相互リンク先の更新情報!

【友達】陽子のおもいで  第4章 オーディション合格・・・【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


暫く車が走ってから運転手が「本当にラブホテル街に行って良いんですか?」と聞いてきた。

「はい、お願いします。」と躊躇せずぼくは答えた、それを聞いていた陽子の手がコートの前を掻き分けて、ズボンの上からぎゅうぎゅう詰めになってその形をはっきりと理解できるようになったチンポを指先で形を確認するように撫で始めた。

快感が伝わってきて益々ギンギンになってくる。自分でもどこまで大きくなるのか解らないほど興奮してきた。陽子は酔ったふりをして、ぼくの方に大きくもたれかかり、ズボンの上から場所を確認した亀頭部分を口で含もうとしてきた。ぼくは陽子が何をしたがっているのかが次の瞬間ハッキリと解った。陽子はズボンの上から容赦なくギンギンになっているチンポにかぶりついた。お陰で見る見るズボンの前が陽子の唾液でベトベトになってしまった。その湿り気がチンポに伝わってくる。次に、陽子の左手は躊躇することなくファスナーを開けに掛かり窮屈な空間にいたギンギンチンポを開放すると、湧き出る先走り汁を舌先で掬い取り味わっていた。

運転手が「お嬢さん大丈夫ですか?そうとうお飲みになってるようでねぇ・・・」と声を掛けてきた。わたしは「大丈夫です。今薬飲んでますから」と答えておいた。陽子はぼくの先走り汁を飲み続けている。

先走り汁を堪能した陽子は身体を起こし、今度は左の太ももを惜しげもなく私の股間に乗せてきて私の右手を自分の熱くなった部分へもっていき、パンティーストッキング越しに擦りつける仕草をした。私は刺激を送り込んで欲しいのを察知して陽子の手が離れた後も手のひらを使って愛撫した。右手に焼けるように熱い陽子の本性を感じながら、上半身を擦り付け来る陽子の唇に口を合わせた。「気持ちよさそうですねお嬢さん!」と野次ってくる運転者に返事もせず、私たちはお互いを求めてまさぐり合いました。

そのうちタクシーが一軒の白いラブホテルの駐車場に入っていった。千円札ばかりで支払いお釣りをチップにあげて目を瞑った陽子を抱えるようにロビーへ入り、空いている適当な部屋のキーを貰ってエレベーターに乗った。

いきなり、またキスをせがんできた。手は当然ズボンの前をあっちへ行ったりこっちへいったりして常に快感を送り込んでくる。

エレベーターが音と共に止まった。陽子が先に降りた。

「5階かぁ、じゃあ5回したいな・・・」ぽそっと呟いた。エレベーターから比較的近い部屋だった。

部屋に入って背中でドアの閉まる音がするやいなや陽子はまたまた唇をもとめてきた。今度はキスをしながらわたしの服を脱がせに掛かります。キスをしたままで服を脱がせながら自分は後に下がり始めます。

わたしも陽子の服を脱がせてやります。ダウンの下はタートルのセーターその下はもうブラジャーだけの陽子です。

今日のこのことを計算して、枚数少なくしてきたのかな、などと勝手な想像をしてしまいました。

スカートは比較的薄くて柔らかいシルクのようなミニでしたから後のファスナーとホックを外すとスルリと床に落ちてゆきます。

すると下半身には小さな小さなレースのパンティーしかありません。

「あれ~っ、パンティーストッキング履いてたよね。タクシーの中で確かに見えたよ?」




「うん、あの後・・・脱いじゃった。タクシーの中で。」

「すごい早業だね!で、ストッキングは、どこ?」

「うん・・・中に有るよ・・・」

「中って、鞄の?」

「うう、うん。違う・・・だからタクシーの・・・」

「えっ・・え・・・?タクシーに忘れてきたの?」

「成り行きでそうなっちゃったの・・・だって・・・あなたの手、気持ちよすぎて・・・まだタクシーもホテルに着きそうにないなと思って・・・だったら・・もっと激しいのが欲しいから直接さわって貰って気持ちよくなろうと思ったの・・・そしたらホテルに着いちゃって焦ってしまって忘れちゃった。次に乗ったお客さんに陽子のいやらしい臭いがたっぷりしみ込んだのあげちゃう。もう、いい!」

「もういいって、・・・僕が欲しいよ。もったいない!」

「良いじゃん!あなたには本物があるんだから・・・」

「そうだったね」

気がつくと私は既に裸になっていて陽子も一糸まとわぬ生まれたときのままの姿になっています。ただ一つ違うのは手に持っているのが、ガラガラではなくギンギンになったぼくのチンポだということです。そういえば陽子はたえずチンポを握りにきます。

わたしのチンポがそんなに気に入ったのか、誰のチンポでも良くて兎に角さわっていたいのか、たぶん聞くと陽子は私のが大変気に入ったと言うだろうけど、本音は男のチンポならどれでも良いんじゃないかと思いましたが念のため聞いてみました。

すると、「確かにほかの男の人のペニスもみたことあるし、セックスもしたことあるけど、どれでも良いと言うほど飢えてはいないわ。あなたのおちんちんが気に入ったの。」

「あなたのこのおちんちん・・・そんな可愛い物じゃないな・・・ペニスでもないし、・・・といってマラって言うのも下品だし、う~ん・・・やっぱりおチンポがぴったりとしてるわねぇ・・・コレで行きます。これからセックスしたくなったらあなたの耳元でおチンポ欲しいってささやくことにするわ。いいでしょ?」

「良いけど、絶対他人に聞かれるなよ。聞かれたらお仕置きするぞ!」

「はい、気をつけます。おチンポ様。じゃあ、おチンポ様を頂きます。」

と比較的小作りな体に合わせた小さめの口をベッドに腰を下ろした私のチンポの上に持ってきます。

「おい。待てよ。まだお風呂にも入ってないんだよお風呂で汗を流してからゆっくりしない?」というと、

「わたしは入らない!あなたも入らないで・・・そのままのあなたが良いの!どっちみちいろんなところを舐めて、いろんなことして、汗まみれになるんですもの。お願いわたしとセックスするときは絶対にお風呂に入らないで・・・お願い」

「わ・・わかったよ・・・」

ぼくはこのとき渋々承諾したのを覚えている。そのあとすぐお互いに体を舐め始めると風呂のことなどどうでも良くなった。

それよりも陽子のフェラチオによって次々と送り込まれてくる快感の波に、今にも逝ってしまいそうになるのを何度も味わいました。

陽子のフェラは相手を喜ばせようとの一心で一生懸命するのではなくて、自分が思いっきり楽しそうに舐めていたら相手が気持ちよくなっちゃったー、と言う方が正解な感じだった。

とりあえずこの日は初めてのご対面だから相当すごかったんじゃないかなあ今から思うと・・・・今、この日のことを思い出すだけでおちんちんがドチンポに変化しだして例の先走り汁がドチンポの先から吹き出してくる。指で早くぬぐい取って舐め取りながらこの思い出を書いている程だ。

陽子は本格的にチンポを舐める体勢をとるために、椅子に普通に腰を掛けてその前のテーブルに私を座らせてちょうど自分の胸元から首の高さにチンポが来るようにしました。

こうすることで無理な姿勢をすることなくチンポに向き合えて最後まで楽しめるんだそうです。

で、陽子はその体勢でチンポを手で握ることなく、口のみでチンポに近づいてきます。

ですからその息づかいがもろに亀頭部分を刺激しだし、息がかかる度、強くなる度に期待度が増して、チンポをぴくぴくさせます。

陽子はその動きに同期して口の位置をずらして進んできます。

本当にゆっくりゆっくりです。

わたしは上から陽子の口に自分のチンポが吸い込まれる記念すべき一瞬を見逃さないようにじっと見つめていました。

そして、陽子のおちょぼ口のようにした、この瞬間のために紅を引き直した唇の先端が亀頭の先に当たると吸い付く勢いを早めて、一気に亀頭部分をくわえ込んでしまいました。

その速度の変化にぞくぞくと感じてしまいまたしても先走り汁を陽子にプレゼントしてしまいました。

それも、直接舌の上にドくっと。

その先走りじるを舌でそっと舐め取ると陽子はにこりと私の顔を見上げて微笑み、頭全体でピストン運動をゆっくり再開します。

陽子の唇は決して必死になってチンポをくわえ込もうと力を入れるのではなく、そっとあてがって包み込もうしているだけなのに伝わってくる感覚は柔らかく湿った海綿体が次からつぎに吸い付いてくる感じです。

このテクニックは覚えておいて損はないと思います。

この思い出を閲覧中の女性は是非まねしてみてください。

彼氏のチンポの動きがもっと良くなるはずです、だって私がそうでしたから。

陽子はじわじわとチンポを口の奥に進めながら、その舌でカリの裏側や張り出したカリのモドリの部分を綺麗に舐めてちょっとしたチン糟も美味しそうに舐め取ってゆきます。

「解ったよ、陽子コレがしたかったからお風呂入らないんだな?」というと遊んでいた指で正解の意味のOKサインをして見せた。

本当に心から嬉しそうです。

亀頭の周りで遊び続ける舌をそのままい残しながらサヤの部分を根元に向かって舐め含んで行きます。

さすがに最後までは亀頭の丘に居れなくなった舌が尿道をつたって奥へやって来ました。

亀頭は陽子の口膣の天井に当たりざらざらとした感覚で擦られています。

何とも言えない感覚に刺激されこの女の口のなかを自分の精液でいっぱいにしたいという欲望がどんどん湧いてくるのが判りました。

見てろ陽子、その口の中にいっぱいぼくの精子を飼わせてやるからな!と胸の奥で叫んでいました。

陽子のフェラは続きます。

チンポの周りを窄めた唇がリズミカルに前後します。歯はまったくチンポに触れたりしません。

すごい早さで喉の入り口付近までチンポを飲み込んだかと思うと、今度はゆっくりと時間を掛けてチンポの太さを楽しみながら口を目一杯窄めながらバックしてゆきます。

その時舌が膨れあがった尿道を根元から圧迫しながら亀頭へとずれてゆくので、きっと陽子はチンポをから口を引く度に私の先走り汁を飲んでいるに違いなかった。

その証拠に決して亀頭部分から先を口から離さないのです。最後の一滴まで飲んでやろうという意気込みが丸見えです。

何度目かのピストン運動の途中でわたしのチンポに限界が来てしまいました。

ディスコからの興奮の連続で耐えられなくなっていたのです。

わたしは正直に「逝きそうだ」と陽子の口元を出入りするベトベトにされたチンポを見下ろしながら伝えた。

すると、陽子は私を見上げて、自分のフェラで快感が送り込まれたことを確信し、嬉しそうにニッコリすると口の中に入れっぱなしのチンポの亀頭部分への集中攻撃に方針をかえてきました。

特にカリの裏部分へのグラインドが激しくなってきました。

その休むことのない激しい快感のおかげで秒読みが始まってしまいました。

「いくよ・・・いいんだね・・・陽子・・・このままで・・・」陽子は快感を送り込み続けた。

私は全身からチンポの先に向かって快感による痺れが集まっていくのが解った。

そして、はじめて顔を合わせてから2週間ほどしか経っていない陽子の口の中に焼けたように熱くなったドロドロのザーメンをどピュピュ、ドクドク、どピュピュドクドク~と思いっきりぶちまけたのです。チンポの痙攣は止まりません。

波打つチンポを器用に咥えながら一滴もザーメンを溢さないように最後まで吸い取ろうとしています。チンポの波打ちが少し落ち着いてきたところで、陽子はまた口中深くチンポを咥えて尿道に残っているザーメンを吸い取ってしまおうと舌に力を入れて外から尿道を亀頭の出口に向かって押さえて行きます。一回の射精で出たザーメンを全てじぶんの口にした陽子はやっとチンポを口から抜いて、その口の中を見せてくれました。確かに白く濁った私のザーメンが彼女の唾液と私の先走り汁と一緒になって愛のミックスジュースとなって溢れんばかりに溜まっています。

自分のフェラによって男を最後まで逝かせたことにとっても満足しているようでした。

これで本当にこの女は私のものになったなと確信して陽子の顔をみていると、口を上に向けて開いたままゴクン・ゴクンと音を立てて口の中のザーメンを喉の奥にすごい勢いで飲み込んでいきました。

最後の一滴まで美味しそうに飲んだ陽子はやっと頭を下げて前を向き、私の顔とチンポの両方を見ながら、「うん、やっぱり・・・わたしの好きな味だったわ・・・美味しかった・・・」と言って2人のミックスジュースでギトギト・テカテカになったチンポを今度は丁寧に舐め洗って、綺麗にしてくれました。

そして、綺麗になったチンポを改めて握り直し、亀頭の部分を口に含んだまま陽子は深い眠りに落ちていったのです。

                                                  つづく


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

【友達】陽子のおもいで  第4章 オーディション合格・・・【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月16日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ