相互リンク先の更新情報!

【職場】泥酔中の宮田くん3【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


インナーのシャツのスソから、

ソロソロ…と手を差し込んでいく。すべすべでなめらかな宮田くんの肌とインナーのシャツの間の空間は、

宮田くんの体温で、いつもあったかいの。

お腹から胸をソロソロ…と撫でつつ進ませて、

乳首に指が触れた…。あ…、宮田くんの乳首…。

といつも思うの。乳首の中央の辺りを、ゆっくり、指先でクンっと優しく押してみたり、

くる…っと円を描くようにゆっくりと撫でると、

いつもすぐに、ちっちゃくプクっと固くなるんだよ…。ん〜、小さくて可愛い〜…。

っていつも思って襲いそうになりながら、

今度は、人差し指と中指でキュ…、キュ…とゆっくりとはさんだり、

固くなった小さな可愛い乳首を、クン…クン…と指先で押して…

あぁ、唇に含みたい〜…

指の間にキュ…、キュ…とはさんで…

舌で舐めてみたい…

指先で円を描いて…、




こんな風に、舐めたいんだよ…

指の間にはさんでゆっくりゆっくりと、キュ…、キュ…。ごめんなさい宮田くん。

私、こんな事をしています…。宮田くんの、小さな可愛い乳首を触るのも、

覚醒しないようにと5分位までと決めています。

強く名残惜しいけど、次回もしたいから…、我慢するの…。我慢したけど、その後でペニスと睾丸を一緒にもみもみもしました。

4揉みです…。あぁ、気持ちよかった…。

だけど、今日は、ペニスと睾丸まで…、また揉んでしまって…、

いつも以上に悪いような気がしたから…。「宮田くん…、いつも、ごめんね…。」

宮田くんは、呼吸の乱れも全くなくて、

すやすや眠っていたけど、

「ほらー、おっぱいだよ…。

結構、お、お、大きい…でしょ…」

って、宮田くんの目の前で

おっぱい…出したんだよ…。

私のスーツのしたのシャツとブラも捲りあげて…。宮田くんは眠っていて見てないのに、

恥ずかしい…。宮田くん…、私のおっぱい好きかな…。

私の…、ぴんくじゃないけどいいのかな…。

乳輪、500円より大きいけど好きかな…。

なんて、私はおっぱいを出したまま、5分位、

不安になったり、見てほしかったり、恥ずかしかったり、

宮田くんの可愛い乳首を見たりしていました…。

女心は複雑です…。おっぱいをしまっている時、ふと考えたの…。

宮田くんはどうして彼女を作らないの?…いい出逢いを待ってるのかな。

私を好きになってくれたらいいのにな。私ならずうっと、好きでいるのに…。宮田くんの乳首やお腹をしまいながら、ふと考えた。

付き合えたら、一緒にミスチル…聞いてみたい。

何度会えても手に入らない宮田くんを、

花火みたいに思ったこともあったな…。

彼女になれて、何度も巡る365日は、それなんてギフト…?だよ。あぁ、職場では、真面目なOLなのに…。

宮田くんのスーツを整えながら、

また…ペニスと睾丸を揉んでしまう…。

今度は2揉みです…。ごめんなさい宮田くん…。

今はまだ、ムリだけど…。

いつかちゃんと彼女になれたら、

貴方とセックスがしたい…。とはいえ、次の泥酔が楽しみです。


告白体験談関連タグ

|||||

【職場】泥酔中の宮田くん3【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月6日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ