相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】恥ずかしいから目をつぶったら汁が熱い【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


68名前:新垣(中略)エロすぎるの1◆Td3G2FsmmQ投稿日:04/10/0713:46:01メール:sage

まぁ新垣がブサイクだとか、ブサイクとは言わないまでも凡庸で華が無いとか

むしろ華があるかないかというよりは鼻が低いんじゃないかとか

そういう意見もあるとは思うんだが、それをぐっとガマンして、アンチ新垣の人には

ちょっと想像してもらいたいね。

例えば、寒い冬の夜、吐く息がそのまま凍って地面に落ちて割れそうなくらいの寒さで

でも関東特有の雲ひとつ無い空で、東京の空でも星がちょっと見えてる、そんな夜にだな

自分のアパートに帰ろうと思って自転車をこいでいると、帰り道の街灯の下で

段ボール箱に入った新垣がうずくまってたらどうするよ?

時代遅れの手編みのマフラーと手袋なんかつけてて、でもそんな防寒具じゃ

寒さは防げない。たとえ気候の変化にはついていけても、都会の人心の寒さは防げない。

そんな新垣が涙目でこっちを見てるんだ。でも目が合うと目をそらす。

「ごめんね、かっちゃん(オレ)。私なんかついて行っても邪魔だよね。心配かけてごめん。

でも平気だから。私一人でも平気だから」そんな声が一瞬で脳細胞に届くよ。

間違いなく拾って帰るね。0.2秒の速さで抱きかかえて、自転車の荷台に載せるね。




次元大介の早撃ちが0.3秒だから、まぁそれよりも僅差で速い、そんな感じで

実際には出ていないとしても気分的には「マッハ5で」連れて帰るね。

マッハ5ってことは音速より速いから、「いいからウチに来いよ新垣」ってセリフが

オレの口を旅立って新垣の耳に届くよりも先にアパートに着く、みたいな。

まぁ実際はアパートについてからしゃべってるんだけど、結果的には音速を超えたみたいなもんだろう的に。





69名前:新垣(中略)エロすぎるの1◆Td3G2FsmmQ投稿日:04/10/0713:52:50メール:sage

こういうときはアパートは金属の階段が付いてて踏むとカンカンなるタイプの

昭和40年代の匂いがするアパートがベストだよな。チャルメラの音とか電車の通過音が聞こえて

夜中には必ず野良犬の鳴き声がする。いまどき東京にはそんなにそういうアパートないって言うか

オレそもそも実家に家族と住んでるんだけど、まぁそこは新垣に免じて妄想ってことで。

で、部屋に新垣を入れて、台所にある鍋に火をかける。「寒いだろ、あたれよ」とかいって

コタツに新垣をつっこんでな。所在なさげに座ってる新垣。

もちろんアパートは散らかってて、下着とかエロ本とか落ちてるんだけど

ポスターは新垣しか貼ってない。新垣しか貼ってないってのもアレだから、ちょっと混じって

マリリン・マンソンとか微妙に結びつかないのがあったほうが面白いか。

台所からぷんと流れてくるのはおでんのにおい。昨日の残りだけどな。

関係ないけどおでんには絶対ちくわぶを入れる派なんだけどオレ。

西日本の連中は「ちくわぶ」なんて知らないのな。ちくわとは違うぜ、小麦粉の塊だぜ。

英語で言うとメリケンバンブーリング。多分。





70名前:新垣(中略)エロすぎるの1◆Td3G2FsmmQ投稿日:04/10/0713:59:58メール:sage

新垣は温かい料理と人の暖かさに久しぶりに触れて、

なんか涙とか流しちゃうんだけど、そこは新垣だから

「違うのかっちゃ(オレ)泣いてるんじゃないの。おでんのカラシが目に染みただけ」

なんて健気な言い訳をしたりするのがもうたまらなくいとおしいね。

で、おでんの汁を服にこぼす。まだまだそういうところは幼いよな。

っていうかそもそもハシとか持つの大変なんだよ新垣は。

だってカンタン操作大使のコスチュームのままだからな。

あの手袋じゃハシは持てないだろ、さすがに。

「しょうがないなぁ、ほら新垣、あーんして」

「やだ、かっちゃん(オレ)恥ずかしい・・・」

「じゃあオレ目をつぶってるから。はい、あーん」

目をつぶって熱々のおでんを『あーん』とかやってたら絶対火傷するね。今気付いたけど。

「熱い熱いアちぃ、かっちゃん(オレ)、大根がぁ、大根がほっぺたにぃっ!っていうか早くどけて!!

 熱いあちゅいあちゅいあちゅ」

「その熱さはオレの新垣への想いの熱さなんだよ」

「いいからもうやめてっ!!あちゅあちゅあちゅあちゅ」


告白体験談関連タグ

|||

【彼女・彼氏】恥ずかしいから目をつぶったら汁が熱い【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月11日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ