相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】イケメンと浮気する彼女【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


私の妻、果帆は今32歳で私と知り合って7年目です。

容姿、まず背は165cmと高い方で、若い頃は今のグラビアの亜里沙に似てました。

あそこまで美形では無いと思うのですが、亜里沙をちょいブサにしたら果帆です。

あと色白七難隠すと言いますし、

肌が白いのと胸がFカップ有るのでかなり男は狙ってきます。

でも細身で巨乳という訳ではなく、二の腕は結構プルプルしていますし、

タイト目なパンツやスカートを履いた時には、ウエストのお肉が若干乗る事を

365日気にしているのが微笑ましい感じです。

性格は割と古風でのんびりしてるO型タイプ

ビビりなところもあるんですが、一切ビビっていないように見せる演技力も持っていて

結構仕事ではしっかりしている面も発揮しているようです。

家では凄いおしゃべりで、愚痴も毒も吐くので、俺は聞き役が大変な毎日です。



その果帆が26歳の頃でした、モニターやカットモデルとして

月に2〜3度、美容室へ通っていて、その美容院専属モデルみたいになっていました。




本人も綺麗にして貰って、更に綺麗に写真を撮って貰って、

雑誌などに載ると嬉しそうに見せてくれました。

俺も若い時しか出来ないし楽しんでよって、俺も果帆の色んな髪型楽しませて貰うねって、

言ってました。



ちょうど俺と果帆が付き合って1年弱でしたか

俺は友達と飲みに行き、何軒目かでキャバクラへ行き、

そのままアフターで仲良くなってキスだけした嬢がいました。

その嬢とのメールのやりとりを果帆に見られてしまったのです。



お風呂から上がると、果帆が鬼の形相で、瞬間「あ、見られた」と察しました。



散々絞られ、その場でアドレスを消され、

「別れないけど、私も浮気し返す」と宣言されました。

俺は「へ?もしかして相手いるの?」と聞くと「候補は居るわよ」と



候補は美容室のスタイリストで果帆より2歳年下の浜田君という人で、話も結構合うらしい。

果帆の専属は女ディレクターだったので、そんなアシスタントの存在があったとは意外でした、



果帆曰く、

単館上映モノの映画が好きなところとか、趣味がぴったりで話が盛り上がるし

実は機会があれば是非行きましょうみたいな事になってるらしい。



俺が「客商売なのに実際客のこと誘えないんじゃない?」と言うと

「私客じゃないもん。」

「来週トリートメントだから、付きっきりになるな」

つまり都合が合えば行くかもしれないよって匂わせてくる。



俺も果帆もお互いに一人暮らしだったけど、なあなあで半同棲みたいになってたし

果帆の束縛にもちょっと窮屈さ感じてたから、お互いを見つめ直すいい機会かなと

少し距離を置いてみることにした。

俺は多分果帆に追いかけられている側で居て、調子に乗っていた部分もあったと思うが



あとあまりに果帆が浜田さんをかっこいいかっこいい言うから

女々しくも一応その男についてちょっと検索すると

いきなり写真がすぐ出てきて、かなりの男前というか、美男子。

某SNSサイトではファンが作った、○○浜田コミュニティみたいな出来てて

メンバーも300人くらい居るし

で果帆もメンバーだし笑

果帆には「デートくらい良いんじゃない?」って言ったけど、これ

実は果帆ですらデートして貰う側なんじゃね?って汗掻き始めた。



更にサイトで

調べると身長185cm、指が長いとか、接客が丁寧とか、声が素敵とか

ちなみに俺自称175cm、果帆には185くらいがお似合いなのか、、

ってネガティブなところも顔を出してきた。

それに果帆は今までイイなと思った男とは必ず付き合ってきたと言うし

恋愛に関してポジティブなメンタルの持ち主だ。

確かに果帆に誘われたら美人局として疑われて敬遠されるくらいしか

断る理由は無いとも思う。



でもまあ

俺もそこそこ果帆に優しく接してた自負も有りましたし、

浜田くんは果帆より年下だし、果帆には合わないだろう

直ぐ俺のありがたみに気付いて、連絡よこすと思っていた。



案の定

1週間くらいで果帆から電話が掛かってきた。

「明日カルボナーラ作るけど、ウチ来る?」

俺の好物餌に誘ってくるなんて、可愛いとこあるじゃんって思って

テンションも上がり翌日昼から果帆のアパートに向かった。



部屋で出迎えてくれた果帆はイメージが変わって見えた。

多分髪のカラーも若干変わったのとトリートメントとかで艶も増してたのと

久しぶりに会うということで部屋でも薄くメイクもしていたからか。

格好はいつものタンクトップにスウェットだったのだが。



1Kの部屋で床に座って待っていると

キッチンから出来たての食事を運んでくれた。

付き合って以来、2日会わないことすらなかっただけに

1週間位会わなかったことで、ぎこちなさと照れが有ったと思う。

相変わらず美味しいと言って、テレビを観ながら世間話して食べ終えて

俺が洗い物をしていたら、

果帆が後ろから抱きついてきた。

もう既に嫌な予感

俺「どうした?」

果帆「ねぇ、浮気した時って、私の事思い出した?」

俺「だから、どうしたの?」

果帆「その時後悔した?」

もうその時点でバクバク胸がはちきれそうになり、息が詰まってきた。

あれが酷いと過呼吸になるんだと思う。

俺「・・・デートして来たの?」

果帆「ううん、デートはして無いけど次の約束してきちゃった。」

それから話を掘り下げて聞いていくと



先週仕事終わりに美容室へ行き、最初からシャンプー担当して貰い

トリートメントに入る頃には

閉店時間過ぎていた事も有り、広い店内でほぼ徐々に2人きりになったそうで

割と気兼ねなくプライベートな会話になったと

そして、この前の映画の話になって、

向こうから、今日この後一緒に行きませんか?ということになり

浜田さんの通勤で使用しているバイクで行くことになったと

でも、乗る前に貸して貰ったヘルメットが彼女専用のモノだと知って

彼女さんに悪いと乗るのを遠慮してると、2人でタクシーで行こうと言ってくれたんだけど

果帆が「間に合わないからヘルメット借りる、彼女さんに謝っといて」

と結局二人乗りで向かったと



ここで俺がどんなバイクか気になり聞くと

果帆「タイヤがボコボコしたやつ」だと

後に確認したのだがモトクロスタイプでした。

俺は内心「うわー、後ろから抱きつかないと乗りにくいヤツだ・・・」

果帆はパンツスーツ姿で胸押し付けたのか、と鬱勃起してきた。



バイクに二人乗りして急いだものの

恵比寿のミニシアターに着くと、もう最後の回が始まってしまっていたので

今回は諦めて、次回また一緒に行こうと約束したら

浜田さんがとりあえずお茶しましょうと提案。

ちょっと夜景が見えるベンチに腰掛けて話していたら

一緒に上京した彼女と同棲しているというのはそこで聞いたらしい。



その内

突然

浜田さんが真剣な顔で果帆の方を向き

「○○さん(果帆の旧姓)が好きです。」



「彼女が居る身で何を言っても信じて貰えないでしょうし、軽薄ですけど、

ずっと好きでした」



「最初にシャンプー担当させて貰った時から、

△△さん(果帆の髪担当)にお願いして、付けて貰ってました」



「他のお客様とは形式的な会話しか出来ないけど、

○○さんとは違うんです」



「好きだけど、お店にとっても大事な人なので、、

付き合ってくださいとは言えません」



こんな感じで真剣な告白を受けたらしい。

告白された後は、乗せて送って行くと言われたんだが

果帆は断って電車で帰ったらしい。



男性側から冷めた意見言わせて貰うと、ただ都合良く

一回やらせて貰いたい口説きにしか聞こえないと思うんですが、、

相手がかなりのイケメンだからか果帆は結構ポーっとなってる気がしまして

それにカーっとなって

ちょっと乱暴に果帆を押し倒してしまいました。

服を着たまま、ベッド以外でHしたのは初めてでした。

まるで何かに目覚めたかのようでした。



Hしながらも、

結構言葉攻めしました。

俺「バイクに乗ってこの胸押し付けたんだろ!?」

果帆「押し付けたっていうか、完全に後ろから抱きついてたよ」

果帆「私、デートするよ、それに、しても謝らないからね」

って喘ぎながら言われて、興奮して果てました。



果てた後、果帆を触りながらトークしていると

果帆「そういえばね、美容院でマッサージして貰ってる時、

「いつも肩こり酷いですよね〜」って言われて、、

「胸大きいから大変ですねって」

私が「急にどうしたの〜照れるじゃん」て言ったら

顔真っ赤にして、鏡ごしに目合わなくなったの〜浜田くんって可愛いでしょ!?」



それを聞いて俺が

「は!?全然可愛くないんですけど!?」

って嫉妬して勃起したモノお尻に擦り付けたら

果帆も面白くなったみたいで

あとね、今日は他のお客さんも居ないので入念にやっておきますねってかなり長くマッサージして貰ってたんだよ。

あれが無ければ、映画間に合ったと思うw

それにね、二の腕マッサージして貰った時に、後ろから抱きしめられる形になって、浜田くんの顔が私の耳のそばに来て

鼻息とか聞こえて、ちょっと興奮しちゃったw

そこで俺も興奮と愛おしさと嫉妬が最高潮になり、横になったまま、再挿入しようとしたら

だーめって言いながら逃げられました。





その時点で果帆に届いたメールも見せて貰いました。

俺のメールも見たんだから当然だろ?と言って

すると男目線から見ても、浜田くんって実直で真面目?

って思うようになりました。

メールの内容が

「昨日は一方的に気持ちぶつけてしまい反省しています」

「○○さん専用のヘルメット購入しました。良ければまた乗ってください」

「彼女にも謝りました、お店の大切な人だしと許してくれました、

○○さんには失礼な事して申し訳ありませんでした」

「彼女には悪いんですが、○○さんへの気持ちがどんどん大きくなってしまってます」



同時に送信フォルダ

見て興奮してしまったのが

「バイクちょっと怖いけど、浜田くん運転優しいからまた乗りたいな、ヘルメット楽しみ〜」

って内容や

「映画の趣味本当合うよね!なんか本当貴重だよ、これからよろしくね#9829;」





帰り際

果帆に「好きになっちゃったらどうするの?」

って聞かれたけど

それは浮気じゃなくて本気って言うの、その時はその時

って強がって帰りました。

約束は浜田くんの休日ということで来週の火曜日にしたみたいです。



その日はHをしたことでまだ落ち着いていましたが

火曜日は悶々がピークでした。

一応、デートの格好は聞いておきました。

バイクに乗るのを計算したライダースジャケットにキュロットパンツらしいです。

たかが映画デートと思い込もうとしても、勃起しそうになります。

その日の夜は自分で慰めながらそのまま気を失うように眠ってしまいました。

深夜1時頃に果帆からメールが入ってましたが

気づかずに朝まで眠ってしまいました。



後日果帆から聞いた

この日のデート内容は以下の通りです。







待ち合わせ場所に着くと、先に待ってた浜田くんが

「お仕事お疲れ様でした」と笑顔でコーヒー渡してきた。

上映時間までガーデンプレイス内を散歩していて

浜田くんが若干緊張している様子だったので

果帆から腕にしがみついて密着したら

徐々に浜田くんも遠慮しなくなり、果帆の格好を褒めてくれたりした。



映画館に入り

1つの飲み物を2人で飲み

ちょっと予想外に退屈な映画だったみたいで

上映途中から浜田くんが手を繋いできて

果帆はその手を繋ぎながら自分の太ももに置いてあげたら

勝手に大腿や膝を触り動かすので、気が散り

「こ、ら」というと直ぐやめてくれた。



映画の後、お茶しに行って、話していたら

浜田くんが「ちょっと待っててください」

と言って、どこかへ走って行ったと思ったら

買ったばかりのヘルメットを持って戻ってきた。

「これ被って早速走りましょう」ということになり

都内を走りついでに自宅まで送って貰い

「楽しかったですありがとうございました」って言って爽やかに帰って行った

ここまでで終われば極めて健全なデートだったのだが、



自宅マンションの前で見送った後

玄関のドア開けて入り電気を点けると、足元にゴキブリが走ったと

(確かに果帆の部屋でGを見かけたことはある)

そこで、いつもは俺に連絡するのだが、

何故か、浜田くんに電話してしまったと

浜田さんは「彼氏さんじゃなくって、俺が行っても良いんですか?」

と言いながらも直ぐ戻ってきた



家に入れないでいる果帆のところに

戻ってきた浜田くんがバイクから降りるや

嬉しくて抱きついたらしい。

そしたら浜田くんが果帆の頭にキスしてきたようだったので

果帆が顔を上げると

顔を両手で掴まれキスされ

舌も絡ませだした

マンション前だと人目につくので

玄関に入った、しばらくはG探ししてくれたものの発見出来ず、

仕方なく果帆がお茶を煎れると

浜田くんは「彼氏さんに悪い」と玄関に座ったまま

上がらずにお茶してたらしいが

果帆が「じゃあ浜くんは今日の事彼女に言うの?」と聞くと

そのまま無言になって

見つめあって、押し倒されたらしい。



その場でキスされて、カットソー脱がされ、揉まれ、吸われ

浜田くんは終始「綺麗」とか「やっぱりすげー」とか「ずっとこうしたかった」とか

呟いてたらしい。

果帆は一応ダメだよとか言ってたみたい

でもあそこに指を入れるのと舐めるのは、余り上手く無かったので中断させたと



最後まで許すつもりは無かったが

何故かこのまま帰して彼女とHされるのは嫌だ

と思ってしまったらしく。



お姉さん風吹かせて

廊下に座った浜田くんの

ベルトを外し脱がせると

パンツはびしょびしょだったので

果帆が笑うと

「バイクの時、背中に当たる胸がすごくて」

と照れて言い訳してて可愛かったと

どうして欲しいか聞くと、

「舐めて下さい」って言ったから

フェラしてあげて

「今日帰ってから彼女とHしたらダメだよ」

と言ったら

素直に「はい」って



でそのまま口でいかせたの?って聞いたら

果帆はペロリと舌を覗かせながら

「ううん、違う、胸」

俺「あ!?」

どうやら、いつの間にか部屋に上がってベッドに座らせてパイズリしたらしい。

浜田くんはしきりに「こんなの初めてだ」と感動して

気持ちよがってたと

イッた後の浜田くんには直ぐ帰ってもらったみたい。

やたらとキスしようとしてきたけど、果帆はそんな気分じゃなくなったそうで

その直後で俺にメールくれてた。



俺「果帆〜やり過ぎだぞ

俺浮気って言ってもキスしかしてないんだよ?」



果帆「どこまでとか今関係ないっ!心配して家に来てくれると思ってたのに!」

「でも、もうしない…、結局後悔したし」



と全部聞きながら、途中から果帆を犯そうと思ったのですが、

何故か膝はガクガクだし、血圧下がって手は冷たいしで

襲えなかったので



浜田くんと同じ場所で

俺もパイズリさせました、

果帆は己の罪悪感からか、非常に従順で一生懸命でした。

心から愛おしく思えたので、もう離さないからなと言うと

ニヤリとして、泣きそうな顔になって激しくしてきました。

そこから玄関に置いてあるヘルメットを見て

ああ、果帆の言ってることは現実なんだなぁ

と思って



変態な俺は、、、更に興奮しました。

浜田くんより気持ち良くしてっと言うと

頷いて、沢山唾を垂らして、一気にイカされてしまいました。





以上


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【浮気・不倫】イケメンと浮気する彼女【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月27日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ