相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】「初夜 Ⅲ‥(精神の初夜②)」【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


(①より承前)これも想像すると ヤタラに昂奮してしまうようなイメージである。ヤルことは恭しく丁寧に 敬語を使って教えるのだろうが、結局はマラの勃つ意味を教え マスタベーションまで教えるかどうかは別としても、女官は自ら裸になり マラをオメコの嵌める嵌め方から、 嵌めた後の抽送の仕方‥要するに ピストン運動の仕方まで教えるのである。

‥と云うことは 「そこは‥モット 速くお腰をお遣い遊ばして‥、さようでございます‥ ソコソコ‥そこが女が最も悦んで、泣くようなお声を上げ 叫びたくなる処でございます。」とでも‥云うのだろうか?‥。

哀れにも‥思いが残るのは 結婚前の‥この最後の入浴に際して、その男の「みそぎ」つまり筆おろしをした女官に 独身最後の入浴の相手をさせることである。

女官は男の身体を洗いながら 自分が初めて女を教え‥男にしてやった‥、生涯で最初の精通を 自分の身体の中に垂れ流させた‥「男」の身体に別れを告げるのである。

名残り‥再び一緒に風呂に這入ることも無い‥ 名残である。そのとき女官は 手塩に掛けた息子を結婚させる、母親にも似た 心境になるのでは無かろうか?‥。

初夜が目前に迫った情況では そこで媾合も出来無いだろうが、マラを勃てた男と オメコをシトド濡らした女官が、その場で 抱き合うくらいのことはあっても良い気がする。

形式に囚われてはいても 心のあるのが人間なのだから‥。

『「入浴潔斎の儀」を終えると 「初夜装束」と呼ばれる白い着物に着替える。その「初夜装束」の下には 一切下着を着け無いのが極まりである。

そこでいよいよ男女は 初夜の床入りになり、寝具の上に 並んで座ると、そこで「三箇夜餅の儀」とも呼ばれる 平安の時代から続く伝統的な儀式がある。

まず女(花嫁)の歳の数だけの 白餅を用意し、四枚の 銀盤に乗せる。これを既に 子宝に恵まれた老夫婦(大体は 子供のいる侍従上がりの人間)が、初夜の寝床に運んで 二人に供える。新婚夫婦は この餅を一つずつ食べた後、抱き合って 男女の媾合の行為に及ぶ。元々はこれを3日間‥繰り返したが 近代は初夜のみとされる。要するに 初めてのセックスで 子宝に恵まれるように霊力を与える(縁起を担ぐ)儀式である。』

まぁ‥ここいらは「縁起担ぎ」で 毒にも薬にもなら無い話である。ただ‥ジャーナリズムが報道出来るのはこの辺までで 後は公には秘事とされるのだろう。

『ここで更に特筆すべきは 以上の儀式‥一連の媾合行為の遂行に際しては、介添人(民間での仲人夫婦に当たる立場の人で 媾合行為の一部始終を見届ける役目の人)として一組の男女‥ それぞれの身分を保証された夫と妻が、部屋の一隅に控えて立ち会い 媾合行為の総てを見届ける‥と云う途方も無い形式が存在することである。

この介添人には更に 儀式が無事に最後まで終了した(性行為‥ 肉体的にマラをオメコに嵌め 射精を終えて果てた)ことを確認すると、続いてそのことを傍で待つ親族に 立ち処に知らせる、「露見」と云う お披露目を行なう役目があるのである。』

さぁ‥こうなるともう いっそ無知な、指図通りに動く お人形同然の人格の方が、心理的には 仕合せかも知れない。自我などは 邪魔以上の障害要因にしかなら無いのだ。

悲惨なのは 初めての(血の証拠を 要求されるような)媾合の初夜に、無事な媾合・射精の完遂を前提にして 親族が待ち兼ねる情況で、媾合を行う 二人の心境である。




一般に 性器の正常な結合そのものが困難な初夜に、二人だけで‥それも信頼性の低い手順で 儀式が進行されるのが不思議な気がする。

これは邪推‥ 妄想の類だが、そう云うときにコトをウマク運ぶのが 介添人なのでは無いか‥と云う気がしてなら無いのである。

『「露見」と云うのは 男女の媾合行為が終わり、一応の 身辺の乱れを始末すると、二人は下着はフリのまま 身繕いを整え、介添人が 寝所と外の廊下の境の扉を開け放つ‥のである。介添人は 壁代と呼ばれる衝立を取り除き、廊下で‥儀式が済む(ヤリ終る)のを待っている親族に 寝具の上に並んで坐っている二人‥、今しも子種を仕込み 媾合をヤリ終え、実質的に血を交ぜて 肉体的に本当の夫婦になったばかりの、 湯気の立つような 二人の姿を親族に見せるのである。その際には‥媾合行為の終了後に 破瓜の血や、淫らな先走りや 溢れ流れた精液で汚れた着衣を、再び新しい「初夜装束」に着替えさせ、寝具の掛け布団(厚手の上掛け布団)を外して シーツが処女の証の鮮血に塗れている処まで、ハッキリと見せるのが 正式な露見とされる。』

介添人は部屋の一隅に控え 媾合行為に立ち会って、総てを見届ける‥以上 私は相当以上の確率で起こる不具合に対して、介添人が単に見届けるのでは済まず 手を出して女の開いた脚を抑え込み 男のマラの挿入を二人して手伝う‥こともあると思う。

それが嫌なら 私なら‥悪知恵を出して、(女が経験者なら 手間が省けるが)本当に未経験の処女の場合には 事前にどこか御用邸でも使って開通式を勝手に済まさせ、正式な親族立会いの夜には 鶏血とフノリでも用意して、四人でお茶でも飲んで 時間を潰し、程の良い時期に シーツを鶏血とフノリで汚して披露して形式を整えるが‥。

             

『更に余談として 皇族には「一世一代の秘事口伝」なるものがあると云う。これは代々の帝が 口頭で直接に申し送りするもので‥、その中には セックスに関する風習も多く含まれており、初夜の段取りから作法,体位,出産し無い時期の避妊法,等が伝えられているそうである。』

こう云う伝承は 想像すると愉しくなる情景である。特に‥性に関する伝承は 興味津々で、学術調査でも行なえば あるいは国宝級の平安時代の春画などが発見されるかも知れないのである。

本題に戻れば‥これは 「初夜」と云う言葉に纏わる宿命だとも思う。その初夜の前提になる 時代の環境・制約や遂行過程には、個人では 逆らうべくも無いが、それだけに‥その クリアに伴う苦痛やストレスは、せめて 肉体的な範囲に止めたい気がする。

例の田中角栄が 巣鴨の塀の中に這入るとき、裸にされ四つん這いで尻の穴まで検査されて、自我が崩壊し 官憲への抵抗が減ったと聞いた。ましてや か弱い初夜の花嫁は、それで無くても肉体の問題の以前に 精神的に娘から女への転換期のブルーに陥り易い。無用の形式を強制して 確立した銘々の自我を崩壊させることも無いだろう。

まぁ女‥花嫁は 初夜の破瓜が済むと、殆ど連日連夜の 男‥花婿が仕掛ける媾合が待っているのだ。それも‥始めの内は苦痛だけかも知れ無いが 夜になれば‥。

その苦痛は漸減し 何時しか外イキ・中イキを覚え、Gスポットが分かり ポルチオ(portio)を経験して、夫と云うより‥もう誰でも良いから‥くらいに 自己の性感に惑溺する。

そしてその‥新しく生活に割り込んで来た 男との身体との接触が、〝ヤハリ媾合は‥夫で無ければ この快い放心は得られ無い〟と感じ、これこそ夫婦生活の基礎だ!‥と悟るまでには、更に多くの 色々な性体験の蓄積が必要になる。その夫との夜の秘事こそが 生活なのだと覚るまでの女は、毎回々々の媾合が 「初夜の思い」なのである。

自分の月の障りには マラを扱き立て抜いてやる。男がオメコを舐めて来れば 自分も男のマラを咥え男の精液の味を知る。男が疲れているのにヤリたいと云えば 前には考えもし無かった騎乗位で男に跨って腰を使い捲くり 膣の中をマラで掻き回す快感を知る。媾合がマンネリと感じれば 四つん這いになって後ろからでもヤラせるのである。

このとき‥ 女性にとっては、日々異なる新鮮な体位を採ることが 「精神の初夜」であり、人生を発見する 心の革命なのである。そうして女は 毎回の媾合で動物に目覚め、場合によっては ケダモノにもなる。その‥他人の目から隔絶され閨房での 自分の夫だけと繰り拡げる秘めた狂態は、やがて行為の 本来の目的の「種の保存」に結実する。

女は‥妊娠し 子供を生むと云う「母性の初夜」を迎える。母性に目覚めた女は 人が変わったように、あの激しかった媾合の過程を過去のものとし 子育てに熱中する。媾合は最早‥ときどき抽斗から出して使う 耳掻き同然になり、革命も無く 新しい初夜も来無い。このようにして女は 初夜を忘れたとき、只の オバサンになる気がする。◇(茫々録・鶏肋抄 より)


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【人妻・熟女】「初夜 Ⅲ‥(精神の初夜②)」【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月28日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ