相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】自業自得【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


結婚8年目38歳、妻桜子33歳、娘麻衣5歳の3人家族です。

私の悩みは、妻がセックスに消極的な事でした。

妻はセックスに関しては幼い感じで、毎晩手を繋いで眠りたがるのですが、セックスは好きではないようです。

特に子供が生まれてからは断わられることが多くなり、今では月に2回が良いところで、多くても3回ほどしか応えてくれません。

それも必ず正上位で、どんなに感じていても後ろからなどはさせてもらえず、以前妻がイク直前で我を忘れている時にバックに変化させましましたが、最後までいきたい気持ちよりも恥ずかしさが勝ってしまうのか、怒ってやめてしまいました。

ましてや女性上位などはもっての他で、そのような事をさせようとすれば、怒ってしまって口も利いてくれません。

フェラも自分からはした事が無く、感じてしまっている時に口に当てると、ただ口の中に入れさせてくれるという程度で、舌など使った事はありません。

ですから妻とのセックスはほとんどパターンが決まってしまっていて、しばらくキスをしてからオッパイを触り、次にオッパイを舐めながら妻が感じてきたところで下に手を持って行くのですが、まだ感じ方が浅いと手を押さえられて拒否されてしまう事もあります。

その後乳首を吸いながら妻の最も敏感な部分を刺激してやって、ようやく正上位で交わって、妻にタイミングを合わせて出します。

そのタイミングがまた難しく、妻が先にイクと私がまだでも逃げられてしまう事があるのです。

そのような妻でも私は惚れていて、浮気をする気などは全く無く、私の望みは妻と色々なセックスを楽しむ事なのです。

私の愛車の車検が近付き、もう一度車検を受けようか思い切って新車に変えようか迷っていた頃、買い物に出掛けた妻がケーキを提げて帰って来ました。

別段ケーキを買ってくるのは珍しくありませんでしたが、3人家族なのにこの日は4個入っています。

「3個だと箱が少し大きい感じがして、運転中に動いてしまって崩れそうだったから」

しかし私には、妻が4個買ってきた訳が分かっていました。




それは、今までは芸能界に興味を示さなかった妻が、なぜか韓流ブームには嵌まってしまい、車を買い換えて欲しくてここのところよく来る、今の車もお世話になったディーラーの新しく係りになった若い男が、妻の好きな韓流スターに似ていると以前妻が嬉しそうに言ったことがあり、その彼が今日カタログを持って来る事になっていたのです。

勿論妻も男性に興味が無い訳ではないのでしょうが、今まで一度もそのような素振りを見せた事はありません。

しかし彼が来る日は今までと違い、心ときめくのか普段よりも念入りに化粧をし、彼が来る時間が近付くと、今度は姿見に全身を映してチェックを始めます。

「甘い物は駄目でした?」

「いいえ。どちらかと言うとお酒が好きで、普段あまり甘い物は食べ無いのですが、ケーキだけは大好物です」

「良かった」

『何が良かっただ。以前彼がケーキは好きだと言っていたのを覚えていて、わざわざ買って来たのだろ?』

しかし妻には浮気までする気は見られず、ちょっとした恋心だと分かっていたので私は微笑ましく見ていましたが、その時恐ろしい考えが頭に浮かびます。

『もしも彼と桜子が浮気したらどうする?離婚するか?それとも弱みに付け込んで、今までさせてもらえなかった事を色々させてみるか?麻衣はおいて出て行けと脅せば、きっと桜子は何でもするぞ』

しかし妻の性格からして、現実には浮気する事など絶対に有り得ない事で、万が一そうなったら私も嫉妬に狂ってそれどころでは無いでしょう。

この日は彼が来た事で恋をしている少女のような気持ちになっていて、夜になって誘ってみると、やはり断わられてしまいました。

『一生このままの状態で良いのか?桜子に弱みが出来たら変わるぞ』

いくらそのような事を考えてみても、結局妻に限って浮気する確率は限りなく0に近くて現実的ではありません。

それに妻はしっかり者で優しくて、セックスを除けば私にとって申し分のない妻なので、そのような事になって妻との関係が壊れる危険性を考えれば、このままの暮らしが一番良いと思い直しました。

何より想像の中だから良いものの、実際にはそのような事を許せるほど、私は寛大では無いでしょう。

私はこのような事を真剣に考えていた自分が可笑しくなり、笑い飛ばしましたが妻と彼が抱き合っている姿を想像すると、不思議な興奮があったのも事実です。

この時はそれが何から来る興奮なのかは分かりませんでしたが、その3日後に私が得意先から帰ると彼の車が止まっていて、その時にまた同じ様な興奮を覚えてしまいます。

その時2人は事務所にいて、私の車が入って来たのにも気付かずに話していました。

少し背伸びをして下半分が擦りガラスの窓から目だけを出して覗くと、妻はテーブルを挟んで向かい側に座っていたのですが、娘を幼稚園に迎えに行く前で、今日はたまたま短いスカートを穿いていたので、彼から見えてしまわないように、スカートの裾に手を置いて仕切に気にしていました。

しかしその仕草がかえってその部分に気を惹いてしまい、彼の視線が時々下がるのが分かります。

「健司さんは恋人がいるのでしょ?」

「いませんよー。30も手前になると友達が次から次へと結婚するので、少し焦ってしまいます」

「うそー。そんなに格好いいのに?健司さんはどのような女の子が好みなの?」

「優しくて可愛くて、奥さんの様な女性が良いのですが、なかなか縁が無くて」

「流石営業マンね。口が上手いのだからー。それにしても主人は遅いわね」

事務所とゆえども、妻が個室で男と2人だけでこの様な話をしているのを初めて見て、私は不思議な興奮を覚えていました。

『俺は男と馴れ馴れしく話す桜子に嫉妬している?』

嫉妬からは怒りだけを覚えるものだと思っていましたが、下半身が熱くなるような興奮を覚える事もあるのだとこの時知ります。

その夜、ミニスカートの裾を押さえて仕切に気にする妻の姿を思い出している

とまた興奮を覚え、妻に覆い被さりましたがやはり断られてしまいます。

「どうして駄目なんだ?最近全然してないぞ」

「お願い。来週の週末ならいいから」

それは妻の生理前にあたり、そのような素振りは見せませんが唯一この時期は妻もしたくなるのか、月に2回受け入れてくれる内の1回は必ずこの時期です。

『生理前の来週末、夜に彼と2人きりになったとしたら妻はどうするだろう?営業のリップサービスだったとしても彼も満更ではないようだったし、彼に迫られれば体の関係を持つまではいかなくても、キスぐらいは受け入れてしまうかも』

妻に断わられた事で、また私はそのような恐ろしい事を考え始めていました。

『桜子に不倫など出来ないから大丈夫だ。キスぐらいはするかも知れないが、それだけでも十分な負い目になる。弱みが出来れば、これから一生好きにセックスを』

次に彼が訪れた時、私はわざと席を外してみました。

「銀行に行くのを忘れていた。あとの細かな事は桜子が聞いておいてくれ」

それは妻と彼を親しくさせるためだったのですが、喫茶店で時間を潰して帰るとまだ彼はいて、私が事務所に入ると急に2人は話をやめ、おかしな空気が漂っています。

『何の話をしていた?まさか抱き合っていたのか?それともキスを?妻に限ってそれはないか』

やはり私には耐えられそうにも無いので、週末に妻と彼を2人だけにする事はやめようと決めてベッドに入ると、隣で眠っている妻の唇が気になります。

『この唇と彼の唇が触れたかも?いや、無い、無い』

しかし私の下半身は嫉妬で痛いくらいに硬くなっていて、眠っている妻に襲い掛かってしまいました。

「どうして無理やりしたの?夫婦でもこれは強姦だわ」

「そうでもしないと桜子は」

「だから週末にと。明日から私は麻衣の部屋で寝ます」

妻のあまりの言葉に怒りの治まらない私は、翌朝妻が娘を送って行った隙に彼に電話していました。

「金曜の夜来られる?出来れば金曜に正式に契約したいと思って」

「本当ですか?ありがとうございます。必ず伺います」

「その時一杯付き合わないか?美味い酒があるんだ」

「良いのですか?じゃあお言葉に甘えて、車は置いてお邪魔します」

「それは不便だろ。雑魚寝で良ければ泊まっていけばいいじゃないか」

そして当日の夜、妻が上機嫌で娘とお風呂に入っている間に、私は釣りの用意をしていました。

「釣りに行くの?もうすぐ健司さんがみえるのでしょ?」

「忘れていた。急に取引先の社長に夜釣りに行こうと誘われて、うっかり約束してしまった」

「あなたー」

その時チャイムが鳴りました。

「気にしないで下さい。僕は帰りますから」

「いや。これは俺のミスだ。本当にすまない事をした。あとはオーディオなどを決めるのと判を押すだけだから女房で十分だろ。それと契約が終わったらこれを飲んでくれ」

私は手には、入手し難い清酒の一升瓶が握られています。

「ありがとうございます。でも図々しく泊めてもらうつもりで、車で来てしまったのでお酒はまた今度ご馳走になります」

「それなら得意先の釣りを断わる。俺から誘っておいて、その様な事は嫌だから」

「分かりました。ご馳走になって、車を置いて帰ります。それなら良いですか?」

「そう言わずに、ゆっくり飲んで泊まっていけよ。女房が相手では嫌か?」

「あなた、私は飲めないから」

一応妻はそう言いましたが、どこか嬉しそうでした。

「桜子も健司君も真面目だし、麻衣もいるから変な心配はしていないから、ゆっくりしていってくれ」

二人は顔を見合わせましたが、これで返ってお互いを意識してしまうでしょう。

帰りは翌日の昼頃になると言って出て行き、マンガ喫茶で時間を潰していましたが、勢いでこのような事をしてしまったのを悔やみ始めていました。

『彼と桜子が最後までしてしまったら。いや、セックスに関しては堅過ぎるほど堅い桜子にそれは無い。あってもせいぜいキス止まりだ』

しかしマンガを読んでいる余裕もネットをしている余裕も無くなって、ただ目を瞑って考えていましたが、浮かんでくるのは妻と彼が抱き合ってキスをしている姿ばかりです。

『やはり駄目だ。キスだけでも堪えられそうにない。それに酔った彼がそれ以上の行為をしてきて、飲めない桜子も酒の相手をして少し酔ってしまっていたとしたら』

彼が仕事を終えて我が家に来たのが8時だったので、当初の予定では妻が娘を寝かせるのに30分、娘が眠ってゆっくりと彼の相手が出切るようになって打ち解けるのに2時間、何か起こるとすればその後30分以上は掛かるだろうと思っていたので、得意先の社長の体調不良を理由に11時には家に戻って2人の様子を伺おうと思っていたのですが、心配になった私は早くもマンが喫茶を飛び出していました。

『生理前で疼いている桜子が、キスをされたらそれだけで済むのか?』

空き地に車を止めて家に着いたのは、結局予定よりも1時間も早い10時でした。

私は彼への接待に居間を選んだのは、隠れて中を覗き易い位置に窓があったからで、この時間ではまだ何も起こっていないだろうと思いながらも、2人の様子を伺おうと思って覗くと、テーブルに一合ほどしか減っていない一升瓶と、あまり手を付けられていない酒の肴が数品置いてあるだけで、そこに2人の姿はありません。

慌てて玄関に回ると鍵が掛けられていたので、棟続きの事務所のドアを合鍵で開けて入って行くと、奥の和室から篭った声が聞こえます。

「奥さんの最後の瞬間の声や表情は、凄く可愛かったですよ」

「意地悪。恥ずかしいから言わないで」

『最後の瞬間?最後までしてしまったのか?本当に最後まで』

上半身は怒りに震えているのですが、下半身は興奮で熱くなっていました。

「そんなのいや。恥ずかしいからさせないで」

「ほら、こうやって」

「駄目。駄目よ」

また始まってしまうと思った私が勢いよく開けると、暗い室内に明かりが入り、パンツ一枚で仰向けに寝た彼の横に、同じくショーツ一枚の姿で添い寝した妻が右手首を掴まれて、パンツの上から触らされていました。

「あなた!」

私が部屋の明かりをつけると彼は起き上がって正座し、妻は今まで彼の下半身を触っていた手で胸を隠して泣き出しました。

「いいから続けろよ」

「ご主人、許して下さい。つい出来心で」

「おまえは出来心で、お得意さんの女房に手を出すのか!明日支店長を連れて来い!」

彼は慌てて服を着ると飲酒運転を気にする余裕も無く、逃げるように帰っていきました。

「あなた、私」

「出て行けよ。今すぐ出て行けよ。麻衣は俺が育てる」

勿論本気ではありません。

妻が恋心を抱いているのを知っていながら注意するどころか、このようになるよう仕向けたのは私なのですから。

妻はショーツ一枚なのも忘れて謝り続けていました。

「抱かれたんだな?最後までしてしまったんだな」

「していません。ただ触られただけです」

「嘘を吐け。最後の表情が可愛かったと彼が言ったのを、俺はしっかりと聞いてしまったぞ!」

「だから、触られて、つまり、最後までは」

「はっきりと言え!入れられたのか入れられて無いのか!」

「入れられていません。つまり、触られて最後まで」

確かに2人とも、下は裸ではありませんでした。

しかし一度終わってから穿いた事も考えられ、他にも妻が恥ずかしがって全て脱ぐ事を拒んだために、横にずらしてした事も考えられます。

「最後までするつもりは」

妻は正直に話しているように感じました。

しかし私が帰って来なければ、最後までいっていた可能性は高いのです。

「そんな事は信じられない。それに最後までしなかったら、こんな事をしてもいいのか?桜子の考えはよく分かった。それが正しいかどうか、お義父さんやお義母さんに聞いてもらおう」

「許して下さい。私が悪かったです。もうしません。二度としません」

「当たり前だ。本当に最後までしなかったか調べてやるから、そこで横になって脚を抱えろ」

しかし妻は夫婦とゆえども、この様な明るい所でそのような格好になるのは堪えられないのか動きません。

「分かった。俺が麻衣と出て行く」

すると妻は慌てて横になると脚を抱えましたがショーツは穿いたままで、おまけに肝心な部分を手で隠しています。

「何度も言わないからよく聞け。桜子が俺に言えるのは『はい』だけだ。俺の言う事が聞けないのならすぐに出て行け」

妻が手を退けるとその部分は、透けて全て見えてしまうほど濡れています。

「恥ずかしくも無くこんなに濡らして。奴に触られてそんなに気持ち良かったのか?本当に入れられて無いとしたら、どうやって触られた?下着の上からか?下着の中に手を突っ込まれて直接か?返事は!」

「はい。下着の中に手を」

私はサディスティックな気分になっていて、妻に裏切られた事も忘れて下半身を硬くしていました。

「調べてやるから下着を取れ」

「はい」

妻はすすり泣きながらも、もう私には逆らいません。

「脱いだら今度はうつ伏せになって、尻を高く上げて自分で開いて中を見せろ」

妻は言われた格好になると、後ろに両手を回して指で大きく開きます。

「もういいですか?もういいですか?」

どこにもコンドームは無かったので、私は鼻を近付けて匂いを嗅ぎましたが、妻の匂いしかしませんでした。

私は下半身裸になると、前に回って膝立ちになります。

「奥はこれで調べてやるから、口に入れて唾液を付けろ。それとも彼に散々濡らしてもらったから、唾液などいらないか?」

妻は口に含みましたが、ただ咥えているだけだったので、舌を使うように指示を出します。

「もっと舌を使え。もっと。彼には舌も使ったのだろ?」

「そんな事、していません」

私はまた後ろに回るとお尻を叩いて高く上げさせ、初めて妻をバックから責めていました。

その後の妻は、何でも私の言い成りです。

「麻衣は眠ったか?風呂でするから、もう一度桜子も一緒に入れ」

「はい」

「風呂から出たら、今日の下着は赤だ」

「はい」

私のセックスライフは充実していきましたが、妻はいつ離婚を言い渡されないかと、絶えず私の顔色を気にするようになっていました。

夜が近付くと、今日はどのような恥ずかしい行為を要求されるのか心配のようで、塞ぎ込んでしまう事も増えていきます。

私主導のセックスと引き換えに、私は以前のような妻との笑いのある楽しい暮らしを失って行きますが、妻を思い通りに扱えるセックスから抜け出せません。

そして半年が経った平日の昼下がり、信号で止められて並んだ隣の車を何気なく見ると、見覚えのある顔の男が運転していて、その助手席には私には見せなくなってしまった満面の笑みを浮かべた、楽しそうに話しをしている妻が乗っていました。

「ずっと続いていたのか!」

「あれ以来、彼に会ったのは今日が2度目です」

1ヶ月前、デパートに買い物に行った時、ガードマンの制服を着た彼と偶然同じエレベーターに乗り合わせたそうです。

その時彼は休憩時間だったので屋上に行って話すと、あのような事をしてしまった事で彼は会社に居辛くなり、退職して警備会社に就職したところ、配属されたのがそのデパートでした。

「その時はあまり話せなかったので電話番号を交換して、その後毎日のようにあなたの目を盗んで電話を掛けたり、メールをしたりしていました」

「奴を好きになったのか?愛してしまったのか?」

妻は涙を流しながら、ゆっくりと頷きました。

「ごめんなさい。お願いですから、麻衣の親権だけは私に下さい。後の条件は全てあなたの望むように」

彼に対して本当に憧れ以上の感情を持ってしまったのか、それとも彼に対する責任を感じて同情からこうなってしまったのかは分かりませんが、私との生活に疲れてしまったのは確かです。

私が一生あのままのセックスでは堪えられないと思ったのと同じように、妻は一生このような扱いをされ続けるのかと思うと私との将来が見えなくなって、尚更彼に心惹かれるようになったのかも知れません。

精神的にだけでは無くて、身体までも私に責め続けられる暮らしの中、妻は彼という気の休まる場所を見付けてしまったのでしょう。

私は半年間の快楽と引き換えに、一番大切な物を失ってしまいました。

「今日も出掛けるのか?」

「ごめんなさい」

私はこの期に及んでも、卑怯にも娘の親権は渡さないと言って譲らずに、離婚を思い止まらせましたが一緒に住んでいると言うだけで、妻は毎日のように出掛けて行きます。

それは彼に会いに行くのだと分かっていても、私には後悔の念があるだけで何も言えません。

それは全て私が原因で、こうなったのは自業自得だから。

しかしそのような生活が1ヶ月も続くと私も徐々に壊れていき、妻が出掛けた日は嫉妬に狂いながら下半身を熱くして帰りを待ち、妻が帰宅して眠りに着くと風呂場に行って下半身裸になり、妻がその日穿いていたショーツを脱衣籠から出して包むのです。

このような事が知れれば更に妻は離れていくと思いながらも、妻と僅かでも接点を持てたような気がしてやめられず、やがて妻が出掛けない日もそのような行為をするようになり、それから更に1ヶ月が経った夜、いつものように妻がお風呂に入って眠りにつくのを布団の中で、下半身を熱くしながら待っているとドアが開きました。

驚いた私は咄嗟に眠っている振りをしましたが、妻は布団を剥ぐとパジャマとパンツを一気に下げ、スカートの中に手を入れてショーツを脱いで、それを私の熱くなっている部分に巻き付けます。

『知られていた』

私は妻の下着を汚さないように気を付けていたのですが、妻は私の行為に気付いていたようです。

妻の顔を見ると涙を流していましたが、変態行為を知られていた私は何も言えずにじっとしていると、妻はその上からそっと握って、その手をゆっくりと動かし始めます。

その日を境に妻が彼と会いに出掛けて行く事は無くなり、連絡を取り合う事もなくなりましたが、妻がその事には一切触れなかったので、私も彼との関係がどうなったのかは聞かず、毎晩その日穿いていたショーツを片手に寝室に通って来る妻に処理される事を惨めに思いながらも、妻のショーツに思い切り吐き出せる快感から逃れられません。

やがて夫婦の会話も増え、昼間は完全に元の夫婦に戻ったようでしたが、夜は以前のような関係ではなくなり、妻からセックスを求めてくるか、それ以外の日は相変わらず妻のショーツで処理される毎日です。

娘が眠ると私の部屋にやって来て、事が終ると戻って行った妻も、今では以前のように私と同じベッドで眠るようになりましたが、私からセックスを求める事はありません。

今の私の望みは妻とのセックスではなく、妻と手を繋いで眠ることです。

それも私から繋ぐのではなくて、妻が手を繋いで眠りたいと言うのを辛抱強く待っています。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

【人妻・熟女】自業自得【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月25日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ