心地好い

「裕子ちゃん 痛いけど段々と気持ち良くなるからね」

ゆっくりと動き続けるうちに”クチックチッ”と縦筋の入り口部分から

愛液と破壊血が混ざって肉棒を引く度に出で来る

下半身の激痛が酷いのか信じられないというほど裕子が髪を振り乱して首を振る

「うっうっ 痛い 痛い もう 動かないで ぎゃふんあぐっがぁぁぁ」

激しいピストン運動に愛液は白く濁り泡となって溢れる

“くっちゃくっちゃ”と肉と肉がすれるイヤらしい音が大きくなって行く

情け容赦なくピストン運動に少女の幼い子宮へともぐり込んで行く

亀頭の先端がやがて子宮内壁の柔らかく濡れた粘膜質にピタピタと当たる

触覚を覚えた

俺は裕子を抱きかかえ対面座位にした 裕子の体重が肉棒に掛かり深くめり込んだ

体重が24kgくらいの小柄の裕子を軽々と持ち身体を左右上下に揺さぶった

裕子は放心状態になり糸の切れた人形のように”ガクガク”と動く

「ほれほれ 裕子ちゃんのオマンコは最高だな ほれほれ」と裕子の身体を弄んだ

裕子は再び目を白黒させ口から泡らしい物を吐き出し気絶をした

俺は焦って裕子の体内から肉棒を抜き取り気絶している裕子の頬を叩いた

「おいっ 裕子ちゃん 起きろ 大丈夫か おいっ 起きろ」

裕子は”はっ”と驚き目覚めて「もう もう やめて 体が壊れるよ」と

うつぶせに寝て泣き出した

俺はうつぶせに寝ている裕子のドッチボールくらいの小さいお尻を掴み

つぶれバックで肉棒を真っ赤に腫れ上がっているに縦筋に叩き込んだ

“ズイズイ”とリズムカルにピストン運動を繰り返し小さくて可愛いお尻を

揉むと心地よい弾力が手の平に返って来る

肉棒が裕子の体内に入る度に「うっ・うっ・うっ」と可愛い吐息を吐く裕子

やがて強い射精感と共に快感が背筋を昇り”ドックンドックン”と大量の

精液が子宮に流し込まれた

裕子の膣内は精液を吸い取るように”ギュツギュツ”と伸縮を繰り返す

ゆっくりと肉棒を抜き取るとパックリと開いたままの縦筋から

精液と愛液と血が混ざって溢れ出た



しばらくお互い沈黙していたが裕子が立ち上がり制服を着始めた

俺は戸惑いながら「送るよ」と言うと裕子は「いいです」と断った

破れたパンティを赤いランドセルに入れ下を向いたまま教室を出て行った

その後 裕子は学校を一週間休み学校に出て来たが廊下で俺と合っても

視線をそらし走って通り過ぎた

放課後 パソコン部活が始まり美少女の舞子(仮名)に教えてしたら

裕子が行き成り教室に入って来て俺のわき腹を強く摘んで睨み付けて

教室を出て行った

俺は裕子が嫉妬しているのかと思い裕子の後を追って捕まえ

耳元に「好きだよ」と言うと裕子は満面の微笑みで

「もう酷いっ裕子の股間に先生のがまだ挟まっている感じよ」

俺は裕子の細い肩を押して教室に連れて行った


告白体験談関連タグ

|||||||||

【友達】少女の花びら ③【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ