相互リンク先の更新情報!

【学校】調子に乗ったバチが当たった【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


私の右目は本当に潰れてしまった。

調子に乗った振る舞いをしていたから、バチが当たったんだ。



道化師になったって、結局私はこんな運命を辿り続けるんだ。



誰かに酷い目に合わされて、身体を壊されていく。



私には永遠の幸せな日々なんておこがましいんだ。

プレートが歪んでやがて大地震を起こすように、積もり積った雪原がやがて雪崩となるように、

私の安寧はやがて崩壊を起こすのだ。



私はそのたびに生まれ変わる。

生まれたての赤ちゃんのように、何も知らない心からスタートを始める。

何度でも何度でも、情操期と反抗期を繰り返していく。






だけど、私の身体は少しずつ欠損していって、最後にはすべてが無くなる。



その時ようやく、私の精神は肉体から解放され、無限の虚空を自由にさまよっていく。


告白体験談関連タグ


【学校】調子に乗ったバチが当たった【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月22日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ