相互リンク先の更新情報!

【友達】中学校でウンコ【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


昨日の夜中の12時過ぎに、自宅から自転車で15分くらいの所にある

中学校で実行しました。寒かったのですが、

これから起こる事を考えると気持ちが高まってしまって、

寒さも心地よさに変わっていました。

校内は真っ暗で、校舎の中の非常ベルの赤いランプたけが

校庭からもはっきり見えます。

周りが暗くて見えないため耳が敏感になっているのか、

校庭の木の葉が風でざわめく音が、耳に大きく響きます。

明日が休みという事もあり、

学校の近くの道路を車が通る音が時折します。

誰かにこんな事をしている姿を見られたら、

犯されて何も言えない・・・と少し不安になりました。

でも命令だから実行しないと・・・そんな自分が誰かに

支配された感覚が、私自身を逃げられないようにします。

誰も校庭にいない事を確認して、命令を実行しようと決断しました。




校庭の端に朝礼台があったので、朝礼台の上に立ち、

校庭の方を向いて大きな深呼吸をひとつしました。

そして180度 体を回転させ、下着とスカートをいっしょに脱ぎ

四つんばいになり、お尻を校庭に向けました。

そして、浣腸を取り出し、お尻の穴に刺そうとしましたが、

緊張しているせいか なかなか うまく刺さませんでした。

(家に帰った時 テッシュでお尻を拭いたら 血が付いていました)

ようやく1本目が刺せたら、

穴が広がっているのか2本目はスムーズに刺せました。

外という事で寒いですが、

それよりも冷たい液体がお腹に入ってくるのがわかります。

入れ終わった後、ひとりでしょうと少し胸をさわりはじめましたが、

寒いせいなのか、すぐに出したくなり、我慢できずに出しました。

朝礼台の上から校庭に向かって・・・です。

静かな校庭の中で、ブリブリ・・・と、私のお尻から

恥ずかしい音が聞こえます。

一通り出し終わると、お尻も拭かず下着とスカートを履きました。

ひとりでして、気持ちよくなる前に出してしまい、

余計に欲求不満になってしまって、

触りたくてたまりませんでした。

そこで、校庭の隅で触ろうと思って移動すると、

そこに掃除用の竹ボウキが1本、投げてありました。

そのホウキを持ち、大きな木の下に行きました。

そこで、下半身裸になり、その木に左手をつき、

右手でホウキを持ち 股間に挟み、ホウキを上下に動かして、

えの部分であそこを擦りました。

腰もホウキに押し付けながら、上下に動かしました。

竹ボウキだったので、えにそのデコボコの筋があり

少し痛かったですが、それが気持ちよかったです。

欲求がはてるまで続け、終わってみると、

ホウキに私から出た液が垂れるほど付いているのが、

触った感じでわかりました。

時間も遅くなったので、もう帰ろうと思い、服を着ようと思いましたが、

下着に浣腸から出した物が付いていると汚いと思ったのりで、

スカートだけ履いて、下着はポケットに入れました。

家に自転車で家に帰る途中、コンビニがありました。

すると、私の中にまた、悪戯心が芽生えました。

暴走族風の白い車がコンビニの側面に止まっていました。

コンビニの入り口も窓も無いので、

コンビニの中からは誰にも見えません。

その車の運転席のドアミラーの所に、

私の恥ずかしい下着をのせて、そこから逃げました。

コンビニをだいぶ離れていましたが、夜で静かなため

コンビニの駐車場から、私の下着を見て騒ぐ男性の声が

私の所まで聞こえてきました。

先日、下着を置いてきたと告白しましたが、

それを拾った人からのメールは来ませんでした。


告白体験談関連タグ

||

【友達】中学校でウンコ【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月25日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ