相互リンク先の更新情報!

【友達】母親の仕事【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


俺の母親は生保レディーをしています。

先週の日曜の事です、俺と同期入社のSが年上の彼女が出来て、その彼女と

SEXをしている所を見せるからと言うのでSの部屋へ来いと言うのです。

Sが10時に来いと言うので急いで部屋に行ったのに、年上の彼女とやらは

来てなく部屋は散らかったままで、汗臭いせんべい布団が敷いてあり、オマ

ケに間も無く来るから俺に押入れに隠ね そこから覗いて見てろって言うので

す。

俺もやってる所を見れるのならって事で押入れの中で待つ事にしました。

20分くらい待っていたら、トントンとノックがあった後に、ドアが開き、

Sに「お早う御座います」と言う、聞き覚えのある声がしたのです。

その声の主が俺の母だったのです、母は、お邪魔しますと言って遠慮しなが

ら上がって来た様子でした、そしてSに保険ですが云々と言うと、Sが、お

茶がイイですか、それともジャースがイイですかって聞き、母が何も要りま

せんからと言うと、じゃジャースでイイですねって言って・・・何やらジャ

ースらしき物を持って来た感じでした。




そして、母がジャースを飲みながら この保険は・・・こんな保障がりますと

か話をしていたら突然Sが、俺・・・そう言って母に抱き付いたみたいでし

た。

母は、ダメよ、そう言って離れ様としたみたいですが、それでもSは強引に

母に迫っている様子でした。

俺は気付かれ無い様にそーっと襖をほんの少しだけ開けて覗くと、これから

起ころうとしている事に興奮して異常なほどチンコを勃起させてました。

母がダメよ、止めてと言っているのにSは、今日はお風呂に入って来たかっ

て聞き、母が、一応朝シャンはして来たわよって答え、それを確認したSは

母のスカートに手を入れパンティーを脱がしたみたいでした。

パンティーを脱がされた母は、諦めたのか さっきまでダメとか止めてって言

っていたのに、ダメとか言わずに、困ったボクちゃんだ事と言ってせんべい

布団に寝転んだんです。

Sは、そんな母のスカートを脱がすと両手で母の両足を高々と抱えると、犬

が餌をむさぼる様に被り付き攻め立てたんです。


告白体験談関連タグ

|

【友達】母親の仕事【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月9日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ