相互リンク先の更新情報!

【初体験】近所のOL、里緒さん【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


俺が高校生のころの話なんだけど、

ひょんなことで俺は近所に住んでいる二宮里緒さんの家に遊びに行くことになった。

里緒さんは26歳OL。とても色気のある顔立ちで、俺はいつも気になっていた。

色気といえば顔だけでなく、スタイルがとにかくすごい。豊かで形のよい胸、

くびれたウエスト、丸々としたヒップ、さらにそれらを強調するような格好を里緒さんはいつもしていた。

「ごめんなさいね。急に遊びに来て、なんて言って。」

おいしそうなクッキーや紅茶を俺にさしだしながら里緒さんは言った。

「いや、いいですよそんなの。どうせ暇ですし。」

「和也くん(俺)はやさしいのね―。もう、抱きしめちゃいたい♪」

「え、えへえへへへ。そんなー」



冗談とはいえどきどきした。この大きな胸が体に密着したらどれだけきもちいいだろうか。

妄想をふくらませていると、里緒さんがじーと俺の顔を見ていることに気づく。

「なんですか?俺の顔になんかついてますか?」

「別になにもついてないは、でも和也くんもよくこうやって私のこと見てるじゃない。」




ギクリ、とした。俺はよく里緒さんの過激な姿に目を奪われている。

今日も白いブラウスに黒いタイトなミニスカートをはいている。かすかにブラウスの下の

ブラジャーがすけて見えた。

「そ、そんな―」

「あら、いいわけする気?さっきだって私の胸のあたりじろじろ見てたわ。」



なんともいえない気まずい雰囲気が流れる。これだけのために里緒さんは俺を呼んだのか。

「まあ、いいわ。お年頃だものね、許してあげる。」

その言葉を聞いてほっとした。

「正直にいうと私もね、すこし嬉しかったの。君みたいな若い子に興味をもたれてるなんてね。」

「は、はあ・・・・・・」

「和也くぅん、君も正直にいってみて。私の胸に興味があるの?」

一瞬 ハ? と思った。こんなことをあの里緒さんが言うなんて・・・・

圧倒されている俺は正直にいった。

「え、ええ。まあ。里緒さんスタイルいいし、美人だし。」

「そう、なら・・・・・・・」



「触ってみる?私のおっぱい。」



「えええ!!!な、何いってるんスか里緒さん!」

「アハハ!そんなびっくりしないでよ。これぐらいフツーよ。それとも嫌?」

悪戯っぽい笑顔をむけている。嫌なはずがない、とわかってる顔だ。

「・・・い・・・嫌じゃないです・・・・・・・」

「そう、ならちょっと待ってて。」

そう言って、里緒さんは部屋の奥へと消えて行った。

(おっぱい触らせてくれんじゃないのかよ・・・・・・?)

訝しんでいると、里緒さんはすぐ戻ってきた。

何しにいったんだ?と思ってると、

里緒さんは座ってる僕の前に膝をつけ、胸を突き出してきた。

「さあ、ご自由にどうぞ。」



近くで里緒さんの胸をみると、すぐその異変に気づいた。

さっきまで透けてたブラジャーが消えている。

そのかわり、ブラウスの下にはしっかりと二つの乳首が透けて見える!

「ウフフ、さっきブラジャーだけ外して、また服を着たの。

こうすると生地がすれて気持ちいいと思って。」

ブラウスの胸元も大きく開いていて、なんともエロティックだ。

俺は食い入るように里緒さんのおっぱいを見た。

「見てないで触ってみて。ね、お願い。」

俺がためらっていると、

里緒さん自らが、俺の両手をおっぱいに置き、俺もようやく言われた

とおりにしはじめた。



 「どう。どんな感じ?」

 「お、おっきいです。すっごく大きいし、生地の上からでも、プニュプニュしてる――」

「なんだか慣れてない手つきね、でも結構\きもちいいわ。その調子よ。」

慣れてないのは当然だ。この当時僕は童貞で、女の人の胸を揉むことなど皆無だった。

 「もっと強く揉んでいいわよ。こんなチャンス滅多にないんだから。

  形が良くっておっきいのに触れるなんて」

里緒さんの顔は赤くなってて、恍惚としている。そういう僕のチ○ポもはちきれんばか

りにギンギンだ。服の生地の擦れ具合が、どちらにも快感を与えている。



「あっふん・・・・・、乳首が勃ってきちゃった・・・」

こんな美女の胸が思い通りになるなんて、まるで夢のようだ。

「ウフフ、すごくエッチな気分になってきたわ。和也くん、

今度は口で吸ってみて。赤ちゃんみたいに吸ってみてぇ。」

言われるがまま、俺はブラウスの上から里緒さんの乳首に唇に当てる。

その瞬間、里緒さんの体が少し震えたのがわかった。

「ジュル・・ジュジュジュルルルル・・・・・」

「ああ・・・・いい子ね・・・気持ちいいわよ。」

服の上からという微妙なもどかしさが興奮をさそう。

ほとんど理性を失い、思うがままに吸った。

いつのまにかブラウスの乳首の部分だけが、俺の唾液でまるく濡れていた。



「ああ・・・・イイ・・・・すごくイイわあ・・・・。ありがとうね、和也くん。」

そう言うと、急に里緒さんは立ち上がった。

(え・・・・もう終わり?)

「フフ・・・そんなにがっかりした顔しないでよー。まだ気持ちいいことしてあげるわよ♪」

そういうと里緒さんは近くの棚から何かの容器をとりだした。

里緒さんはそれをソ\ファーに置いて、自分もそこに座った。

すると突然、里緒さんがブラウスのボタンを外しはじめた!

ブラウスを脱いでしまい、大きな双つの乳房が完璧にあらわになる。

(ぬ・・・・ぬいじゃった・・・・)

「じろじろ見られるとやっぱ恥ずかしいわね。」

スカートも脱いでしまい、里緒さんはパンティー1枚になった。

刺繍が入っていて、ところどころ透けている青色のパンティーからは、

恥毛がうっすら見えている。

「あなたとこういうコトするために用意したのよ、このパンティー。

実はね、今日は最初からそのつもりだったの。」



「里・・・・・・里緒さん・・・・・」

白く美しい体に圧倒される。

「さ、・・・・早くこっちにきてぇ。は・や・くー」

言われるがままにソ\ファーに近より、里緒さんの隣にチョコンと座ると、

里緒さんにシャツとズボンを脱がされ、トランクス一丁になった。

トランクスのゴムと腹の間に手を差し込まれる。ち○ぽが指に包まれる。

「おち○ぽがすごく固くなってる・・・・まってて、すぐ気持ち良くしてあがるからね♪」

そのままトランクスも脱がされ、あっというまに全裸にされた。

座わっている僕のうえに、顔が向き合ったまま里緒さんがのっかかってくる。

ち○ぽがパンティーごしに里緒さんのエッチな部分に触れた。

「ああッ」

「和也くんに――これを使って欲しいの。」

里緒さんは俺に容器を手渡した。

「ローションっていうやつよ。それをかけてから体を触られるとスベスベして気持ちイイの♪

(ど・・・・どこにかければいんだ?)   使い方がわからなくて俺はおどおどした。

「肩からからかけるの・・・・・・・・・・そう・・・・全身をローションまみれにしてね」



とろとろの透明な液体が流れていく。首の窪みに一度たまるとやがて鎖骨をのりこえたり、

迂回したりしながら、まんまると盛りあがった乳房へと伝い落ちて行く。

里緒さんはローションを両手の平ですくうと、マッサージするかのように、

自分で胸を円く揉みあげていく。

「ああ・・・もっと・・・・もっとかけてぇ!・・・・お願い。」

ローションがアソコの近くまで下りていく。

「おなか・・・おなかのあたりとかをなでてぇ・・・」

欲望のままにローションをぬりたくっていく。腰のクビレを、太ももを、その付け根までを、

ぴちゃぴちゃという音をたてながら無造作になでまわしつづけた。

――――――ぬるぬる――――――

「里緒さん・・・・すごくいい手ざわりです・・・・・」

「ああ・・・・私もすごくいい・・・まるで何本もの手で愛撫されてるようだわ・・・・・このまま・・・あ!・・・・

和也くんにめちゃくちゃにされたあいい!!・・・・」

里緒さんの声は興奮のせいかうわずっている。

里緒さんの太ももがゆっくりと扇状にひらいていく



「お願い・・・はやくアソコをさわって・・・・」

自分で太ももの付け根を手の平に近づけてきた。

しかし、俺の指先はそこで止まってしまった。

「あっ!駄目ぇ!・・・・・もっと、もっと奥をさわってほしいの!

おま○こ・・・・おま○こに指をいれてェ!!・・・早く・・・・・・」

里緒さんのアツイ吐息がせかしてくる。

パンティーの端から、おそるおそる里緒さんのま○こに中指を入れてみた。

「んっ!」

ローションでぬちゃぬちゃしていた花園は、俺の指くらいはまるで針を通したぐらいの感じで

あっというまに受け入れてしまった。

――――――ぬちゃぬちゃ――――――

「だ・・・駄目ェ!・・・・・・二本・・・・二本いれてェェ!!」

中指をいったん抜き、人差し指を重ねてもう一度ま○こにいれて見た。



「どうですか?ちょうどいいですか?」

里緒さんは恥らいの顔をつくりながら、こっくりとうなずいた。

「動かしてみて・・・・・わ、私のきもちいいとこ探して・・・・」

指を円を描くように動かして見た。

「ああ!!・・・気持ちいい・・・あぅっ!・・・いい!!・・・」

「こ、これでいいですか?」

「はァ、はァ、はァ、ああっ!!いいっ!こ・こんどはバイブしてみてェ!」

俺は指を小刻みに振動させた。

「あ・あ・あ・あっ〜〜〜!奥ぅ!、もっと奥へつっこんで〜〜〜!!

あっ・・気持ちイイ〜!」

どれだけの時間がたったろうか・・・・それから何度も里緒さんは「きもちいい」を連発した。

「ありがとう・・本当にありがとうね。和也くぅん・・・・・・私ばっかり気持ち良くなっちゃって・・・・

お礼・・・してあげる。」

里緒さんはパンティーを脱ぎ捨て、ま○こを俺の股間に直接すりつけてきた。

――――――スリスリスリ――――――



「ああっ!!リ・リオさん!・・・・〜〜〜〜!!!」

「ハア・ハア・和也くん・・・・入れていいよォ!私のおま○こに、おち○ぽいれていいんだよ!!」

俺は意を決して、ち○ぽを挿入しようとした。が、

なかなかうまい具合にいかない。里緒さんが上から俺にのっかっているため、体に自由がきかない。

「ァ・・・・・もうっ!・・・・・・・・・和也くぅん、わ、私からいれるよ。」

――――――ズブ・ズブブ――――――

「見てェ!しっかり見て和也くぅん!!」

俺のち○ぽが里緒さんの秘壷におさまっていく。

「んっ!んっ!んっ!んっ!んっ!」

俺の上で里緒さんが腰を振る。ソファーがギシギシと音をたてた。

「あっ、はあぁぁっ――!!!」

ブドウのような柔らかく、大きなつぶ状の突起が、

俺のち○ぽを快感で包んでいく。

「あっ・・・・あっ!・・・・里緒さん・・・そ、そんな激しく・・・・ああ〜!!

 〜・・・あったかい・・・・・里緒さんの中すごくあったかい・・・・・・!」

「んっ!・・・・いやあン・・!アン!あんっ・・・・・・私が先いっちゃいそォ〜」



俺のち○ぽも快感の頂点をむかえようとした・・・・・その時、

里緒さんが体からち○ぽをぬきとった。

「もっと・・・もっと長く気持ち良くさせてほしいの・・・・・」

里緒さんは体を反転して、クッと締った白いおしりを俺の前に突き出した。

「和也くぅん・・・・バック・・・・バックで突いてぇ・・・・お・・・お願いします。」

僕のち○ぽも限界に近い。犬の交尾のような体勢で、後ろから突き刺していった。

「あっ!!   ア〜〜〜〜〜!!!」

今度は僕が腰を振った。

「はあ!はあ!はあ!はあ!リオさァ〜〜〜んん!!」

ローションがたっぷりついたおっぱいを後ろから揉みまくりつつ、パンッ!パンッ!

と里緒さんのおしりに叩きつけた。

「ううううう――!!だ、駄目だぁ、気持ちよすぎて、我慢できないです!」

「出していいよ!・・・・私の中にいっぱい出していいヨ!」



里緒さんのツブツブの刺激に耐えきれず、俺は絶叫し、

「イクッ、イクウウウウ・・・・ッ!!!」

ブシュウッ!ブシュシュシュ!!

そして尽きた。

里緒さんもまた、ほぼ同時にイってしまったようだった。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――

後始末をした後、二人ですこし話をした。

「こんないいセックスひさしぶり・・・・私、年下が体に合うのかも・・・」

「俺は今日が初めてでした。」

里緒さんは悪戯っぽい笑顔を浮かべて、僕の耳元でこう言った。

「ムラムラした時はいつでも遊びにきてね♪ クッキーと紅茶も用意しとくから・・・」



高校時代のえっちな思い出11


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【初体験】近所のOL、里緒さん【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月10日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ