相互リンク先の更新情報!

【友達】夏の午後【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


夏の午後 投稿者:(無名) 投稿日:9月1日(土) 0時41分18秒

大型ショッピングセンターに買い物に行った時、あまりにも混んでいたので車を少し離れた駐車場に止めた。こちらは空いていたので簡単に止められた。

車から出た時『ガチャン!』という音とともに自転車が俺の車にぶつかった。

「おいっ!」と叫ぶと、そこには自転車に乗ったまま転んでいる小さな女の子。すでに泣きそうだ。

「大丈夫?」

『うん…痛い…』

小学2〜3年だろうか、小さな日焼けした太ももや、乳首が見えそうなタンクトップを見ていたら、股間が熱くなってきた。

「ケガは?おじさんがみてあげるよ」

血は出ていなかったが、少し黒ずんだ傷を撫でてあげる。キュロットから見える白い下着を見ると、もう硬くなってきた。

「お嬢ちゃん名前は?」

『…あすか』

「何才?何年生?」

『…7才、2年生です』

「誰かと一緒?一人で遊んでるの?」

『※※※ちゃんの所へ行ってきたの…』




あたりを見ると、離れた場所に数人の家族連れがいた。

「あすかちゃん、歩ける?ちょっとこっちに来て」

俺は車の後部座席に彼女を乗せた。彼女は少しためらったが…

エンジンをかけてエアコンを付ける。ドアをロックして、彼女の隣に座った。

「あすかちゃん…自転車を車にぶつけちゃったよね?」

『…うん』

「あれ、直さなきゃならないんだよ」

『…うん』

「でね、直すのに十万円以上かかるんだけど、あすかちゃん払える?」

彼女は黙って首を横に振った。

「だよね…じゃあ、警察に話してお父さんお母さんに払ってもらうけど…あすかちゃん怒られるけど、いいね?」

彼女の顔色がどんどん悪くなる。首を横に振るが、うなだれてしまった。

「わかったよ。それならこうしよう!あすかちゃんが、おじさんの言うことを何でも聞いたら、許してあげる。アルバイトだよ、バイト!」

『?何をするの?』

「うん。おじさん実はお医者さんでね、体を調べてデータをとらせてもらいたいんだ」

『……うん』

「約束だよ。内緒で調べるから、誰にも言ったらダメだからね」

『うん、言わない』

「じゃあ始めるよ」

俺は汗ばんだタンクトップ脱がしはじめた。

以下は、この記事へのレスです。 レスを投稿する

[最新のレス]



——————————————————————————–

(無題) 投稿者:(無名) 投稿日:9月4日(火) 11時19分06秒

その後通報され、めでたし

女の子はナンバーをしっかり覚えていた



——————————————————————————–

(無題) 投稿者:炉利神 投稿日:9月3日(月) 11時12分55秒

良いお話しありがとうございました。

読んでたら勃起してしまったので場面を想像しながらヌキました。頭をガクガクさせながら気持ち良くイク事が出来ました。



——————————————————————————–

続き 投稿者:続き 投稿日:9月2日(日) 15時45分14秒



タンクトップを胸まで上げると、彼女は恥ずかしいのか目をそらした。

「じゃあ調べるよ」

汗でべとついた少女の肌を触りまくる。少し陥没した乳首をいじると、彼女は少し反応した。

「くすぐったい?」

『…ううん、ちょっと…』

指先で乳首をコリコリとしてあげると、少し硬くなってきた。彼女の体は、エアコンの風が強いのか緊張しているのか、強張ってきた。

「寒い?大丈夫?」

『…平気…うん…』

「あすかちゃん。お腹の下も見るからね」

俺は返事を待たずに、キュロットのボタンを外しチャックを下ろした。綿の白いパンツが見える。キュロットを膝まで下ろすと、彼女は両手で顔を隠してしまった。

「どうしたの?」

『・・・』

何も答えなかった。

俺はパンツ越しに少女のアソコを撫でてあげると、彼女は腰をくねらせた。たまらず俺はパンツを横にずらすと、白い肌にキレイな縦筋が見える。

「おしりも調べないとね」少女の両足を持ち上げ、パンツを下ろす。キュロットとまとめて完全に脱がしてしまった。

『やだぁー…』

抵抗されたが、両足を開く。日焼けした両足の間に白くプニッとしたおま〇こ。俺の股間はもう、ズボンを穿いてるのが痛いくらいだった。

俺は両手で少女のアソコを開き、顔をつけて舐めだした。臭くてしょっぱくて熱かった。

『…ヒッ…うっ…ヒッ…』

少女は泣きだしてしまったが、かまわず舐めまくる。そして舌先は少女の乳首も吸い上げ、俺は自分のズボンも下ろした。

俺は自分のペニスを少女のおま〇こに擦り付けながら、嗚咽する少女に囁いた。

「お金払えないからね、このくらい我慢しなけりゃダメだよ」

『…うえっ…ううぅ…うう…』

涙まで流す少女におおいかぶさるようにして、腰を動かす。

挿入はしなかったが、気持ち良かった。俺は少女の手をどかして、少女の涙を舐め始めた。

『…ぐすっ…!やーあだぁ…!』

彼女は顔を背けるが、俺は追い掛けて舐める。そして唇も奪った。

『!!…むぐっ!…んっ!んっ!』

強引にキスをしながら、俺は右手で自分をしごいていた。そして左手で少女の鼻をつまみ。

「口を大きく開けて!」

『はっ!はぁ!はぁ!』

俺は少女の口にペニスをくわえさせ、握り締める。

「吸って!ちゃんと飲んで!」

俺の大量の精液が少女の口の中に流し込まれた。舌先で抵抗しているのか、頬や鼻にあふれ出ていた。

「飲まなきゃダメだよ!」『おぐっ!ゴホッ!ゲホゲホッ!…ウエッ…』

ほとんど吐き出してしまった。彼女の顔は、涙と精液でぐちゃぐちゃになっていた。

俺はティッシュで彼女の顔を拭いてあげた。

「ごめんね。でもこれでお金はいいからね」

『・・・』

「このことは誰にも言ったらダメだからね」

『・・・』

「わかった!?」

『…はい』

彼女を宥めながら、服を元のように着せてあげて、車の外に出してあげた。

彼女は、こちらを振り返ること無く、逃げるように自転車で走り去っていった。



——————————————————————————–

(無題) 投稿者:(無名) 投稿日:9月2日(日) 9時01分41秒

てめえら、喋るな!



——————————————————————————–

(無題) 投稿者:(無名) 投稿日:9月1日(土) 14時36分16秒

お前は信でも良いと思う、



——————————————————————————–

↓ 投稿者:(無名) 投稿日:9月1日(土) 14時12分40秒

元々スレ主に書く気はないよ(笑)



——————————————————————————–

↓ 投稿者:(無名) 投稿日:9月1日(土) 12時16分46秒

低脳は引っ込んでろ!

お前のせいで続きは読めそうにないな



——————————————————————————–

(無題) 投稿者:(無名) 投稿日:9月1日(土) 9時53分11秒

つづきは?

あすかちゃん、データーとるのは、裸にならないとだめなんだよ。

全部脱いで横になってね。

あっさり脱ぐあすか。

脱いだよ。

はやいね。(笑)

さて、検査だから、冷たいかもしれないけど我慢してね。

まずは唇の検査だよ。

目を閉じてね。絶対に開けたらダメだよ。

かわいい唇に軽くキスして自分も下半身裸になり、勃起したペニスを唇に当ててみる。

はい。口の検査終わったよ次は脇の検査だよ。

手を上げさせ、脇をガンミして、両手を縛ります。

さらにオッパイの検査といい、乳首を口で吸います。アソコも足を広げさせ、入念にチンカスを取りながら、クリを刺激します。

まだ子供だから、舌での刺激くらいが一番良いので、ナメてあげますが、もう検査とか言わずに良いです。エッチなこと、されてるって自覚してますから。

ってな感じで、感じてきたとか、もう我慢できないとか書いて、入れたって書くのかな?



——————————————————————————–

以上は、現在登録されている新着順1番目から8番目までのレスです。これ以下のレスはありません。


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】夏の午後【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ