相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】媚薬【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


主人の仕事がけっこうキツくかれこれ数ヶ月レスの主婦 麗子(30歳子供無し)です。



レスになって数ヶ月。 

先日 私の欲求不満が積もり、といっても浮気が出来るほどではない私は通販で『媚薬』を購入しました。



飲むタイプと塗るタイプ。 二つで5000円位しちゃいました・・・

 

届いた昼間 主人が仕事なので、塗るタイプのほうを試しにちょっと塗ってみました。



最初は「冷たっ!」って感じでしたが しばらくすると・・・

アソコが妙にアツくなってきました。

だんだんカラダの方もアツくなってきて 「欲しく」なっちゃいました。



しかし主人が帰ってくるまであと数時間。






火照りを収めようと 普段使っているバイブを入れようとすると、

いつも以上に濡れていて すんなり入ってしまうほどでした。

オナニーもいつも以上に燃えて いつもはバイブの振動でイッていたのですが、

今回は激しく出し入れしちゃって オナニーでは初めて「奥」でイキました。

イッたあともカラダが痙攣しているのが自分でもわかるほどでした。



バイブでイッたのですが、やはり「ホンモノ」が欲しくなり 主人の帰りを待ち遠しく思いました。



それから数時間後 主人が帰宅しまずは 夕飯を食べ そえから風呂に入ってくつろいでいました。



私は主人の後に風呂から出るとき主人には内緒で こっそり媚薬をアソコに塗り、テレビを見る主人の横へ行きました。



風呂でカラダが熱くなっていたせいか アソコが熱くなるのも早いのか、もうパンティーは洪水状態でした。



ホントにこのときは異常に興奮したのを覚えています。



頭もボーっとしてきて、主人の横で 「ねぇ・・ 熱くなっちゃった・・ ハァ・・ ハァ・・ 」と寄り添ってみます。



すると主人は「どうしたんだよ? 熱でもあるの? カオが赤いよ。 大丈夫? 」と声をかけてくれましたが、

「ねぇ・・ して・・ 」とおねだりしてみました。



いつもと違う私の上気したカオを見て 

「なんか 今日はエロいな・・ 」って言ってた。  



さらにアソコが熱くなってきてしまった私は

主人の股間を触りました。熱く上気しているのが自分でもわかるくらいで

「ねぇ・・ アナタ・・ 欲しいの・・ 」と色っぽく言ってみると 主人のオチンチンも大きくなってきました。



「おい・・ どうしたの?? 何か今日ヘンだぞ?? 」

私はもうガマン出来ません・・・    主人のパジャマとトランクスを降ろして オチンチンを咥えました。



「あぁ・・ すごい・・ こんなに大きくなってる・・ ジュパジュパ・・ 」しゃぶりました。



「アッ・・ 今日はなんか・ エロいね・・ 気持ちイイよ・・ 」といってくれました。



ホントに嬉しい。  



レスだったのでもう私には興味無くなったのかと 真剣に悩んだときもありましたが、

主人は間違いなく 興奮してくれています。

さらに主人のオチンチンを上下に扱きながら咥えていると主人が、

「オレも興奮してきちゃったよ・・ 今度はオレがしてあげる。」とクンニしてくれました。



何ヶ月ぶりだろう・・ 



私は嬉しさと興奮でイキそうでした。



主人は舐めるスピードを早めアソコに指を入れて激しく出し入れしてくれました。



「アァッ・・ アナタ・・ もう・・ もう・・ ダメ・・ イキそう・・ ハァ・・ はぁ・・ 」



「奥のほうがイイのか? もっとするよ。 」



「アナタ・・ もっと・・ もっと・・ してぇーー アッ!! イクッッ!! 」私はイッてしまいました。



でも媚薬の効果はまだあるようで まだムズムズします・・



私は大きくなった主人のオチンチンが欲しくなり

「ハァ・・ ハァ・・ ねぇ・・ もう入れて・・ ガマン出来ないの・・ 」



主人も「オレも入れたくなった・・ 」



主人のオチンチンが入ってきました。



「アッ!! アァン・・ アァン・・ ハァ・・ ハァ・・ すごい・・ 固くて・・ 大きいっっ・・ 」



私のアソコは媚薬のせいか だんだん締まってきたような感じがしてきました。



明らかに興奮している主人のオチンチンは大きく固く脈打ってピクピクしてます。



主人は「アッ・・ すごい締め付けが・・ もう・・ イキそう・・ いいか? 」と聞いてきましたが、

私は「まだ・・ もっと・・ もっと・・ 突いてぇ・・ 」と言うと、



主人はイキそうなのをガマンしてくれながら 激しく私のアソコを突いてくれました。



「アッ! アン! すごい! 固い! アァ・・ ハァ・・  もう・・ 私も・・ イキそう・・ 」



「アッ! オレも・・ オレも・・ 麗子・・ もう・・ イキそう・・ 」



「アナタ・・ もう・・ ダメ!! イク!! 出して・・ いっぱい出して・・ 」  二人で果てました。



終わってから 主人には媚薬のことは打ち明けました。



すると主人は 「ごめんな・・ 麗子・・ 寂しい思いをさせて・・ 」と誤ってくれましたが、

「今日のエッチですべて帳消しに出来ちゃうくらい 激しく感じちゃった。」と答えました。



「またこれからも前みたいにいっぱいしてね・・ チュッ!」

「あぁ・・ また前みたいにね! 」と主人。



それから主人も1週間に2回はかならずしてくれます。



いまではエロエロ夫婦の仲間入り?です。



最近は媚薬も使わずにいるのですが、飲むほうは試してません。



ちょっとコワイ気もするし・・・



でも飲むほうも使ってみたら報告します!!



うちは媚薬がマンネリ解消になりました☆


告白体験談関連タグ

||||||||||

【人妻・熟女】媚薬【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月22日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ