相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】妻を同僚と二人で【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


同じ会社に付き合いも10年以上になるA君って友達が居ます。

何でも話せるしお互いの家にも遊びに行ってた。

Aは年下だけど会社では自分より先に入社し先輩になる。

ある土曜の昼間にAが遊びに来る事になった。

その日は子供は友達の家に遊びに行ってて妻と二人だった。

当時私40才妻35才。

妻は白い木綿の長袖のワイシャツにミニスカートで。

Aが着く頃になって急に妻にブラを外してと頼んだけど断られた。

でも構わずにワイシャツの下から手を入れてホックを外し肩紐は袖の中を上手に通して両方手首から抜いてブラを一気に下に引っ張り出した。

少し怒ったけど

「バレないから」

と何度も言ったら

「じゃーノーブラのままでいいよ」

とオッケーしてくれた。

ワイシャツは胸を張ると少し乳首が透ける程度。




少しドキドキした。

そしてAが来てコタツを囲んで

端に妻そして自分、自分の右前にTが座った。

妻と自分は後ろのソファーにもたれ掛かりAは座椅子に。

色々話して数時間してAが帰る頃になると妻がノーブラって事とほろ酔いから突然妻のワイシャツのボタンを外し始めた。

抵抗する妻。

Aもビックリしたが構わず全部外した。

妻はオッパイが見えないように必死に前を押さえた。

ワイシャツの前を何回も両側に引っ張ったら少し開いて前を隠してる腕の隙間から小さめの乳房の谷間が見えた。

Aが少し興奮してるのがわかった。

それから妻の腕を掴んで下に下ろさせたらあまり抵抗しなかった。

ワイシャツは少し開いてて乳首ギリギリだった。

それからワイシャツを一気に全開にして両肩が出るまで脱がした。

肩が出た瞬間凄い興奮で妻をめちゃくちゃにしたかったけど我慢した。

Aの前でオッパイがあらわになったら…って考えたらドキドキ凄かった。

でも脱がす瞬間にまた腕で隠したから乳首は見えなかった。

そして妻の腕を掴んで後ろに回した

もう全然抵抗しなかった。

とうとう知り合いの見てる前で上半身は裸同然になった。

Aが「おーっ」と叫んだ。

妻の小さめの乳房があらわに

自分は知り合いに視姦されドキドキしてきた。

Aに

「触ってみる?」

「乳首舐めたい?」

って聞きたかったけど妻は恥ずかしいのとドキドキと半々なので我慢した。。

「もうオッパイ見られちゃったし全部見せたら?」

と言って妻を立たせた。

また少し嫌がったが立たせてワイシャツを脱がした。

そして妻の後ろに回りAの方に体を向けて乳房を何回も揉んだ。

乳首に触れたら体がピクンとし息が荒くなった。

そしてスカートのホックを外しファスナーを下ろすとスルッと足首まで脱げた。

「パンティー脱がすよ」と聞いてから脱がさずに手を入れ割れ目を触ったら濡れてた。

それからパンティーを下げて足首から抜いた。

割れ目を開くとAはガン見した。

ぼちぼち時間なのでAを玄関で見送ったけど

もちろん妻は全裸のままで。

Aが出てからカギを閉めてそのまま玄関に押し倒して激しくエッチした。

見られた感想を聞きながら激しく突いたけど、凄い事をしたって余韻と興奮からすぐに中でイッてしまった。

後日Aに聞いたらフル勃起してたと…

「知り合だから一線は越えられずに我慢した」

と電話で話した

でもその後に修羅場を・・・

時間がある時に完結編を書きます


告白体験談関連タグ

||||||||

【人妻・熟女】妻を同僚と二人で【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月28日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ