相互リンク先の更新情報!

【初体験】美和子物語 息子との入浴 そして愛の日々へ・・・【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


美和子物語 息子との入浴 そして愛の日々へ・・・久しぶりに勤務先から早く帰宅しました。

父母は小旅行に出かけていますから留守です。夕食の準備が終わって少し時間がありました。

早めに入浴したいと思って浴槽に浸っていました。

身体を洗ってから、鏡に自分を映して眺めていましたら、扉が開いてそこには息子が立って居ます。

背中とお尻を見られました。

相手が子供でも恥ずかしい思いをしました。

乳房の谷間には竹下さんとのベッドでのキスの痕跡が残っています。

この部分を見られなかったのが良かったかな・・・。浴室を出て二人で食事をしました。

息子から、『お母さん 二人でお風呂に入りたい・・・』といいましたが、

『バカね』と、言って断りました。それでも息子が背中を流してほしいと言いますので、それは承知しました。

彼がイスに腰掛けて後ろからシャボンで流してあげました。

子供だと思っていましたが少年期からの成長の時期でしたから・・・。彼が一緒に入りましょうと言いますので、そのようにしました。

美和子は先ほど入浴したばかりだったのですが・・・。

浴槽で二人が向かい合って居ますと、私の乳房を見ています。彼の向きを反転させて美和子が彼の背中を見るようにしましたら・・・。

彼が後ずさりをして美和子の膝に乗りかかります。




美和子にもたれかかってきましたので、彼の背中が乳房に当たります。

両手を後ろに回して、『お母さん おんぶしましょう・・・』といって、両手を後ろへ回しました。

イヤイヤをしていましたら、正面から抱っこしてきました。

浴室ですから立ち上がると下半身が見えますから仕方なく彼の仕草を見ていました。彼が美和子の両足に跨って居ますから身動きが出来ません。

小学生の2年生から一人で入浴させていましたから彼の裸はしばらくぶりでした。

小さいけれど男性のシンボルが立派に起立していました。

息子がその部分を持ってくれとの様子でしたから軽く持ってあげました。その夜、美和子のベッドへ息子が押しかけてきました。

ネグリジェ一枚の美和子は慌てましたが毛布をめくって入れてあげました。

彼は乳房を口に含んで、おっぱいをちょうだいね。といいます。息子に乳房を吸われて動転していました。

この間まで口に含ませていたのに・・・。

息子は自分のパンツを脱いで美和子に攻めてきます。息子の先端は皮かむり状態ですが勃起していました。

私の上にかぶさって挿入しようとしています。

このままではおさまらないと思って、彼のシンボルを持って美和子へ挿入させました。

彼は数回の運動で射精です。二人がつながった侭で居ましたら、10分くらいで再び勃起です。

上から激しく動きます。暫くしてザーメンが大量放出でした。

美和子の内壁への脈動が感じられて居ました・・・。親子でエッチをするなんて・・・。

悩んでいても仕方が有りませんが。

彼のシンボルをガーゼのハンカチで拭き取って綺麗にしてあげました。彼は朝までそのままです。

不道徳な事ですが、息子からの精液が美和子の内部に貯まっています。

朝、目覚めてから息子は無言で自分の部屋へ帰りました。学校への準備をして朝食を食べてから彼を玄関まで送ります。

学校は数分の場所ですからすぐです。昼過ぎに彼が帰宅して、お母さん ありがとう と言います。

無言で聞いていました。

その日から彼が私の部屋へくるようになりました。

小さなジュニアを受け入れて彼に満足感を与えています。その翌日から、彼は猛勉強を始めました。

100点満点を取れば、一緒に寝てあげるとの条件を付けたのです。

彼はテストを待ち望んで居ます。

片っ端から満点です。これはマンコ点と言うのかも・・・。

ご褒美が良かったみたいです。一緒に入浴しても父母からは何も言われませんでした。

彼のシンボルを綺麗に洗ってあげるお仕事が増えました・・・。数ヶ月で包茎からの卒業でした。

この事は誰にも言わない約束をしています。週末に竹下さんとのデートの事は秘密です。

美和子の内壁が男性のシンボルにまとわりつく感触が良いみたい・・・。美和子は困っています。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【初体験】美和子物語 息子との入浴 そして愛の日々へ・・・【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年3月28日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ