相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】ドジな私【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


私って”ドジ”なんです。

こんな事書くのも恥ずかしいのですが…?

私は32歳になる専業主婦です。2歳と4歳の子供が居ます。

夫は、5歳年上で公務員。

つい最近、台風着ているのに、スカートで出かけた私。

近くのスーパーに付き、車を降り助手席に居た子供のチャイルドシートのベルトを

外そうとした時、突風と同時にドアが全快!スカートが捲れ上がりパンティが全快!

”ハッ”と思い、スカートに手を回し、後ろを振り向くと若いお兄さん3人に見られていた。

ニコニコしながら、彼らはスーパーに入って行きました。

店内でも何度もすれ違い、本当に恥ずかしかった。

1か月前、2人の子供を連れ公園に出掛けた。

その日は、暑い日でTシャツに短パン(短い)を履き出かけんです。

辺りには、いつもより多くの人が居ました。

子供と遊具で遊んでいると、子供が”抱っこ”と言うので、しゃがんだ瞬間でした。

”ビリビリビリ”と音がして、大きい方の子供が、”ママ壊れてる”と指さした。




振り向くと、短パンの後ろ側がすっかり破け、パンティ丸見え!!!

もちろん、近くに居た人全員に見られた上に、帰り道もそのまま歩いて帰る破目になり

恥ずかしかった。

数か月前、これは私のドジと言うより子供のミスと言った方が良いかも知れません。

その日、私は家に中でジャージ姿で掃除をしていたんです。ピーンポーンと言う呼び鈴が鳴り

私は、玄関に向かった。そこには、宅配便の男性が荷物を持って立っていた。

受け取りにサインをしようとした時、下の子がリビングから走って来て、私のちょっと手前で

転びかけた。一瞬の出来事でした。子供が咄嗟に私のズボンを握ったんです。

スゥ~とした感触!宅配のおじさんが、私の下半身を見ている・・・もしかして!

そう、子供が私のズボンを握ったと同時に転び私のズボンと一緒にパンティも下がり

下半身丸出し状態になっていた。

顔から火が出る位恥ずかしかった。おじさんは、笑顔で大丈夫、僕!と子供の頭を

撫でたが、その時も私の下半身をガン見!慌ててズボンを上げ、サインをして帰ってもらった。

その後も、配達はいつも同じおじさんで、会う度に顔が赤らめます。

よく考えれば、私は昔からこんな事が多かった気がします。

運動神経が鈍いのも原因かも知れませんが、運もタイミングも悪い女なのかも知れません。

結婚前(数年前)、旦那と海水浴に出掛けた時も、波打ち際でハシャイデいた。

旦那もその頃は、私と一緒になってハシャイデいた感じだった。

波が押し寄せる度に、旦那に抱きついて・・・若かったなぁ。

その時、大きな波が押し寄せ、2人を包んだ!「何!!!もう凄い波」私は、旦那に近寄りながら

濡れた髪を書き上げた。旦那を見ると、驚いた顔をしている。

周りには数人の男性が居たが、皆私に注目していた。旦那が私の胸を指さしていて

顔を下げてビックリした。ビキニが外れ胸が露わになっていた。咄嗟に胸を押えたが、

もうみんなに見られた後だった。

旦那にも「馬鹿だな!」と言われ、気まずい帰り道となった。

これも結婚前の話ですが、旦那と温泉宿に旅行に行った時、男湯・女湯を間違えた事があります。

まぁ、ちょっと分かりずらい表示でよく確認もしないで中に入って行きました。

偶然にも、脱衣場にも誰も居なかったので、私は全裸になりタオル片手に中に入って行きました。

ジャボ~ン!!!行き良いよく湯船に入ると、湯気の向こうに誰かの姿が見えました。

”誰か居たんだ”とちょっと反省しながら、辺りを見渡すと、男・男・男!!!

”えっ”と思いながら”キャア~”男性の方が驚いて”御嬢さん、こっち男湯だよ”とニヤニヤしながら

話しかけて来たんです。

もう恥ずかしくて、タオルも持たず逃げる様に脱衣場に向かいました。

タイミングも悪く、脱衣場にも数人の男性客と子供の姿がありました。

「パパ、何で女の人居るの?」子供の声に恥ずかしさ倍層でした。

部屋に戻ると「どうした?」と旦那に言われ事情を話すと、「大馬鹿者」と言われ、結局部屋から一歩も

出る事も出来ず、シラケた旅行になりました。

まぁ、こんなドジな人生を送っている私です。

旦那は、こんな事が続いたせいか、あまり一緒に出掛けてくれなくなりました。

「お前と一緒だと、恥をかくから嫌だ!」 

最近は気を付けているんですが・・・似た様な経験を持つ人いますよね?


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【人妻・熟女】ドジな私【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月22日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ